• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

住信SBIネット銀行の弱点 例

SBI銀行は顧客満足度トップをいまや突っ走る期待の新人でありますが、そんな同行にも弱点があると思うのでそれを指摘したいと思います。

それは携帯電話のクレジットカード会社の自動引き落としができなかったこと。
最近僕はドコモの携帯電話を購入して、その支払い専用のクレジットカードを作ったのですが、それの引き落とし先をSBI銀行にしようとしたところ提携していない銀行なのでできないと申し込み用紙が送り返され、銀行を変更させられました。

新生銀行は改悪、改悪に続き将来性が不安なので、長期に渡って安定したサービスを提供してくれる銀行を模索していて、SBIに今は大きな期待をしています。(新生銀行はあくまでも生活費を入れておく銀行として使えばいいと思う。割り切って使えば結構便利です)
いずれはSBIをメインにしたいと思っていて、そのためにまずは携帯電話の引き落とし先にと思ったのですが、こういう細かな所でまだ対応が追いついていませんね。
時間の問題だと思いますが、こういったニーズは確実にあると思うので随時対応をしていって欲しいです。
関連記事

コメント

まったく同じ悩みを持ってました。と言うかクレジット引き落としに対応してない銀行なんて聞いた事が無く。カード会社から変更願いが来てビビりました。SBI意味不明ですね。

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー別
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。