• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嫉妬するほどうらやましい インターンっていいすね

はてなでインターンをされた学生の方がその内容を記事にされている。
読んでいて、若いっていいなぁというのと、全盛期のグーグルみたいな雰囲気がはてなにはまだあるのかなぁと。
はてなのサービスは技術的に優れているのだが、上級者向けというか、細かい事やろうとするとそれは有料なんですよという縛りが地味にあったりして、本格的には私は使っていない。

例えばブログにしたって、無料のものはアフィリエイトだめだったり、アクセス解析もついてなかったりで、僕の使っているFC2と比べると見劣りする点がある。
深夜のアクセスは重たくてなかなか表示されないし、GUIもあまり直感的に使えない(しばらく忍耐強く使って、使い方を習得するWindowsのような感じ。。。)し、あーんまフレンドリーとは感じない。

だから今のところ僕はグーグルのサービスやブログはFC2だけど、はてな以外のサービスを中心に使わせてもらっている。
無料で使うためにはそれなりの基盤(ユーザーに無料で使わせても成り立つ仕組み)がないとだめだが、FC2はオーバーチャーの広告が記事の一部に入ることへの対価で無料に使わせてくれるし、グーグルは僕の個人情報を提供する代わりにメールやアクセス解析、オンラインドキュメントなどを無料で使わせてくれている。
僕はこれらを使うための対価を彼らに支払い、それに見合ったリターンを得させてもらっている。

前も書いたが結局死ぬまで僕はアービトラージを続けていく人間なんだと思う。
良いサービスを残し、悪いサービスを切る。生産的な活動に注力をして、そうでないと思える事は切る。長期的に付き合える人々と生産的な議論をし、短期的には忍耐で付き合うことができるが長期的にはお付き合いできない価値観の異なる人とは距離を置く。
僕の意思決定のプロセスは全て、それが妥当か妥当でないか。
こう書くとコンピュータのごとく正確な判断ができるんですねと思うかもしれないが違う。間違いもたくさんしている。が、それでいいと思っている。間違いをたくさんする事で、その後の判断の精度が高まると思っているし、不毛な悩み、思考を打ち切るショートカットが可能になると考えている。

ちょっと話が逸れたが、表題の嫉妬するほど羨ましいってのは、誰かが何かを成し遂げたという経験に大してのものだ。僕にはそういった経験が少ないのでものすごくそれができる人が羨ましい。
僕はプログラミングは苦手と感じてしまう部類なので、はてなのような会社には就職したくてもできない。
それで分析したり考えたりするのが好きだから、そういった仕事はどうかなと思えば、僕よりも思考の深さが深い方、それも僕と比べ物にならないほどそういった能力が優れている方がたくさんいらっしゃってやっぱそこでも僕の出る幕はなかった。

だから一人で出来る事を探して生きていくって選択肢しか僕には残らなかった。
僕には組織に勤めたり、仲間と何かを成し遂げたり、人付き合いをやっていくってのは無理なようだ。本当にそういったことを耐えきれない苦痛と認識してしまう自分がいる。

でもそんな自分が自分なんだと最近は冷静に?認識できるようになった。
仕事が、生活が充実しているのは素晴らしい。僕はそういう人が嫉妬をするほど羨ましい。
でもだからってそういう人の揚げ足取りをしたりとか、足を引っ張りたいわけではない。
そんなのはただの老害だ。僕は老害になりたくない。おじさんにはなっても、おっさんにはなりたくない。

技術を使って世の中の役に立つ事を成し遂げるのはすごい。自分にはそれはできないので僕はそういった人たちを尊敬している。

大学時代の教授が「大学で習った事を社会の役に立てて下さい」と言っていたが、僕の同期生や先輩方はそれを体現しているすごい人たちである。
僕は多分に大学で習った事を直接は活かせてない。僕は何も生み出さないし、何も変えない。その代わりに公害を発生させたり、同僚の人を虐めたり、激務で倒れたりということはない。

どっちがいいのかは僕にはわからない。大学での経験を生かしている人も羨ましいし、僕の今の生活もまあそれはそれで気楽でいいのかなとも思う。
もう少し現実世界での生活を充実させたいと思っているけれど、打開策は今のところ見えていない。
関連記事

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー別
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。