• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AVG → Panda Cloud Antivirus に乗り換えてみました

仕事で使っているWindowsのデスクトップにインストールしているアンチウイルスソフトを変更しました。
機能的には問題なかったのですが、今まで5年間ぐらいずっと使ってきたAVGというソフトはちょっと動作が重たかったので・・。

環境としては未だにXPなのですが、最近のアプリケーションはどんどん重たくなってきていて何も考えずに使っているとすぐにメモリ不足になるので、定期的に見直しています。

最近は情報が集まるチャネルが多角化していて、今までだと熱心なユーザーが議論や紹介するサイトに意識し的にアクセスをしないとこれぞと思う情報は手に入りませんでしたが、今はtwitterですぐに話題になって入ってきます。

逆説的に考えれば自分にとってネガティブな情報もそれだけすぐに広がってしまうわけでこの変化との付き合い方には若干の戸惑いとともに、まだ慣れが必要という印象です。

さて、変更をしたことによる印象ですが、事前に聞いていた通り、動作は軽く、使用メモリは明らかに少ないです。
細かな動作の仕組みはわかりませんが、定義ファイルを定期的に更新をして悪意のあるデータと一致するかを比較をするという従来のアプローチとは異なる考え方で動いているようです。

正直XP環境についてはこれよりは快適にならないだろうな。。。と思っていたのですが、基幹的なシステムであるアンチウイルスソフトを変更できたことによってより快適になりました。
XPのシステムは起動しただけで概ね512MB以上のメモリをある程度の期間使っているPCだと使用するのですが、今までだとこれにAVGが起動して700MB以上のメモリを食っていたのが、このPanda Cloud Antivirus だと600MBぐらいです。

名称未設定 2


使い始めてまだ数時間なので、これからキャッシュが貯まったりして重たくなるのかもしれませんが、今のところは軽くて、UIもわかりやすくて好印象です。
関連記事

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー別
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。