• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漠然と最近思うヤリタイコト

最近、月並みな言い方で恐縮だが、飲食店っていいなぁと感じてきた。(楽しさとしても、仕事としても両方)
接客には自分は向いてないと思うんでやるとしたら人を雇ってプロデュースに徹する(なんて偉そうな書き方だw)事になるんだろうけれど、ベンチマークとしては、サブカルチャー系の雰囲気(秋葉原の極めて一部の店舗や中野にあるまんだらけのような店)と商業的な要素(収益をしっかりとあげる仕組み)の両立でかつ、アダルトな人をターゲットとする隠れ家的な要素も備え持つお店があればいいなぁと。(すでにあるって?そりゃ残念だ)

私は性格的にも幅広くお客さんを受け入れるというよりは、自分が好きな人を狙う、ブティック型なやり方のほうが好きです。
そういう意味ではセレクトショップなんてのは理想の形ではあるんだが、あれとはちょっと違う。
セレクトというのは多少誤解を恐れずに書けば傲慢さを感じるやり方と見ていて、自分としては特定の趣向を持つ人には桃源郷と感じてもらえるような空間。
ノスタルジックな雰囲気がバンバン出るような空間が創造できればいいなぁと、色々と空想にふけってニヤニヤしております。

スーツ来てビジネスするのも格好いいと思ってたけど、今のゆっくりと色々な事を考えることができる生活も悪くないと思ってます。
朝目が覚めたとき、どんな気持ちでいられるか。
学生の頃はなんだかぱっとしない、気持ちがのらずに、仕方がなく学校に行くために起きる生活だったが、今は明確な取り組むべき事、考える事がありやりやすい。

学生の生活が無駄だとは思わないが、きちんとした思想というか目的や理想を持たずに入学をすると私のようにキツイと思います。
その代償としてサークルに逃げたり、アルバイトに逃げたりというのは可能ですが、高校も含めてもったいないなぁと。
辛い経験しないとだめだとかそういう話ではなく、色々と挑戦するのがいいと思うし、恥じかけるのも若さの特権なのだから、それを最大限に利用した方がいいと今は思う。

就職のために割り切るってのもまあありっちゃありだが、結局私みたいになっちゃったら、そういうモチベーションで大学行くのはあんま意味ないように思えますけどね。。。
無駄ではないが、もっと有意義にその時間を使えると思う。

嫌だ、嫌だって思って何かをするより、楽しい、好きな事で、かつ仕事に出来そうな何かを追求した方がいいのではないか。
それがわからないから、色々挑戦する。うまくいかないことも、うまくいくことも両方ある。
そしてその過程でたくさんの人と出会う。それを繋げていけば。。。
苦痛に満ちていると思っている人も、以外と夢があるなぁって思えるようになる。

この考えは甘いかな?でも夢を持つのって大事だと私は思ってるんですけどね。。。
関連記事

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー別
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。