• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ping遅延の考え方がわからない

米国のサーバーと常時通信するために米国内に設置されているVPSと契約をしたいと考えている。
んで米国と言ってもすごく大きな国土があるわけで、東と西という分け方があって、他にも南部と北部って分け方もある。
一つの州の大きさが日本国土の数倍みたいな所もざらにある。
VPSが設置されている場所までしっかり考慮しないとわざわざ契約する意味が無いと考えた。

俺が知りたいのは、特定のデータセンターから少ない遅延で通信ができるVPSサービスの選び方だ。

例えばNYCにデータセンターとVPSが両方とも設置されていると遅延は2msとかそういうレベルで提供できるサービスが見つかる。(日本でたとえるなら関東圏内から大手町に設置されてるサーバーと通信するような感じか)

俺が利用しようと思ってるデータセンターはIPから調べるとテキサス州のヒューストンと表示が出て、そこまでの遅延のレベルは契約候補中のVPSサービス会社によると22msとある。

これは許容範囲なのだろうか?

他にも同じテキサス州に設置されてるVPSなら問題ないと思って調べると、ヒューストンから200キロ以上離れた場所に設置されてるVPSだったりしてこんな離れて大丈夫なの?と思ってしまう。

データ引用元は下記から

http://www.aguse.jp/

Latency to popular brokers from our Trader's Desktop - a VPS for traders
関連記事

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー別
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。