• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の一曲

俺が中学時代から今にいたるまで一貫して大好きなLUNASEA。
特に初期のインディーズからメジャーデビュー直後あたりの作品は他のバンドにない世界観があってめっちゃかっこいい。

黒服限定でこの曲が演奏されたときに昔からのファンはかなり嬉しかったんじゃないだろうか。






発表当時の演奏。こっちもこっちでいい。はやい。



作曲:J
作詞:RYUICHI
今 痛みを知り倒れそうになる
もう見えない太陽さえ痛い
涙が止まらない枯れてしまう
罪を抱いた醜い身体(からだ)「E・D・E・N」

何が正しいのかもう解ら無い
白い幻覚(ユメ) 喉に刺さる
涙が止まらない枯れてしまう
罪を抱いた近代的楽園

誰も彼もが、冷たい壁の中狂いそうになる自分を圧さえる。"Blueに"
誰も彼もが、造り上げられてゆく後ろから目隠しをされたまま、知らずに。

時代が生んだ幻の華 毒を風に乗せて狂い咲く
機械仕掛けのアダムとイヴが 風と共に罪と踊る
未来さえ消すアダムとイヴが 今 手にする "震えながら"

「ミライノ イヴヨ、オレニ トケテユケ、カレテユケ。」

関連記事

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー別
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。