• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近読んだ本

まとめて紹介。
定期的に感想を書いていかないと読んだことも忘れてしまいますね。




今更感があるが読んでみた。
無料という入り口からどうやって収益化していくか、豊富な事例と併せて紹介される。
翻訳は上手だけれどやっぱり回りくどい。
最後の要約から読んで深く理解した部分を個別に読むというスタイルがこの本を読むコツだと思った。

内容には満足で仕事にも活かせそう。
以前読んだユーマネーという日本人が書いた本があるがそちらと併読するのがおすすめ。
読みやすさはユーマネーのほうが勝が、理解を深める上で併読するといいと思う。





黒木さんの作品。
製鉄会社の一部門として設立された排出権取引に従事する人たちのドラマ。
新興国特有のバブリーなビジネスやそれに付随する成金達、委員会の覇権争いなどマニアックな所も描かれていておもしろい。
空売りファンドなんかも出てくる。

上下巻構成ではなく1冊で完結するのですぐに読み終わる。
文章も読みやすく3,4時間ほどで読み終えた。





この本は読む前は軽い感じの内容かと思っていたのだが、地に足がついた良書だった。
なぜ身だしなみを整えなければいけないのか? なぜ掃除をしなければいけないのか? というのを理解することが出来る。

仕事をしていても、街を歩いていても身なりが汚い人、それから友人の部屋でも汚い部屋、片付いている部屋と色々ある。
それと運気がどのような関連を持つのかをしっかりと示して、どのように身の回りを整えていくステップに入るかまでを指南している。

俺は普段は掃除はあまりやらないで汚れてきたら一気に片付けるタイプだったのだけれど、その頻度をもう少し高めようと思う。
あとは身だしなみにもっと気を使おうと思う。

仕事が限定的で他人に会う必要がない時は、ヒゲを伸ばしっぱなしだったり、風呂にも入ってないことがあるので、それを改める。

子供の頃は親や学校の先生からやれ!と言われてこれらのことはやってきていたが、なぜやらなければいけないのか符に落とせないと行動できない自分には苦痛だった。

掃除をするのが嫌なのではない。風呂にはいるのが嫌なのではない。
なぜそれをやらなければいけないのかを5分でいいのでしっかりと一度でも説明して欲しかった。

この本に書かれていることは即効性があるし、押し付けがましくないので安心して読めるのがいい。
こういったことを学校や家庭でも教えればいいのになぁと思った。
関連記事

コメント

このコメントは管理者の承認待ちです
このコメントは管理者の承認待ちです
このコメントは管理者の承認待ちです

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー別
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。