• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それでも日本が好きだけど、自己犠牲って考え方は好きじゃない

いつか書こうと思っていて忘れていたことなんだけど、自己犠牲って言葉がある。
job is shitってブログを最近見てるんだけど、表現こそ過激なものの指摘している点は正しくて、特にこの自己犠牲って考え方が不幸な悪循環をもたらしているって指摘にすごく共感した。

もう死ぬまでやりたくないけれど、アルバイトをしても、インターンをやってもなんかしっくりこなかったのって、この自己犠牲って考え方がDNAに刷り込まれているんだろうね。

難しい所なんだけど、組織において全体を優先していくことは大事だが、だからって大事なことを破棄してもいいということにはならないと思う。
結婚記念日は定時に帰れるキャンペーンなんておかしい。そうでない日も含めて、余裕を持って仕事が終わるような仕組みになっていなければならないのであり、そうしないと仕事が終わらない、利益をあげられない会社ってのは自分が言うのもなんだが、ビジネスモデルがおかしいということだと思う。あまり長期間おつきあいできないというか。。。

こうやって書くと僕はまた敵をたくさん作るのだろう。でも間違ってないし、身もふたもない言い方をするとそういう会社ばっかなのがこの国の現実なんでしょ。
バイトでもいい環境があるのは知ってるよ、実際楽しさそうに仕事をする人は周りにもいたから。でもバイトがおいしいって世界はありえない。短期間労働というマーケットで経営者が都合よく、派遣もそうだけどいつでも切り捨てられるように、辞められてもすぐに補充できる存在として雇用しているにすぎない。

時給x円ってのは相当に買いたたかれた結果という認識でいいと思う。もし自分がプロとして高いレベルで業務をこなせる自信があるならそういう環境に甘んじていたらずっと搾取され続けるだけ。
わかってるよ。派遣から正社員に簡単になれないのも。本当は派遣やアルバイトの人の方が搾取されてるのに良いパフォーマンスを上げるのも。

人間て環境が良すぎるとなんかぬるま湯でだめになってしまうんかね。だからといって厳しい環境にのみ自分を置けって考え方には反対で、そんなことばっかやってると自分の身が持たないよ。

限界に達するストレスのポイントがあると思うけど、そこを見極めるというか。。。ここまではいいけど、ここからはだめってのを自分の中でしっかり把握しないと、悪い意味で組織に利用をされる人間になってしまう。

でもそれじゃ食べていけないよ。。。それが現実なんだろうね。どうすりゃいいか生意気にも考えるんだけど、ババを引かないように自己責任で就職なり派遣をやれとしか言えないよ。。。この辺り個人事業主になると基本的には解決なんだけど、逆に人を雇うストレスってのが今度は生まれてくる。

つまり金払ってるののパフォーマンス悪いなぁとか、細かな所が雑過ぎでそれを修復するために自分が動いて赤字にあるとかそういうのね。。。
簡単に人はクビにできないし、人材の流動性が少ない田舎だと雇うのも結構大変だから。。。

まあこの話はいいや。言いたいことは、仕事のために、家族だとか、自分の中で大事だと思っていることを切り捨ててまで続けていくのはおかしいと僕は思う。ということだ。
関連記事

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー別
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。