• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジブリ作品は子供の頃よりも大人になってから見たほうが楽しめる気がする

落ち込んだ時に昔の作品、最近のでもいいんだけどどれがいいのかわからんので評価が固まってる古めの作品を見ています。
圧倒的にいいなと思うのが、90年代のドラマとジブリ作品です。
なぜ90年代なのかというと自分が90年代が青春最盛期だったのでそれでバイアスがかかっていますw



登場人物が魅力的でとても好感が持てる。社会に出てから多くの人が経験するであろう大変さのエッセンスが凝縮されているように感じます。子供の頃は何も考えずにただストーリーを感じていただけだけど、今はなんとなくわかる。未来を見据えてアプローチを取っていく事。その過程で多くの人と出会い、様々な事を学ぶ。最後のシーンは何度見ても感動的でよかったなぁと心の底から思える。

そして荒井由美さんの「やさしさに包まれたなら」という曲とこの物語の世界観が素晴らしくマッチングしている。とても良い歌詞なので抜粋をしたい。



小さい頃は 神様がいて
不思議に夢を かなえてくれた
やさしい気持ちで 目覚めた朝は
大人になっても 奇蹟は起こるよ


疑うことを知らなかった子供の頃。無条件に人を信じることができた。知りたい、学びたいという感情が無限に広がっていた。あの頃の僕は何処にいったんだろう?現実を知って、それを拒否していたり、人を陥れたり、そんな日々がずっと続いていくのが現実で、奇跡なんて、、、、そんな風に思ってないだろうか。
この曲は大人が奇跡を信じて何が悪い!と思える曲だ! 僕は全力で奇跡を信じていますw



大人の為のアニメとはこの作品をいうのではないでしょうか?子供の頃見た時はつまらねー作品だと感じました。というのもこういったストーリーは子供には少し理解するのが難しい。微妙な感情の変化。人の生き様。情熱の描写。そういった要素が美しい絵とともに展開をされていきます。ジブリの作品はストーリーだけ読めば普通に感じるが、演出のレベルが素晴らしいので見る人に感動を与えるのだと思う。そして何度も何度も見たくなる。そんな魅力を持っていると思う。

僕も何度も何度も再生されるような作品や存在になれたらいいなぁと時々思う。それがどういった存在で、そうなるために何をしなければいけないのかは今はわからない。

関連記事

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー別
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。