• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青空文庫 on ipad 完全無料でやろうと思ったら敷居が高いのでやり方自分で調べて転送してみました

青空文庫で公開されている文章をPDFにしてipadに変換して転送した。
普通に読める。拡大も出来るから老眼の人にも優しそうな感じ。
ただやり方紹介してるページが少なくて結構わかりずらかった。
有料のリーダーの紹介ばっかで、無料で読めるからやりたいと思ってるのに敷居高くね?て思った。。

やり方です。(Windowsの場合です。Macだともっと簡単なのだろうか。それにしても敷居が高い。。7ステップもかかる。。)

1.itunesでibooks(無料)というアプリケーションをダウンロードする
2.青Pというソフトをダウンロードする
3.ipadをPCに接続する
4.青空文庫のウェブサイトにアクセスして読みたい本をテキスト形式でダウンロードする
5.青Pを立ち上げてダウンロードしたテキスファイルをドラッグしてPDFに変換する
6.変換したPDFファイルをitunesにドラッグする
7.ibooksを立ち上げると転送したPDFファイルが読めるようになっている

もっと簡単にアプリ買わないとダメとかそういう騙しなしでできる方法があればいいんですけどね。
このやり方だと毎回読みたい作品を自分で探してダウンロードして変換しないと行けないので面倒。
ストアがあって直でそこからダウンロードしてすぐに読めるって仕組みになんでなってないのだろう?と思った。

ibooksにアクセスしてストアで”太宰治”って検索しても何も引っかからないんで、日本語の書籍は配信されてないのか、金にならんからやってないのか知らんけど。

ipad買っても使わない人が結構いるみたいだけど、この辺の聞いていた話と実際の所の乖離が原因なのではないのかなーと思った。
関連記事

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー別
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。