• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウェブ時代 5つの定理 この言葉が未来を切り開く! 梅田望夫 (著)




久しぶりの読書感想。
最近は読み始めても挫折してしまう本も多く読了ってなかなかできないんだけど、これは2日ぐらいですーっと読み終えた。
著者の梅田さんの本は新書が多く安価なのでほとんど読んでいるが、これはソフトカバーで発売された。
内容的には250ページ程度の構成なんでこれも新書で出せたとは思うんだけど、梅田さん自身が気に入っていて自分の書棚に置いて何度も読み返していきたい本にしたかったみたいで、それで多分このソフトカバーの形態なんだと思う。

新書は薄くて持ち歩くのも便利だけど、書棚で管理するのは専用の小さなスペースを確保しなければならず(他の本と大きさが違うので本を探す時の視覚性が悪くなります)手間がかかるっちゃかかるから。

内容としては知っている事が多かったけれど、シリコンバレーの飲食店には紙とペンががテーブルクロスとして備え付けられていてエンジニアの人たちが議論をいつでもできるようになっているなど、向こうならではのカルチャーを感じることのできる風土が紹介されていた。

無理矢理集約するならば、やっぱこの本が言いたい事ってきっと、スティーブジョブスのあのスピーチなんだろうな。
梅田さんから見てもあれは名スピーチらしい。私も例外ではなく感銘を受けています。

そのスピーチには「誰かの人生を生きない」「自分しかできないことをやる」など、日頃から潜在的に大切に思っている事が凝縮されている。

まだ見てない人は字幕もついてyoutubeで公開されているんでぜひ見てみるといいと思います。




関連記事

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー別
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。