• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

反省

今日はとても罪悪感に陥るべき行動をしてしまった。 僕を知る人はそれを理解しているのかもしれないが、僕は自分で納得して自分のやり方で何にしてもやることが好きである。仮にそれが間違っていたり、効率的ないプロセスであってもそうしてきた。

06年に目標とした「他人の声に耳を傾けて、有益だと判断すれば実行する」をまさに実行した結果、自分がやってきたことに間違っていることもあったことがわかった。

人間は完璧でないと知りながらも自分に人は甘くしてしまうもので、僕自身も特にそうであったと思う。

今日、外的要因を原因におそらく人を傷つけたことをここで懺悔をしたいと思う。

今日は昨日の投稿にもあるように、合同説明会二日目に参加をした。
そして帰りのエレベーターで知ったことだが、会場の案内、管理をしていたスタッフはアルバイトではなくエンジャパンの一年目の社員の方だということ。

昨日はただのフリーターと思い(失礼、あまりにも見た目が若かったため)ある種、見下したような見方をしていたと思うし、今日もそれを知るまではそう思っていた。

それが起因して会場で案内をしている人を「僕がこのブースで説明に参加したいのにどうして同じことばかりを繰り返し叫んで邪魔をするんだろう」とか「こっちが頼んでないのに勝手に案内をするなんて、どこかの企業の回し者か?」なんて考えていたんだ。

それが誤解であることを認め、自分の行動が思いやりの足りない配慮だったことをここで懺悔したい。なんでこれを言うかというと、その時はわからなかったが、おそらく一人のスタッフの方は純粋に僕を助けたいと思って「何かお探しですか?」と聞いてくださったのだと思うのだが、スピーチ終了後に配布された資料を読むことに集中したかった僕は「自分で全部やるので大丈夫です」とぶっきらぼうに突き返してしまったのだ。僕は彼女を傷つけたくてそう言ったのではないのだが、その場でその方はフリーズしたのである。つまり。キャッチボールで投げたボールを受け取ってもらえずに違う方向に払ってしまったのだ。その表情から一瞬で読み取れたのが、僕の発した言葉が確実に彼女を傷つけたことだ。

これはいい訳だから指摘されてもその通りですとしか言えないが、普段理系の世界に長く身を置いてきた人間としてはやはりコミュニケーション能力が致命的なのだと思う。

何も考えていないのではなくて、考えていることがあってその間は構わないでほしい。自分が必要な時に必要なことを提供してくれればあとはいいと思っていたことに気がつく。

多分これは社会人として欠陥なのだと思う。だから今後は僕は今まで以上に他者への配慮を心がけなければいけない課題が今日の経験を通じて痛感したので、これを忘れないために懺悔としてここに記す次第である。
関連記事

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー別
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。