• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイクロフィナンスに興味はあるが評判は悪いね

ずっとマイクロフィナンスやりたいなーって思っていた。
貸し手としても借り手としても、銀行に頼るほどではないんだがニッチな市場があると常々感じてきました。
が、このニッチな分野には問題もあるのかなーって。

この分野は今までは消費者金融がカバーしていて、彼らの回収率と既存のマイクロフィナンスの例えばmaneoをさくっと見るに、比べ物にならないほど回収率がmaneoは悪く見える。

お金を貸しても返ってこないのであればやる理由ってなくて、それはこのmaneoでやろうが自分でやろうが、貸したものがしっかりと返ってくる仕組み(例えば担保を入れる等)がないと厳しいように感じる。

この分野がうまく行くとかなりおもしろいと思っていて、学校に通うためのローンであるとか、資格取得のためのローンであるとか、ベンチャー設立の資金であるとか、可能性が無限に拡張できる。

人の存在が善であればいいと常に願うが、そうでもないのが世の常。
でもそれをどうすればできるかなって考えてやってきた人が少数ながらもいるのは事実。

自分が実際にやるなら上記のような例に加えて、小さい会社だがマニアの間では高く評価されているゲームを作る会社の新プロジェクトに出資をする、など自分の好きなゲームを軸に投資ができればいいなぁとよく考えている。

現時点ではマイクロフィナンスはまだ発展途上だが、これからきちんと仕組みが出来て、今のネットオークションぐらいの市民権を得る日がくればいいなぁと思う。
関連記事

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー別
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。