• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

苦痛に対する対価が一般的には給料と言われますが(そうでもないのかな)

それは雇用する側でなくて、される側の視点ですね。
これだけの苦痛に耐えてようやく給料を手にする事が出来る、お金を稼ぐ事って大変なんだよって、そんな教育を子供にしたら子供もそんな人になってしまうわけですが、それをここで指摘してもしょうがないか。。。

なんか自己評価の低さと言うか、私が一人で勘違いしているだけと言われたら反論なんてできませんけれど、もっと自分を認めてあげればいいのになぁと思います。才能も能力もある人が世の中にはたーくさんいるけれど、それを活かしている人が少ないように感じるのです。特にここ日本ではね。

それはなんか結婚して家も買ったけどよかったのかなぁと言っている私の友人を見てもそう思うし(世間的には30前後で結婚をして、子供を作って、家を買うってのが王道だからねー)、夕方ぐらいに仕入れに出ると今から帰宅するであろうサラリーマンの人たちを見ても思う。

みんななんか疲れてるのね。
aesanulさんから元気もらいますわーとかよく言われるんですけど、私は元気というか、ストレスフリーすぎる環境にいるだけであって、本来はあなたもこうなんですよと言ってあげたいけど、それを言ったら彼らの生き方を否定するようで口にしてはならないのかなぁと思う私です。

なんでもっとしたいようにしないん?とか当たり前の質問だと思って言うんですけど、家族がとか、家がとか様々な事情を抱えると、難しい!と思ってしまうみたいです。
うーん。
まあ確かに簡単ではないけど、でも仕事もそうだと思うんですけど、やりたくないなら、やりたいと思えるエネルギーを注げる環境に移ればいいのに!と感じるんですがどうでしょう。

転職が簡単ではないことも、失敗する事が多いのも知った上でそう言いたいんですが、やっぱりだめなのかな。。。
でも生産性が高まって満足度というか、幸福度にも繋がるならそれしか方法はないんだと私は思いますよ。

自分のやりたくない事をやれとか、それはあまりにも旧世代的な、教科書的な教えすぎて、あーだからエリートの人はこぞってそういう考えが美徳とされる場所に行ってしまうのかーと最近になって妙に納得してますけれど、同時にもったいないなといつも思う。
頭がいいのに(頭がいいから)大学の講義に出てこない友人とかにもそう思ってた。
→俺の課題をやってくれとw
何か能力を使う方向が間違っているだろーと。

でその答えはつまり学校にあって、だから学校なんて行ってもしょうがねーじゃんと言いたいんですけど、他人の役に立つ事は大事なのは同感なんだけど、もっと本質的な所は学校では何一つ学べないという事に気がついている人ってどれぐらいいるのかな?という疑問が同時にある。
もちろん出会いは大事だから、大学に出会いを求めているんですって言うならそれは私も同感ですよ。

パートナーとうまく家庭を築くにはどうすればいいのか?とか、人生における決断をどうやって捉えればいいのかとか学べませんね、学校という場所では。
教える事が出来る人が前提条件としていないわけですけれども。
そう、教授といっても、本質的には大学という組織に雇われている人だから、語弊を恐れずに言えば勤め人なのです。
そんな人に独立について質問しても回答できないっすよね。
ベンチャーってどうすか?って聞いても、大企業(大学という巨大組織)に勤めている人に回答できるはずがないですよ。
でも、今の私にもそうですけど、若い時にそういう疑問に対する助言をしてくれる存在が本当に必要だと思う。

年配者の方には申し訳ないが、頭が固くなって、プライドを持ち始めるともう過去の自分にしがみつくのに必死で、自分を変えられなくなってしまう。
若い時ならそれをいくらでも修正できる。
失敗ができるんです。

変える事が美徳だなんてもちろん思ってもいませんけど、現状に自分に100%満足しちゃっている若者ってのも嫉妬しますねw
もう完成ですかいと。

それはもう生きている意味もないってことですよ、極論ではね。
またこういううざいことを書きますけど、仕事は自分で作り出すものという言葉にあるように、仕事を失ったからふざけんなってのは幼稚な考えだと私は思います。
自分で選択した行動に対する結果は受け入れなければいけない。
そりゃあ生活は大変なのは伝わってきますよ。
一日一食。寮を出ていく場所がない。新聞を読めばそんな記事が飛び込んできます。

でもでもじゃあなんで最初から、それを失った時に別の方向にシフトできるようにしておかなかったの?と。
それができたら苦労しないんじゃー!と言われますか。
うーん、でもそれじゃあ今の現状を受け入れるしかないんじゃないすかね。

誰が悪いとか、自分もやりますけど、それやっているうちはずーっとこんな感じで平行線だと思います。
そういう枠組みから飛び出してみて、何かやってみたらあれれ?と。
今私はそんな生活です。

ダメになった時の事を私も考えていないんで、リスキーな生き方といわれちゃうのでしょうけれど、でも普通に就職というか雇われていたら今どうなってました?
内定取り消しとかそういう現実が待っていたわけです。
ということは、自分の中に納得できない何かを抱えたまま生きていくという事が実は相当にリスキーな生き方と言えるのではないかと。
私はそう思うんだけど、だめなんだろうなー。

そういうなんか、チャラチャラした考えはタブーなんだきっと。
辛い事に耐えて、頑張ればいつか報われるみたいな、そういうドラマがある価値観でないと美徳とされないんだ。

そういう世界だけじゃないんだよ証明したくて、今私は生きています。。。
関連記事

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー別
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。