• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家を出なければいけなくなるかもしれません

東京に家族で引っ越してきてもうすぐ7年になります。
ようやく東京の生活にも慣れ、大都会の良さを思い切り満喫できるようになりました。

今の仕事が出来るのも大都会の多様性や可能性あってのものといっても過言ではなく、東京に引越して人生一転したようなものです。

そんな大好きなとても快適な生活だけど、もしかしたらこれを手放さなければならないのかなと。
正直すごく怖いです。手放したくない。もう田舎になんて住みたくない。

でも現実が容赦なく襲ってきて決断をしなければいけないのかなと感じています。
今までも薄々そんな日が来るのかなぐらいには思っていたんです。
でも実際問題気楽で自由な生活が続いて、最近では一人でこの家に住んでいて、最悪一人でこのままずーっとこの生活が続くのもそれはそれでありかなと考えていました。

俺は今まで今の生活は高望みさえ極端にしなければずっと持続可能で安泰なものだと思っていました。
そういった段階まで色々な人にお世話になりながら辿りついたことを自信にしてきました。
でも今思うのは、それは儚いもので吹けば飛んでしまうような脆さだったんだなーということです。

正直ちょっと悔しい。
自分が軽んじられているようにも思います。
俺は誰からも大切に扱われていないのかと。

そんなことはないと頭ではわかっています。
だけど最も心の拠り所としていたものが崩れていくような気がして、夜もしっかり眠れないし、食欲もあまりありません。
かなりキツイです。

この現状を解決する方法はただ一つ。
今よりも強くなること。
自分で自分の家を手に入れ、そこを拠点にさらに金を稼ぎ、もはや誰からの支配も干渉も受けない強さを手に入れること。
これに尽きると思っています。

そのために俺は今以上に、今までの何倍も稼がなければいけない。
そしてそれをさらに増やして圧倒的なスピードで俺の定義する強さに辿り着かなければならない。
そうしなけば俺は壊れてしまう。

最初にも書いたけれど今、すごく怖いです。
数少ない心の拠り所さえも俺には与えられないのかと。
孤独に対する耐性はそれなりに高めてきましたが、それでもここは超えないで欲しいという一線がありました。

その一線が今破られようとしています。
こんな日が来るなんて。できれば夢であって欲しいと思う。現実だと可能であれば認めたくない。
でもこれがまぎれもなく今眼の前に広がる現実。

これと対峙するのか、それとも諦めて生きながら死ぬのか、決めるのは自分。
俺は対峙していきたいと思ってる。
すごく怖いけどね。でもやってやれないことはなんじゃないのかなとも思うんだ。
関連記事

コメント

このコメントは管理者の承認待ちです
このコメントは管理者の承認待ちです
このコメントは管理者の承認待ちです
このコメントは管理者の承認待ちです
このコメントは管理者の承認待ちです
このコメントは管理者の承認待ちです
このコメントは管理者の承認待ちです

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー別
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。