• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WindowsXPをシリアスにあと2年ぐらいは延命する方法

この手の話題はすでに完成されているし、以前も書いた気がするんだが、最近ちょっと自分の環境をアップデートしていい感じに運用できているんで共有。

基本事項として

•廉価版CPUではなくメインストリームのCPUが搭載されいてる
•メモリは2GB以上、理想は認識できる限界の3.2Gまで搭載する
•ハードディスクは可能な限り大容量かつ高速回転なもの、SDDも可 (現行のハードディスクはすでにXPだと性能を発揮できなくなっていたりするので注意。別途にツールをインストールしないといけません。)

を満たしていることが望ましい。

正直いまさらセレロンの1.2GHzですとか、Pentiumu3の800MHzなんですとか言われても、いい加減買い替えたら?と言ってしまいたくなる。
そのスペックでもXPはまあまあ動かす事は出来るが、どちらかというとWindows2000がギリギリまともに動くスペックじゃね?と意地悪に皮肉りたくなる。

現実レベルとしてはPentiumu4(Norhtwoodコア2Ghz以上)やノートPCならPentiumM、AMDならAthlon XP 2500+以上、それからWindows Vistaが出るちょっと前あたりに15万から20万円ぐらいで買ったメーカー製PCがこれからあと数年延命してなんとか使い倒していけるのではないか?といった所だろう。

長い前置きはこれぐらいにして、
まずメモリが少ない人は搭載可能量限界まで搭載して下さい。

上記に上げたようなスペックのPCだと、DDR SDRAMが対応メモリだと思いますが、メーカー製PCでよくわからんって人は、検索して調べる事もできるんで調べる。

プリンストン社の適合メモリ検索ページで調べてみる

上のページで自分のPCの型番を入力して検索をして下さい。
そうすると自分のPCの対応メモリとどれぐらいの量までそのPCがメモリを搭載できるかが書いてあります。

私の家にあるPentium Mのノートパソコンだと1.2Gが上限だったりして、少なwとか思ったりしますが、1.2GBぐらいでもなんとか動かす事はできなくない。
ただ最初に書いたようにできれば最低でも2GB以上は搭載したほうが安定します。

メモリなんてそんな使わないよって思ってる人も、ブラウザーやらitunesやら色んな事を並行して処理をしながら使う最近のPCライフだと地味にメモリはたくさん必要とされていたりしますんで、快適にあと数年延命したい人は増設しましょう。

この記事を書いている時点でのメモリの相場は、DDS SDRAMだと、




新品でも3千円から4千円で1GBが購入可能。
中古だともっと安いはずです。
メモリは中古でもまず問題ないので、じゃんぱら 辺で中古メモリを検索してみるといいと思います。

次にハードディスクなんだが、デスクトップで内蔵80GBとかだとすでにカツカツになっていると思います。
再インストールが必要になるが、交換できるなら300GB以上のハードディスクに交換しておいたほうが余裕があっていいと思います。
もちろん予算に余裕があるなら1TB以上あるとなおいい。
ハードディスクに関しては可能な限り新品がいいのだが、最新のモデルはXPに対応してなかったりするんでこの辺が悩ましい。

あと交換する人に注意点なんだが、シリアルATAのハードディスクにXPをインストールする時は事前にドライバを結合しておかないとこけるんで気をつけて。
私はこれにはまってかなり苦戦した苦い思いでがありますw

詳しくはGoogleで、 XP sata ドライバ などで検索して見て下さい。

上記の前提条件に加えて、もし可能ならデスクトップの人限定になるが、CPUクーラーやらケース内部のファンがへたってきているんで、それらも交換してあげるとよりbetter。
CPUクーラーは中古でないと揃えられないと思うけど、今なら中古のクーラーはかなり安価になっていると思うので、状態の良さそうなのを探してみて下さい。
じゃんぱらで探すなり秋葉原に行ってみるなり、面倒な人はヤフオクで落札するのも一興。

最近はノートPC向けのクーラーもあるみたいです。便利な時代になりましたね。購入する時はサイズ(A4、B5など)に注意。


これで準備段階は完了。

上記のスペックを満たした時点でそれなりに使えるレベルになるが、さらに細かくチューンナップしていくことでより快適にできる。

具体的には下記ツールをインストールして設定をする。

窓の手
窓の足
Comfortable PC

まずは窓の手から、
OSがより効率的にメモリを使えるように設定、それから体感速度を高める設定をします。

•パフォーマンスタブを開き、”カーネルを常に物理メモリに配置”にチェック。ファイルキャッシュサイズを”4”に設定する

•スターとパネルタブを開き、”スタートメニューの表示速度”を一番左側に設定する

とりあえずこれだけ設定すればいいです。

次に窓の足。
これも体感速度上げる設定をします。

•パフォーマンス2タブを開き、全てにチェックを入れる
•システム1タブを開き、”サイズ変更時のアニメーションを止める”にチェックを入れる

最後、comfortable PCです。

•標準設定1タブのCPU項目全てチェック
•タスクプロセス項目全てチェック
•インターフェース項目全てチェック

•MTU/RWINタブにて、自分の接続環境に応じて設定をする

•拡張設定2にてインターネットエクスプローラーを使ってる人は同時接続数を初期設定から8まで上げる。

ここまでやるだけで設定前とかなり違ってくるはずです。
ある程度の下地があればまだまだXPも快適に延命できるんだなーと体感できるレベルにまでなります。

これらに付随して、メンテナンスもやっていきたい人は、

•デフラグを定期的にやる(月に1回ぐらい。OS標準のツールで大丈夫です。)
CCleanerを使う
•Windowsアップデートをやる
•ウイルス対策を最新の定義ファイルに更新する

をやっていれば、セキュリティ面もパフォーマンス面も安心して使えるレベルに維持が出来ます。

メーカー製PCなので最初から入っていたアンチウイルスソフトの更新期間が切れてしまって困っている人は、無料で使えるものを導入すればOK。(元から入っていたのはアンインストールすること)

Panda Cloud Antivirusが動作が軽くておすすめです。

以上、本当に大事な所だけをかいつまんでまとめたつもりだが結構長くなってしまったな。。
関連記事

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー別
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。