• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明生ってもうないんだ いろんな教育機関を使ってきて思うこと

自分は小3ぐらいから塾通いはじめて、通信教育の進学ゼミだっけ?あとZ会、駿台塾、日能研、個人塾、公文、家庭教師などだいたい有名なのは使ったんだけど、今でも役に立ったと思うのは、公文と日能研かなー。

公文はなんつーか四則演算を反復練習しまくんだけど、あれを小学校の低学年ぐらいからネリネリやるのはいいなーと。今でも暗算が周りの大人と比べて多少速かったりするので、仕事にも生活にも役立っている。算数が特にいいですね。国語やら英語は普通かな。国語は勉強するよりもマンガだとかゲームの攻略本とか設定資料集とか好きなもんで活字たくさん読むのがいいと思う。ある日、普通の単行本だとか小説の面白さにもそこから派生して目覚めると自分は思うんだよね。それで本読んでりゃ読解力なんて嫌でも上がるし、それでいいと思う。

日能研はやっぱ私立の中学に入れたのはあそこのおかげ。んで掛け値なしに言うけど尊敬できる先生がいた。自分はやる気0モードで授業中とか昼寝しまくってんだけど、それを真剣に怒ってくれて、試験で時たまいい点数を取ると褒めてくれて、男の先生なんだけど親父みたいに接してくれた。お酒が大好きで、いつも熱心に仕事に取り組んでいて、子供たちに問題を解かせている間に後ろで昼寝したりするんだけど大好きな先生だったなー。

言っちゃ悪いけど公立の学校では尊敬できる人っていなかった。。。母親がPTAの活動を積極的にやってくれて先生も俺には軽く手を出せなくなっていたけれど、あれがなかったら、いじめられていただろうね。母さんが俺を守ってくれていたんだなーと今になって思うよ。

明星はそんな自分の塾通いの一つとして記憶に残ってんだけど、当時はすげーバブリーで大きな駅前のビルに移ったりで、ガンガン伸びていたけれど、そうかーもうないんだー。

少子化もあって、塾も生き残り厳しいだろうなー。個別指導にすりゃいいってもんじゃないからね、塾も。家庭教師もベストかと言えば、やっぱ状況によるとしか言えないよね。
何よりも毎度毎度言うけど、やるやつは何もしなくてもやるし、やらねーやつは何してもやらないからw

そういう意味では通信教育はやっぱ人を選ぶよね。自分は役立てることができなくてお金の無駄だったという印象。Z会は難しすぎてモチベーション続かなかった。

中学、高校ぐらいになると塾選びも難しくて、でも自分一人で全部やるのも何か不安すね。かといって受験のための勉強って大して役に立たないのでたちが悪くて、やるなとも言えないし、やれとも言えないからいい助言みたいのはできないな今でも。。。

あえて言うなら、中学も高校も、自分の実力よりも極端に高い所にはまぐれで入れてもきついんでないの?ってことか。
中学も高校もそうだったけど、高校は自分の実力よりもすげー高い所入ってしまって、2年ぐらいからついていけなくなったので。。。
それと通学時間が1時間とかそういう殺人的なのはやめたほうがいいすねw時間もったいない。自転車かバスで30分ぐらいでいける所がいいと思う。んで自分の実力にあっている所か、自分の実力よりも少し低い所で学年トップ取って、推薦で大学進学決めるとかスマートだよね。

まあでも先日書いたけど、塾通いも、勉強も自我が形成される前が一番いいと思う。だから小学校受験とか実は支持してたりするんだよね。一貫教育である必要はないんだけど、あんま意味のない、それでいて中途半端に激しい競争やるよりものびのびとやったほうが創造性が伸びるような、、、根拠とかないんだけど、若いときから規則、規則でストレスまみれなのもどうかと思うよ。

そうやって勝ち残った人達が今何やってるのかって、案外地味だったりするからね。。。別に派手でなくてもいいけど、そこまでやったけど本当によかったのかなぁって思う。。。
まあこの話は長くなるからこれぐらいでw

周りからの影響が自分の中心の格を作ると言われるけれど、周りがだめだから自分もだめみたいなしょぼい考えではなくて、なりたい自分になれる環境にどうすれば行くことが出来るかってことだよね。
きれいな人と結婚したいなら、結婚候補名目で採用をしている会社に就職をするとか、こういう考えもある意味それに含まれるもの。ある意味賢いと思う。

宗教もそういう意味ではなりたい自分になるための選択と解釈することができるな。私は持ってないけど、一応神道ってことになるのかな?靖国には行ってないがw

あーあーなんだっけ。ああ教育機関の話か。
今はネットでもいろいろ情報があるから調べてみるといいと思いますね。自分と子供の哲学的な所が一致する所、近い所。。。
親がいいと思っても子供はだめと思う所はあるから難しいよね。

サービス業だから最初はどんな子供にも塾は親切にしてくれるけれど、そこでいい気にならず、本当にこれは自分の役に立つのか、本当にこれは必要なのかと自問自答し続けて欲しいすね。
アジアはどこも教育熱はすごいけど、でもその熱の向かい先が正しかったのかはこれからよくわかってくると思います。

就職をしてもしなくても、今の高度にシステムが発達した社会で働くってのがどういうことなのか冷静に考えてみたら、その枠組みにはまらないという生き方もまたありかなと思えるかもね。思えないかw

今日はこれぐらいで。あんま意味のないことたくさん書いてしまいましたすんません
関連記事

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー別
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。