• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平均単価8000円以上のメニューの店に行きましたが。。。

父と父の仕事関係の方と行ってきました。
率直に最悪です。
二度と行きたくない。
この値段でこの味かよってレベルでした。

高い家賃と人件費、それから店内の雰囲気(インテリア)にほとんどが割かれていて、肝心な料理にはほとんど割かれていないという典型的なパターンです。
場所を書くとどこかわかりますが、銀座です。
もっと具体的に書くと有名ジュエリーのビルの地下にあります。
まあ好きな人は好きな店でしょうねー。
お金だけは持っているおっさんが行く店ですわーあそこは。
同じような高い家賃でも一律料金なフランチャイズが、それなりの味とサービスを提供している横で、こういう店も成り立ってしまうのが不思議です。

で、父も、仕事仲間の方も味覚がおかしいというか、まあ多分にタバコ吸っているのと、若い時にろくなもん食べてなかったから本当にうまいものが何かを知らないんだと思いますが、おいしいともまずいともいわずに淡々と注文をしていました。
私はヒレのステーキをレアで焼いてもらったのですが、輸入牛かと思うような安っぽい肉が、レアになりきれずに出て来て失望しました。(おいしいレアというか、おいしい肉は刺身と同じで生で食べられる。なので私は一定以上の単価を設定している店は素材もそれなりのを使っているだろうと思って、レアで注文をしてその店の腕を見ています。中華料理屋に行ってチャーハンを頼めば、その店のレベルがわかるのと同じです)

高級路線の店はここがはじめてではないですけど、まあ大抵はオッケーなラインなんですけど、ここはひどすぎでした。
スタッフもファミレスに毛が生えた程度のスタッフでしたし、過剰すぎるサービス(エプロンのひもを結んでくれたりする)は逆に居心地が悪い。

なんか六本木に本店はあるそうですがこの店、あーいかにも六本木だねーと偏見ありまくりなコメントをしておきます。
連れて行ってくれた父には悪いが、はっきりって犬の餌としか自分には認識できなかったし、なんであんな高い値段でこんなギャグみたいな料理を食べなければいけないのか理解できません。
なんか、世の中にも通じる所だと思ってますが、芸術品とかわからないんだけど、著名な人が書いているからオッケーみたいなそういう風潮で、ここはおいしいに違いないと錯覚して繁盛するみたいな。。。

もともと飲食店は顧客の利益に対して貢献してないと私は思っている偏見が結構ありますけど、そんな中でも極めつけのひどさだったかなー。
今までの経験だとおしゃれ路線を追求している店はたいていひどいですね。
立食パーティ(結婚式の二次会で使われる店)の店とか、味ひどいですやん?
7000円とって、オレンジジュースが濃縮還元とかどんなギャグだーと思うんですけれどもー。

お客さんとの利益の住み分けというか、別に薄利多売しろなんて言いませんが、フランチャイズの店ぐらいの価値は提供して欲しいです。
高級路線でも、プロントだとか、ドトールみたいなうまい住み分けをしているフランチャイズは存在します。
なのでそれよりも単価の高いサービスを提供する店がそれ以上のものを提供できないはずがないと思うんですがどうでしょう。
関連記事

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー別
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。