• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜ今やらないんだ?という言葉は深い

学生時代にやってよかったことの一つに就職活動があります。
結局、就職はしなかったんだけど、2回就職活動やって色々な人にあってそこで聞いた事や感じた事が今になって身にしみているわけです。

今就職活動をしている人にも全力でお勧めしますが、時間割いて会いにいったり参加するならベンチャーの人がいいっすねー。
大企業の社員さんも魅力的な人はたくさんいますが、これ言わされているんじゃねーか?みたいな回答も多く、楽しさをあまり感じる事があまりありませんでした。

そして今日のタイトルの言葉を言っていたのが、とあるベンチャーのボードメンバーの方です。
結局その会社の入社試験は社風というか、何か違うのではないかという勝手な思い込みから受けなかったんですが、個人的に好きな会社です。

自分の話を聞いてくれるというのももちろんあるんですが、考え方の根底と言うか、まあミーハー的な観点から言えばその人のキャリアがやっぱ凄まじいものがあって、さすがはあの会社のステータスを蹴って独立するだけの事はあるわーと思わせられます。

私はいわゆるガツガツした人というのが好きです。
私もそうでありたいと思いますし、若い時にこうなりたい!みたいのがなくてそれで生きている意味ってあるの?とさえ思います。
見つけられないというのならそれはもちろんオッケーなんですけど、そうならば多分にインプットが足りないのではないかという仮説を持って、色々と経験するように意識してみるといいのではないでしょうか。

ベンチャーの結局の良さってこのガツガツ感をなに熱くなっちゃっているの?ってバカにされる事無く大真面目に追求できる事だと思ってます。
今の私もある意味ベンチャーなわけで、とりあえずxxしてからという風潮と真逆のポジションを取る事への自分の中での納得。

まずはxx、今はxxだからとできない理由を述べるのは簡単です。
で、そう言う人に限って、私もそうだけれども、xxになりたいという理由はすらすらと話せたりするんですね。
それだけすらすら話せるなら今すぐやれよと。

でもなかなかできないんだよねー。
やったもの勝ちとわかっていても。

実行する事の難しさは、何か失うかもしれないという思い込みや、あとは歳を取っていれば失うものが本当にあるから(家族とか)増していくのだろう。

なぜ今やらないんだ?
とても深い言葉で今になって身にしみる。

就職活動はつらいとか言う人いますが、そんなことないですよ。
私は何社も落とされまくりましたが、辛いと思った事はありません。
普通に生きていたら行けない場所や会えない人とたくさん会えて、経験ができることに楽しさを覚えていました。
周りが内定取り出すと焦ると思いますが、自分の中で納得できるまでやればいいと思います。

そしてなぜ今やらないんだ?と言われた人が言っていた、これも深い言葉。
「就職をしなくてもいい。」

そう、なんか3年になれば将来の事を考えねばとなって、それイコール組織に属す事で、勤め人にならねば!という風潮、そしてxxに内定したら勝ち組みたいなのがあって、基本的には皆就職活動をするもんだから就職をしなくてもいいという事を忘れてしまうんだよね。。。

でもそれでも就職活動はやったほうがいいと思いますけど、それイコールどこから内定貰って社員になるってことではないと思ってます。
どんなことでもそうだけど、経験からどれだけ学んで、どれだけアクションを起こして前に進めるかのほうが内定を取る事よりも大事だと私は思います。

まあ内定ろくに取れなかった私が言っても意味ないか。
関連記事

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー別
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。