• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近発見したジャンクフード すき家

すき家に行ってみたので感想など。

値段:とても安い。マグロ丼に豆腐と豚汁を付けたら640円。弁当買うより安い。

味:不満はない。ただし頻繁に食べていると飽きてしまいそう。

お客さんの数:多い。味と値段のバランスがいいのでしょう。夜の19時ぐらいということもあって混雑。スタッフさんが2人しかおらず店が回らず怒り出すお客さんも。経営者は人件費をミニマイズしたいといつも思いますが、現場ではこういった軽得者のエゴと顧客満足の乖離が発生をしてしまいます。人件費はミニマイズしてもいいと思いますが、行き過ぎはダメです。この店舗ではもう一人いればなんとか回っていくような印象を受けました。

全体的に気に入ったのだが、スタッフさんが少ないのはいけてなかった。
明らかにマンパワー不足で売り場が回らない。
こんなことを続けていたらスタッフさんは倒れてしまうと思った。

自分は経営者の観点からも顧客の観点からも物事を見れる立場にいるけれど、これは顧客からの立場を優先してあげないと長期的には元倒れになってしまうと思う。
でも人件費ってすごい高いんだよなぁ。。

すき家はメニューの価格そのものがかなり安いので多売をすることで収益を上げる作戦と見ます。
であるならばスタッフさんの数を増やしたくても限界のところで経営をしていたら無理だよなぁ。

できる対策としては値上げなんだけれども、これやると価格にシビアなフランチャイズ系の顧客は一気に離れるからこれも難しい。

おいしいものを安価にどこの地域でもアクセスできることを可能にするのがフランチャイズの魅力だと思います。
でもそれが持続可能でなくなってしまったのならシフトをせざるを得ない。

いつまでも全てが万事良好なんてことはないわけで、変換点の見極め、あるいはそれに対する迅速な対応がどんな仕事でも求められているのだろう。
私も例外ではない。
関連記事

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー別
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。