• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

毎日就職EXP2007 2/2 東京ビッグサイト

そしてこれを書いている今日。ようやくですねw
今日の収穫がやはりもっとも大きかったかも。
この4日間ひたすら効率的な合同説明会を通じて多くの企業を回ったわけですが、自分のやりたいことが実現できる業種が絞れた気がします。

厳密には第一志望の絶対的な会社があって、この業種があり、さらにその業種の中のIT分野ということになるのですが、どうやら大学で習ったことというか、6年間の生活の集大成を就職先にぶつけることができそうです。

結果が出るといいのですが。。。

インプレです。 今日はコンサルティング会社、ITベンチャー企業、印刷会社、精密機機をまわりました。

フリーステージでの訪問はテーマを決め全てに共通させたのが「グローバルなのか?」ということです。

今日も優良企業に出会い、就職活動を存分に楽しんできました。

中学のときに漠然と描いた夢。それは「世界の人と仕事をすること」だった。幼い頃から海外に行くことが当たり前だった僕にとって、高校と短大の生活を除いて、常に世界に触れながら生活をしてきた。

そんな僕がいつも思ってたのは一人では無理かもしれないがいつか世界を相手にスケールのでかいことがやってやりたいなぁということだ。

高校の頃は自由を手に入れたと同時に自由を使って何をすればいいのかわからずに、時間を多く無駄にした。あと勉強が嫌になって毎日がコンプレックスの連続だった。友達もあまりできなかったしね。。。

短大にいた頃は毎日が怒りの連続。なんでそうなるんだよ!っていつもむかついてましたwそれでいて何もできない自分にもむかついてたなぁ。友達はできたけど違う道に今は進んでいる。ITリテラシーの低い学校だったからメールすら交換できないけど、彼らが元気であることを今でも願う。

そして編入学して今の大学へ。完全に哲学の違う先進的な大学に入ったものの、ついていけずにコンプレックスが。その後僕の人生に影響を与えうる教授に出会うことができ、彼らの講義を通じて大学に意義を見いだしモチベーションが復活。そして今に至る。

ITへの大きな関心、そして思っていた通りこの力が大きな変革をここ数年だけでも世界に与えたことを肌で感じてきた。明らかにここ3年でコンピューターの普及が今まで一般人と思われた人達にさえも広がっている。

だけどその使い方や活用の仕方まで理解できている人は少ない。

2chで見た印象的な一言「日本という国そのものがブラック」。

不満を言うだけでなくなく何か自分がしたい、そう思ってたらもう就職活動をしなければいけなくなってしまった。

だから僕は今思う。中学の時に想ったあの夢とITを融合した仕事をしよう。

これが僕がこの4日間でいたった結論であり、絞った業種でもある。

ただ、めちゃくちゃ有名な企業(残念なことに?)なので倍率も相当高い。
僕みたいな一介の三流大学の学生が相手にされるのか。まして卒業研究もない学生に。

半分楽しみで、半分不安である。

がやるしかないのである。

今日、自分と同じような業界を目指している大学院の学生に会って名刺を交換した。
彼はあまり僕に興味を持たなかったみたいだけどまあそれはいい。
ただ彼のような人と話せて僕にはすごく刺激的になった。

明日は就職活動はお休み。さぼっていた勉強と資格対策をやる予定です。あともちろんSPIもね。
関連記事

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー別
リンク