• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんかブログが書けなくなってきた

なぜブログを書くのか?と尋ねられれば自分自身のために、と答える。
でも読んでくれている人がいるのも俺は知っていて、彼らを不必要に傷つける必要もないと同時に思う。

しかしながら日に日に世の中の感覚から乖離していく自分がいて、自分が表現したいと思っていることはこんなことじゃないんだ!とフラストレーションを同時に感じていたりもする。

その横で俺は理解しているはずだと自分に言い聞かせる。
偶然性や自身の常識というのが他の人にも左右する保証などどこにもないという事を。

タイムリーな話題、政治やら、地震の話を書いたって別にいい。
でも大したことは書けないし、俺自身の視点で、自分のやっている事、選択を正当化したい、それを暗に読んでいる人に認めて欲しい、あるいは認めさせたいというネゴがある事にすぐ気がつく。

そして何か嫌な気分になって、書くことを辞める。

人は何かをしていないとおかしくなってしまう、と個人的に俺は思っている。
そして何かをすること、何かをし続けることは常に上向き成長、前進を伴うことでのみ実現をする。

持続可能ということは、今よりも状況を落とさずに緩やかながらでも前年比以上の成果を出すことを含んでいるのではないか?と感じるのだ。

時々そんな前に進み続けること、成長し続けることがしんどくなって投げ出したくなったりもする。

俺の喜びって本来何だっけ?
富の創出なんて大自然の前に一瞬にして吹き飛ぶよ。
関連記事

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー別
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。