• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

理想と現実の乖離を埋めるために

こうでありたいと思う憧れや理想があって、現実がそこから乖離しているとする。
その状況に甘んじるも良し、変えていくために行動を起こしてみるも良し。

当然うまくいかないことも多いだろう。そこで挫折すると決めるのもありだ。
区切りのいいところまで継続するという考えは響きはいいが、往生際が悪いとも表現できる。
それよりも損切りという考え方が俺は好きだ。

情熱を打ち込めなくてかつ、成果を出す見通しが自分の中で立たないものに関しては撤退をして、別のことにチャレンジをしていったほうがいいのではないかと思うのだ。
限りある時間の中で成果をあげるためには挑戦をするために行動を起こすことがどうしても必要。
でもその一つ一つの行動に固執をしていたら他の可能性を逃してしまうこともある。

何を選び、何を捨てるかという選択をしなければならない。
そして自分の中でその精度を高めなければいけない。

俺は今、自分が何を望んでいて何を望んでいないか理解している。
誰と付き合い、誰と付き合いたくないか、どういった生活をして、どういった生活をしたくないか理解している。

もちろんそれらは理想のままで現実にまで落とし込めていないものもたくさんある。
だけどある程度の経験、見たものや聞いたこと、経験したことが積み重なっていくにつれ、これらのことって精度が高まっていくと思ってる。

一度した失敗を二度と繰り返さないというのは良く言われるが、なぜうまくいかなかったのか、自分の行動の何がいけなかったのかがわからないと同じ過ちを繰り返してしまうのかなと思う。
学習能力が高ければこれらをうまくこなせるのだろうが、器用にそれをこなせない人だっている。
俺も失敗への学習能力はどちらかというと苦手なほう。

俺の現時点の理想をメモしておこうと思う。

生活全般
大都会に住むこと、住んでいること
田舎には住まない、住むとしても期間を区切って極めて限定的に留める

多様性のあるコミュニティに属す FB twitterなど ネットじゃなくて現実世界でもそういうのを見つける、作って
もいい

変化のある生活 いつの時代も変化はあるから、それを拒むのではなくて順応してしまう

特定の場所や国家に固執しない 明日どこか別の国で自分の脳力と才能が最大化できるならすぐにそこに飛び込む勇気を持っていたい

余裕が無いこと リスク耐性を可能なかぎり高めなければいけない 持続不能な状態が続いてはいけない

家族編
家族であっても距離をおくことを理解して欲しい 孤独な時間は誰にも必要と考えている

対等な関係を求めると同時に自分も対等に扱う努力をする

持続不能なことはやらない 持続可能なことが最優先事項

お金が原因で何かを妥協をすることを家族に強いない そのための強さを手に入れたいし、手に入れてそれを維持できる強い精神力を持っていたい

DVに走らないようにアンガーマネジメントを身につける 怒ってもあんま意味ない。問題を解決して前に進むためにそのエネルギーを費やしたほうが生産的。パワハラ、セクハラも同義。

対人関係編
自分と考えが異なる人はOKだが、偏りすぎている人はNG 他人の考えを聞くことの出来る人がいいし、自分も他人の意見を聞けるスタンスでいたい

信用しすぎず信用しなさ過ぎない 何事もバランス 最後に信じられるのは自分だが、家族や友人にも一定の信頼を置きたい そのために自分のバリューを彼らに一定量以上示し続けなければいけないのかなと思う

成長曲線を右肩上がりで描ける人と付き合う 停滞期があってもいいが上を目指すというマクロな方向は持ち続けたい

年齢や肩書きで人を判断しない 一番やってはいけないことと思ってる。自分より若くても優秀な人たくさんいる。逆に自分より年配でもダメな人もいる。見ているのはどうやってその人が考えるのかという所。

都会的マインドを持っている人と付き合う。生活全般で書いたことと矛盾しているように見えるがちょっと違う。田舎に住んでいても都会的な考えを持っている人はいる。いろんな地域や生活を知った上で田舎を選んでいる人もいるわけで、そういう人は都会的な側面への理解があるし、話も進めやすいように思う。一つの場所しか知らない人は良くも悪くも偏りすぎるし成長曲線も滞りやすいと思う。

思想編
自分と他人を比較しない 不幸の根源

他者と自分が違うことを恐れない そもそも他人と自分が異なることって当たり前

待つ 自分の強みだと思ってる。意志の弱い人は待つことができないそうです。自分は納得できれば待つことができる

仕事や金儲けはゴールではない 勘違いしやすいけれどゴールは可能性を最大化する事。リスク耐性を高める事

寛容することと拒否することの定義を持つ 変えることと変えられないことがある。方向性が異なる人と一緒にいてもお互い楽しめない

まず稼げ。そこから理想を語れ。 公明正大に理想を語るならそれなりに実績を上げてからにせよ。しょぼい人間が大衆に物事を訴えても響かない。まずはわかりやすい指標として仕事で成功をする。そうすれば少なくとも仕事においては一目を置いてもらえるので仕事の分野では理想を語れるようになるだろう。

以前もっとたくさん理想を書いてまとめておいたんだがそのメモを紛失してしまった。
目標や理想はたくさん持っていたほうがいいと思うのでこれからもどんどん書いていこう。
関連記事

コメント

このコメントは管理者の承認待ちです
このコメントは管理者の承認待ちです

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー別
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。