• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラウジング環境更新

ブラウザーはずっとFirefox + Safari でしたが、これからはChrome1本をメインにしたいと思います。
一部、特殊なASP系で動かないのが仕事上のツールでありますが、その時だけsafariを使おうと思います。
Firefoxは長い間お世話になりましたが、Mac版は重たすぎるし、遅い。インテル最適化ビルドを入れてもだめ。なんでこんなに重たいのかってぐらい重たい。なのでWindowsのほうでだけ使い続ける予定。

ChromeのUIですが、窓のグリップにやや癖があるのと、ブックマークの管理の仕方にも癖がありやや戸惑いますが、同期サービスを使う事に寄るクラウド化、高速ブラウジングの2つの点、そしてもちろんGoogleが提供するサービスに最低効かされている事を評価すると、これらを生活の一部として使っている自分には向いているブラウザーに思えます。

現在、毎日のように使うサービスは、検索、Gメール、Googleリーダー、アクセス解析のanalytics、ドキュメント、Googleトーク、グーグルマップと仕事からプライベートまでフルでGoogleを使ってます。
あまりにもGoogle1本な生活なんでこれはこれでリスクなのかなとも思ったりするが、代替になるものがないのだから仕方がない。
ちなみにWindowsのマシンのほうでは、Google日本語入力もインストールして使ってます。
IMEの変換能力に嫌気がさして言える人で、メモリが1GB以上搭載されているマシンならインストールしちゃっていいと思います。
自動予測変換などと併用して、タイプはかなり速くできるようになると思います。
私はMacのことえりに関しては不満がないので、Mac版の日本語入力は今の所インストールしないつもりです。
関連記事

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー別
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。