• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学校では教えてくれない不用品の経済合理的な処分の仕方

粗大ごみ受付センター インターネット受付窓口

地震で壊れてしまったフロアスタンドを捨てようと思って、東京都 廃棄物 みたいな検索ワードでグーグルから検索するとすごい数の広告が出てくる。
んで、民間の業者ってどれぐらいお金取るのかなー、今は民間にできることは民間にやらせたほうがサービスレベルも価格競争力も増すよねって思って調べてみたら驚愕の事実が判明しましたので共有したいと思います。 俺がグタグタ話すよりも事実をお見せするのが一番破壊力があると思います。

まず、東京都に頼む場合にかかるお金 140x40ぐらいのフロアスタンドは600円で処分可能。(中央区の場合)
わざわざ指定場所まで週に1回ながら回収に来てくれること、それに伴う人件費、ガソリンやら乗り物の維持費、最終的に部品を分類して収益化するまでの手間を考えるととてもフェアな価格だと思います。

これが民間だとどうなるか、、、よく見てください。

業者Aの場合。2625円。東京都の4倍以上!

スクリーンショット(2011-03-20 17.07.56)

業者Bの場合 安く見ても2000円以上。東京都の3倍以上!

スクリーンショット(2011-03-20 17.08.17)

民間組織なのに公共サービスよりも高い事がわかると思います。
広告を打ってまでこの料金で仕事になっているということはこれで申し込む人がいるということです。

しかし私に言わせればこれは情報弱者以外の何者でもない。

でももしかしたらこんな考え方ができるかもしれません。
自宅から運びだして掃除をするのまで民間の業者はやってくれる、電話をすればいつでも来てくれる。

なるほど、なるほど、そういう考え方もできるかもしれません。

でも本当にそうでしょうか?
例えば病気やら高齢で重たいものを運び出せない場合でも、町内会やら近所の人に助けてもらうことはできないでしょうか。
私は近所の人に頼まれれば嫌な思いを感じることなくすぐに手伝うと思います。

回収のタイミングに関してはどうでしょうか。
東京都に回収を頼む場合は指定場所に回収日前日に持っていかなければなりません。
(マンションなどで廃棄物を一時的に置くスペースあって鍵がかかる場所の場合はいつでも出せたりする)
引越し前などで準備に時間が十分に割けなかったり、東京都に頼む場合にどうやってお願いをすればいいのか、どこに捨てればいいのかわからないという人もいるのかもしれません。

東京都に頼む場合は、

粗大ごみ受付センター インターネット受付窓口

にアクセスをして自分の住んでいる区域の担当場所に電話するなり、規定の料金表を見ればいい。
どんなに大きなモノでも1600円とかそういうレベルですよ。
今回私が捨てたフロアスタンドも横幅こそないものの高さはかなりあり運ぶのも楽ではありませんでした。
そんな大きなものでも600円で処分できました。

しかもこれは壊れていて使い物にならないケースの場合の話です。
壊れていないものや、壊れていても部品取りに使える家電製品やら精密機器だったらヤフオクに1円で出品すれば買い手がつく可能性は大きい。

どうにも処分に困るケースだけ粗大ごみ回収を自分の住んでいる都道府県にお願いをすればいいんです。
それ以外のまだ使えるかな?結構きれいだぞ、ちょっと古いけど使い方次第ではまだ使える、みたいのはぜひオークションに出品してみてください。

不思議なことに私はこういった実生活ですぐに役立つ知識を学校で習った記憶がありません。
古文やら漢文やら教える暇があるならこういった実生活、実社会ですぐに役立つ知識を教えたほうがいいと思います。
関連記事

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー別
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。