• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インチキPCのパーツ集め計画

セコセコと安いパーツを求めては放浪する、漂流者のようです。

俺の考えとして多少の経験と知識があればPCの管理は難しくない。※1
自分で細部まで管理ができる自作PCは魅力的であり、それだけでなく価格優位性もまだあるという事です。※2

だからみんなもPC買うなら自作PCがいいよって結論なんだけど、自分でゼロベースで組み上げるはちょっと大変です。
ケーブルの取り回しやら、パーツの相性やら、狭い場所に小さな部品を詰め込んでいく作業ですんで思った以上に疲れます。
なので俺が提案したいのはオーダーメイドでコアな部分だけ作るか、全部作ってもらって、それに対して自己流の使い方に応じてカスマイズしていくという事です。

俺自身は全部作ってもらってもいいと思ってたが、色々調べてるとこの店のこの値段の付け方やたらたけーなとか、このパーツは自分で探せばもっと安くていいパーツが見つかるなと思えるようになってきて、コアな部分だけ作ってもらうインチキオーダーメイド作戦になってしまったw

で、パーツを買いに行くとなるとやっぱ秋葉原になるなって思って、昔通い詰めたパーツショップで自分の欲しいパーツがいくらぐらいで売られているか調べてました。

自作パソコンのお話です。この分野に興味がない人には退屈な内容ですので興味がある方だけ先を読んで下さい。 結論から書くと秋葉原のパーツショップはやっぱり全体的に安い。
SSDだけはネットで買ったほうが安いみたいだけど、光学ドライブもメモリもtakeoneが用意しているものより安くて、品質も優れているものが見つかりました。

後は現地に行って調達すればtakeoneに作ってもらった本体に組み込んで完成させることができる。

せっかくなのでどこが安かったか共有しておく。

SSDは価格コムの最安値のお店が圧倒的だった。
送料払ってもアマゾンよりさらに千円ぐらいは安くなる。
takeoneとの価格乖離は4千円近くになる。

ただ昨日寝る前に考えてて思ったんだけど、ケースに取り付ける際にSSDってマウンターが別途必要だと思うのでこれを別途に買ってプラス千円ぐらい?かかると思うのでトータルでの価格差は3千円前後って所か。
手間暇考えるとちと微妙ですかね?

メモリは最初は中古で買おうと思ったんだけど、自分が使う予定のマザーに対応しているメモリがまだ流通してないみたいで新品で探すことになりました。

んで、ヒートスプレッダ搭載の永久保証メモリというのを見つけた。
ヒートスプレッダって何よ?って話だけど概ねヒートシンクみたいな感じでいいと思う。
要は廃熱設計に考慮されたちょっと高めのメモリって事だな。

これはツクモで見つけて1万円ぐらい。
ネットショップでの価格だけど店頭でも同じぐらいかちょっと高いぐらいで売られていると思う。

CMX8GX3M2A1333C9  ¥9,980

現地地図。
いつもUDXに秋葉原に行く時は車を停めるので一番近いex館で見つけられると助かるなぁ。


大きな地図で見る

最後に光学ドライブだが、faithで2千円ぐらいで新品が買える事がわかった。
これもネットショップの価格だけど、低価格帯の中では割と作りがしっかりしてそうな、IHAS524-T27という機種が自分は気に入ったのでこれを買います。

faithも比較的UDXからは近い場所にお店を構えてる。
駅からは結構遠いんだけどお客さんは入ってるんだよねここ。
今はどんな感じなのかちっと楽しみだな。

※1 2年ぐらい毎日のように使って、壊れた部品を交換したり、パーツ増設してみたりといった経験を何度か積めば最低限の知識はすぐに身に付くと思う。

※2 ピーク時に比べると割安さは弱くなってます。
関連記事

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー別
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。