• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近見た映画まとめて紹介



つまらん。いつかおもしろくなるのかなーと最後まで頑張ってみたのだが、時間返してくれよというのが見終えた直後の感想。(上映時間2時間以上あります)
演技レベルの高い役者と最新のCG技術、それから音響効果を揃えてもいい作品はできないという一例。
映画館で見るとまあまあ迫力があっていいかもだが、自宅だとあんま作品のスケールが伝わらんような気がする。
レンタルで借りればいいのではないかと自分は感じました。
役者陣の熱心なファン向け、最新の技術をチェックしたい人向け。





開始15分で見る気が失せた作品。そのまま見続けていればおもしろかったのだろうか?
CGは素晴らしいが、inceptionとも関連してそれだけでは良い作品にはなり得ない。



超おすすめ。人として見たほうがいいのではないかと思うほどw
大人から子供まで楽しめる。モノを大切にしたくなる心が見終えて溢れてきます。スタッフロールも良く出来ていて、最後までしっかり作り込んである作品。
安心して最後まで見ることができる騙しなしの作品。



この作品はもともと映画館ではあんま流行らなくて、DVD出してみたら想定外に売れちゃって続編がここまで出た作品です。
私もDVDでこのシリーズのファンになった+元々バイオハザードというゲームが好きだった人間ですが、この4作目の作品はちょっとネタ切れかな?という印象。
前回の3作目も見終えた時にso what?って感じだったのだが、人気シリーズの宿命とも言うべきかマンネリ化からの脱却ができていない。
次回作への繋がりを予感させる終わり方を4作目もしていますが、そろそろ厳しいかなぁと感じてしまう。
毎回、製作陣とカプコン側でもめるらしいけど、そんな大人の事情が作風にも反映されてしまってる印象を受けます。



この作品は学生の頃から何度見たかわからない。
この映画に出てくるような恋愛をしたいと思って頑張った時期もあったんだが、現実と自分の理想の乖離に玉砕され続けて今に至る。
理想が高すぎる、他人を許せない、色んな指摘が交友関係がうまくいかない理由としてあるが、どれも自分には該当すると思ってるし、そういった所も含めて自分だと思ってる。

理想を高く持つために、自分自身のレベルが高くないといけない。
他人に高いレベルを求めるために、自分自身も高いレベルに達していなければならない。

これらの実現のためには学習曲線を右肩上がりにしないといけない。
いつもどうしてこんなに前に進み続けないといけないのだろう?って思う日も時にある。

映画の中の what does your happiness? という問いかけに毎回考えさせられる。

以上。
この夏から秋にかけて観たいと思っていた作品は概ねチェックできたかな。

米国ではヒーローズやらロストが最終回を迎えたらしくて、ヒーローズに至っては視聴率が取れなくて終わったという厳しい状況みたいです。
どちらの作品もシーズン1から途中までチェックして、何か途中からイマイチ感を感じて見るのをやめてしまった作品。
ロストはちょっと気になる展開でもあったのと、個人的に役者陣が好きだったので最後まで見ようかな。


関連記事

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー別
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。