• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先日受けたベンチャー企業の面接結果

不合格のメールが来ました。

なぜ?というのが率直な感想。GDで進行役に指摘され、問題がありながらも自分では納得いく結果に終わらせることが出来たし、周りの人ともうまく付合えたと思っていたのにこの結果。

志望度はそれほど高くない会社ではありますが、面接に自信があったので結局適性検査なのか?ぐらいしか理由が思い浮かばない。

事前にメールで普通の適性検査とは違うので対策不要というから対策をしないで望んだのに、実際受けてみたらおもいきりSPIでだまされた!と感じたのですが、こういう嘘を平気でつく会社に内定しなくてよかったと今は割り切るしかないです。

それにしても納得いかん。他の学生に劣っていたとも思えないし、周りへの配慮もいつも以上に頑張ったつもり。

結局ベンチャーは即戦力しか求めてないのかという怒りが込み上げてきます。

人を育てることを(事実上)放棄している会社に未来はない。

いつか限界がきてそこからは競合他者に負けていくだけです。

こんなところで終わるような小さな人間でいたくないので気持ちを切り替えて先に進もうと思います。

ただ今はけしていい気分ではないです。
関連記事

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー別
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。