• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんでバイトが辞めるか考察

最近読んでるブログにバイトが辞める前の兆候みたいのが書いてあったので自分でも考える。

自分の場合は、
1、時給に対する労働量が高すぎて割が合わなくなったと感じる時
2、人間関係に疲れてきた時(責任者が尊敬できない)
3、他の事(学校等)と両立ができない時
が多かったかな。

他の人はどうか知らんけど、ほとんど全てのバイトは労働量から考えれば安すぎる時給なんだけれども、それでも我慢できるレベルとそうでないのが人によってはあるんじゃないかと思う。

自分の場合、適度な忙しさ、例えば4時間勤務で入っているのに、熟練者が効率的にやって3時間30分で終わるような仕事を、毎日やらされるとなかなか続かなかった気がする。
自分が熟練者になればいいのだが、兼業なので(学生だったりするから)そこまで打ち込めず、それに打ち込む価値も見いだせず辞めていたと思う。

学校が大学で理系の場合は両立できなくて辞めるケースもあると思う。。
無理すれば入れるけど、なんとなく時間がなくなった(と感じて)辞めるケース。

忍耐力の問題と言われればそうだが、要するにこの辺で自分が組織でうまくやれる人間かそうでないかがわかると思う。
だからバイトは経験としてやったほうがいい。自分の適正だとか、特徴を知るために。
インターンのほうがもっといいと思うけれど、あれはバイト以上に権限が高くなると思うので難易度も高いと思う。

成長の度合いは、インターン>バイトなのは間違いないと思う。でも良い働き場所で、責任者が権限を与えてくれるようなバイトだとインターンのようなこともできるとは思う。

次に2についてだが、これで悩む人は相当にいるのではないかと思う。

自分の場合は、バイトは穴埋めとして採用されているとわかっても、対等に扱って欲しいと考えている。
つまり採用時にこの仕事をして下さいと言って雇われたのに、仕事の内容を変更されたりすると、納得できない事(=対等でない)をやらされると感じて辞めたくなる。

辞める1ヶ月前に言わないといけないというのもあんま納得できない。
経営者側の都合でそうなるのはわかるが、そもそも辞めたいと思ってから、それを言い出すまでにすでにそれなりに我慢をしているわけで、それを伝えた瞬間は今すぐにでも辞めたい状況になっていたりもするから、あと1ヶ月なんてのは苦痛以外の何でもない。

飲食店等では皿を割ると減額というルールもあると思うが、バイトに損失を抱えさせるような経営者もあんま好きじゃない。
それが適用できるのは本来正社員クラスの責任と給料を払う存在であり、安い給料でこき使ってるバイトに負担させるなと言いたい。
用は棲み分けな訳で、安いからにはそれなり、もちろん直せる部分は直した方がいいけれど、時給以上の極端に高いレベルを求められても、提供しきれないという事。
ミスは誰にだってあるし、本人が望んだなら別として、やらせておいてバイトがうまくできないから損失を相手に負担させるのは、人を大事にしてないように自分には見える。

どんなことでもそうだと強く思っているんだけど、長期的に何かを我慢させたり、その人の損失で乗り越えさせるようなフローをやらせてる企業、仕事は続かないと思う。
短期的にはなんとかできても、ずっとそれが続くといつか崩壊してしまう。
これは反論されても自分は強くそうだと思っている。自分の少ない経験からそうだと思っています。

3は自分のケースで多かったので。。。
忙しい→辞める→お金ないor忙しくなくなる→バイトする→忙しい
のループだったようなw

自分で自分が管理できないこと、中身のわからない仕事をやっていたからなんだけど、自分で自分を管理できる今の仕事に切り替えてからはすーっとこれもうまくいくようになった。
それもネットの力だからやっぱネットの存在はありがたい。

人間関係も、仕事の量も、コントロールすることが今はできる。それはなぜかといえば、自分で自分を雇ったから。それと代償に組織にいたらできるような大きな仕事や出会いを失ったが、長期的に続けていけそうな(今は続けていけると思っている)労働環境を手に入れた。そしてそんな生活を楽しんでいるし、これらも続けていきたいと願っている。競争は激しいが、自分なりの居場所を見つけて、本当の意味でのワークライフバランスを確立したいと思う。

ワークライフバランスってのは自分の理解では、労働量を減らして遊ぶ時間を確保する事ではなく、より少ない時間で今よりも高い品質または同等の質を確保して、浮いた時間で別のさらに生産的な事や自分の好きな事をやるということだ。
これを高めていきたいと思っている。

その一つが例えば自分が考えている事を整理できるこのブログをできれば毎日更新する事。
これからも更新していけるように、色々と考えたい。


PS.今日は労働者視点で書いたけれど、人を雇うのは難しすぎる。ベテランでも失敗する事があるんだから本当にそう思う。経営者いじめをしたいわけではないのでそこは理解してもらえれば。
関連記事

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー別
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。