• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四谷大塚の広告

統一テストの広告なんだが、キャッチコピーが「さぁ、競争だ」か。。。
よくも悪くも実力主義の世界、現実を知る第一歩に子供達にはなるんだよね。。
本人達は疑う事も知らずそれを受け入れるが、トップから最下位までランク付けされて、自分がいい出来なのかそうでないのかを思い知らされる。

私はいっつも下位にいたので、下位にいるとだんだん下位にいる事に慣れてしまって、上に上がらなければ行けないという緊迫感もなくなってくんだけど、勝たなければいけない事と、実はそれほど大事ではないかもしれない事があると最近思ってる。

受験は勝っても偏差値高い学校に入れるのがいい所で、スタート地点に立つ権利を得るだけのもの。平たく言えばそう。

ところが現実にはこれがゴールみたいな、この大学は入ればオッケーみたいな風潮さえあるように感じる。
なぜだろう、卒業する事が大事だと思うんだけど、あーでも東大とかなら卒業しなくてもいいんだっけ。。。ホリエモンがそんなこと言ってたような。。

これから日本ももっともっと学歴社会になって、競争が激化していくんだろうなー。
既存の椅子取りゲームへの参加者が増え、椅子を提供する側の力が強まり、今のタクシー業界やコンビニ業界のような分野がどんどん増えていくんだろう。

でもそうやって既存の歪みが正されて、まずくて高いコンビニ弁当が淘汰されたように、タクシーもいずれはもっと実力主義になっていって、それ以外の今は思いつかないけど、様々な分野も成熟をするのなら、それは結局世の中的にはオッケーなんだろうね。

僕らは資本主義に飼いならされた、忠実なる労働者。
関連記事

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー別
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。