• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あの時を境にどんどん物事が良い方向に向かっている その事に率直に僕は感謝をしたい

ずっと自分が好きになれなかった。
自分に自信を持てなかった。

僕が信念と思っていた事は虚栄だった。
僕が強さだと思っていた事は幻想だった。

自分だけが不幸な人間だと思っていた。
他人に嫉妬をして、夢に向かって突き進む人をバカにしていた。

今の世界は、自分は、全て過去の自分の決断の延長にあると本で読んだ。
それはそれ以上でもそれ以下でもない結果の集積であると。

人間には乗り越えなければならない苦しみがいくつかあると仏教の世界では言われているらしい。
少なくとも僕はその中の一つか二つは乗り越えたと思っている。
現実には乗り越えてはいないのかもしれないが少なくともそれと対峙をして受け入れる事ができた。
そしてその時で底を打ったように僕の人生はドラマティックにそして力強いものになった。

もう他人のせいばかりにして何もしないことを正当化する自分はいない。
虚栄心に支配をされて周りに対する懐疑心で自分を見失ってしまいそうになる事もなくなった。
僕は僕のままでいいんだって。

いつも書くけど、他人と自分を比較すると不幸になってしまうんだと僕は思う。
僕はずっと他人と自分を比較しすぎたよ。
その事には若干の後悔が残るが、今の自分があるのもその時に感じた経験あってのものでもある。

今だからこそあの屈辱的な経験も、過去の好きになれなかった自分も愛せる。
そして過去の僕を知っている人、今の僕を知っている人全てに感謝をしたい。

僕を理解し、支え、僕が必要とするものを惜しみなく提供し続けてくれた、魂の家族とも呼ぶべき人達。
それは日本だけじゃなくて地球の反対側にもいて、今も彼らが幸せに暮らしていることを僕は願っている。

これからも僕は持続可能な未来を目指して旅を続けたいと思う。
でもたまには弱い所を、自分の良くないもしかしたら醜いかもしれない所も見せていくつもり。
それも含めて僕らは人間なんじゃないかって思ってる。

もしこれを読んでいる人の中で自分を見失ってしまいそうになっている人や、諦めてしまいそうになっている人がいるなら伝えたい。

選択して集中すべき事と、時には手放したり諦めないといけないことが生きていればある。
それを知るには自分自身を理解するしかない。
他人の価値観じゃなくて自分がどう思うか。それこそが大事なんだ。

どうかみんなの人生が輝きますように。
関連記事

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー別
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。