• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たったの2万円を返せずに蒸発をした友人

俺の友達が蒸発をしました。
元々生活がかなり苦しくてルームシェアや俺の仕事を一部手伝ってもらったり、色々と工夫はしていましたが、慢性的なキャッシュフローの悪化という状況を抜け出せず追いつめられてしまったのだと思います。

厳しくも資本主義の負の一面、すなわち”金がなければ死ぬ”という一面を知ってしまった。
別に彼は派手な生活を望んでいたわけじゃない。
コンピュータのハードウェアへの情熱、自前のネットワークサーバーの運営への情熱、仲間との自然な会話を望んでいた、まだ30ちょっと過ぎの若い働き盛りの男だった。

彼が何をしたと言うのだろう。
朝から晩まで体力が許すなら働く事も頻繁にあった。
早起きも、深夜の帰宅にも不平を言わずに真面目に働いていた。

そんな彼がある日、原付を運転していた時にトラックに挟まれて、足腰を痛めてしまう。

”示談”という保険会社と相手側からの提案を受け入れ、雀の涙ほどのお金と、新しい原付を買うためのお金を手にした。
そのお金もあっという間に底をついたのだろう。
そして体に走る後遺症とも取れる痛みが常につきまとい。立ったままの仕事ができなくなった。

最後は廃品回収の仕事に手を出したが、儲からないのだろう。
車をぶつけてしまったり、思うようにノルマが達成できなかったり、横目で見ていてもかなり厳しそうな生活をしていた。

ある日、メッセンジャーのステータスウィンドウに”明日死ぬかな”というコメントを残して、彼は消えた。
電話も繋がらない。
生きているか、死んでいるかもわからない。

彼に2万円ほどのわずかなお金を貸していたのだけれど、それももう返ってこない。
もちろん他にも返さなければいけないお金があったのだろう。
しかし個々で見てみれば、たったの2万円である。それを返す事ができずに蒸発をしてしまった。
2ヶ月間フルでバイトをしていれば100万円ぐらいはためる事は理論上可能なのにだ。

そして何よりも、ワーキングプアという悪循環の恐ろしさを知ってしまった。
ワーキングプアは一度はまるとなかなか抜け出せない。
家賃が安い所に引っ越しても、生活を切り詰めても、入ってくるお金を増やさなければ改善する事はない。
そう、見かけ上の出て行くお金を減らす事は、病気の治療で言う延命治療に過ぎないのだから。
延命治療は問題の本質解決ではない。問題を先延ばしにする技術である。
その間にも体は確実に弱り、死は迫ってくる。

俺がワーキングプアにはまりつつある人に何か提案ができるとしたら、

1、一人暮らしやめろ
2、派遣とか、日雇やめろ
3、相談できる人を周りに確保しろ

の3つです。

1に関しては一人暮らしした事ある人ならわかると思うけど、家賃であるとか、電気代、水道代を一人で負担するので思った以上に生活コストがかかります。
現状、一人暮らしをしなければいけない理由もなく、働く時間をある程度確保して稼がなければいけない状況になるなら実家やルームシェアでも問題ないはず。
親との関係が気まずいとか、人付き合いがしんどいとか言ってる状況じゃない。
生きるために生活維持コストを最小化することで、可能な限り手元に残せるお金を1円でも多く増やさなければいけない。

2については、悪循環を断ち切るという意味と、毎月の稼ぎを予想できる状況にしろって意味です。
日雇や派遣にも色々な種類があって、3ヶ月契約だとかの中期的な契約もあるけれど、よっぽど条件が良くない限り、長い期間採用したいと思っているコンビニでバイトをしていたほうが収入的には安定をすると思う。

結局、短期労働の最大の問題点は、雇用側に取っては利便性とコスト削減のメリットがあるのに対して、雇用される側にとってはいつどれだけ働けて、どれだけ稼げるのかという予測が立てにくい事にあります。
自分の生活の見通しが立たないという事は、自分がどういったレベルの範囲で生活をしなければいけないのかを認識する事が難しくなり、毎日とても不安定な生活を送る事になります。

キャリア的な問題等色々あるが、本当の一部の仕事を除いて、派遣でも日雇でもスキルが身に付く仕事ってあまりないのが現実ではないだろうか。
与えられる権限、自主的に取り組める仕事の範囲、全てが限定的であり、派遣から正社員というのも本当に極めて一部の人だけが歩めるステップなのが現実だと思います。

学歴があろうが、なかろうが、キャリア上有利なステップを踏めない仕事ならば、無理して続けた上で得られる見返りもあまりないのではないか、そのように俺は思います。
で、あるならば生活ができる状況に回復するまでは、確実に月ベースでx円確保できる見通しが立つ、バイトのほうがマシだと思うのです。

最後に3について。
悩みを相談できる人を持ったほうがいいと思う。
それが親でも友達でも、近所の人でも誰でもいいと思う。

一人で悩み続けると、負の連鎖がどんどん悪化して、良くない方向に加速してしまう。
もし、真剣に自分の現状の問題について認められる勇気があって、それを変えたいと思えるなら、手段は選ばずに相談できる人に声をかけてみるべきだ。
そこから何かが広がるかもしれないのだから。

仕事にしたって、これは実話だけど、大学中退のスペックで、勤続した実務経験のない人が友人のツテで採用にこぎ着けたってケースは実際にありますので。。
ありとあらゆる可能性を疑い、アプローチをとにかく多く打つ事。
そうすることによって何かのきっかけが生まれると思う。

最後にこれを読む人へ。
生きる意味、希望、理由を見つけにくい、言ってみれば生きていくのが難しい時代になってる。
俺もそれを感じています。
別に意味や理由がなくてもいいのかなって最近は思ったりもするけれど、できれば楽しく、未来に希望を持って生きていきたいっすよね。

俺が言いたいのは変な固執をやめようよってことです。
別にルームシェアでも良くね?実家暮らしでも良くね?ってこと。

自分の中の変なプライドや世間体に固執した結果、生きていくのが困難になってしまうなんてもったいない。
俺も一時期生きていてもしょうがないかなって思ってた時期がありました。でも今は生きていこうと思って、前向きにやってます。
同僚も友人もあまりいないが、数少ないながらも俺を理解して支えてくれる人がいますので、なんとかやっていけます。

俺は生きるぞ。あなたは?
関連記事

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー別
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。