• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MP990を購入しました

設定も終わって、ある程度使い方がわかったのでレポートなど。

結論から書くとかなり満足しています。MP770というモデルからのアップグレードだったんだが、アップグレードしたという名前にふさわしい恩恵を受けています。

何が良かったか。

•ネットワーク接続が出来る
•印刷が速い
•省スペース
•操作性、付属ソフトの充実

これらが4年前のモデルと比べて、体感できるレベルで向上しています。

ネットワーク接続ってのは無線LAN、有線LAN経由でプリンターに接続が出来る機能で、これがあると特定のマシンにプリンターを繋いで共有をしなくても、どのマシンからでも常時アクセスする事が可能になる。
我が家はWindowsマシンがずーっとプリントサーバーの役割も果たして来たので、OS間の相性だとか、マシンが不安定になるとうまく動いてくれなかったりと、不満も時々発生していた。
それが今は一つのネットワーク上の存在としてプリンターがが独立したので、OSが違っていても、どの場所にいても家庭内ネットワークに接続できれば安定して印刷の命令を出す事ができるようになった。

印刷速度も無視できない良さだ。正直印刷速度はそんなに速くならないんじゃないかなーと思っていたが、かなり速くなっている。そして今後もこの速度ってのはさらに速くなる余地があるような可能性も感じる。
体感ベースだと、mp770の速度重視の印刷速度がmp990の標準印刷速度ぐらい、かなりサクサク印刷をしてくれるので快適だ。

そしておそらく日本の家ではとっても大事な要素。置きスペース。これも前のmp770から3分の2ぐらいになって、小さくなったなとわかるレベルで省スペースになっている。実際、製品が入っていた箱も以前のモデルよりも一割小さかったので開封前から小さいのが期待できた。
小さくなった反面、安定性は若干悪くなった気がする。高速な印刷をする時に、本体が洗濯機みたいにガタゴト揺れるようになった。前のモデルは重たかったのでこういうことはなかった。
我が家は結構にぎりぎりのスペースで設置をしているため、可能であればある程度の広さがある場所に置いて、揺れ二対する問題を心配しない環境を構築したい。

操作性。iPodのようにリングをまわして命令を実行できる。
以前のモニタは昔の携帯電話みたいに、何度もボタンを押さないと操作ができなかったが、これは少ない回数で操作が完了する。
GUIもわかりやすいものが使われており、明らかに良くなったなと感じることができた。

上記の理由から、4-5年ぐらい前のプリンターを使っている人なら買い替える価値かなりありと評価をする。
インクジェットなのでインク代はどうしても高くなってしまうが、ホームユースならこれで不便を感じる事は、それほどないと思う。
うちは仕事でもガンガン使うけど、用途に対してもそれなりのパフォーマンスでついてきてくれる安心感がある。

次プリンターを買い替える時に、これよりもいいプリンターになっているのかなと思うとワクワクする。


関連記事

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー別
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。