• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんで日本人てこうなんだろ

自分が好きなブログが炎上して更新が止まってしまった。
炎上ってのは何かのきっかけでコメントが大量に入って荒れてしまう事を意味する。(間違ってたら直してくれw)

で自分が言いたいのは、気に入らないなら読むなということにつきる。
ブログも雑誌や新聞と同じだと思う。
好きなら読むし、そうでないなら読まないでしょ?
自分のブログはリピーター率6割ほどですが、その人達は多分私の書いた文章を読みたいと思って来てくれていると思う。
もちろん読者やめてやるって言われても私はとめる事は出来ません。
つめいたい言い方だけど、今まで読んでくれてありがとうとしか言えません。

で、ブログを書いてお金取っているとかなら話は別だけど、基本的にこれは無料でその人の考えに触れる事が出来る。
それも自分のブログはそんなことはありませんが、専門知識が高い人が書いている人のブログだと知的刺激も多くて、自分はそういうのを読むのが好きなので残念。

具体的に書くと、ああそこねってわかるから書かないが、多分このコメント書いているのって若い人じゃないね。
若い人はこんな暇な事しないよー。
だってこんなことするなら友達や恋人と会って話している方が楽しいもの。
感覚的な違いなんだけど、30代前半(これでもかなりギリギリ)ぐらいまでの、ITが生活に浸透してくるのを自然に受け入れている人と、何か気に入らないけど時代の流れだから仕方なく受け入れたそれ以上の違いと言うか。

このロジックは自分の中で決定的に違うと思っていて、それはなんか若い人は新しいソフトとかサービスが出ても使ってみようと思って、使っていくうちに慣れていくタイプが多いんだけど、年いっている人はいつも「操作を覚えるのが面倒」っていって古くて非効率な方法に執着するんだよね。(それでずーっとブラウザーはIEでトップページはヤフーです。)

で自分の常識と他人の常識が違う事。
つまり多様性って概念が少なくて、自分が常識だと思っている事が守れない人がいると徹底的に潰すみたいな。。。

まあ米国じゃありえない話っすな。
米国だと40すぎようが、50すぎようが、少なくとも自分の行った地域ではコンピュータは便利だと納得をしてコミュニティカレッジに通って習得をしている人がたくさんいましたよー。
自分のホストファミリーは映像制作の仕事をしていたから、それに近い写真編集のやり方を友人に教えてました。
大学内に目を向ければ、ノートはPCで取るの当たり前。キャンパス内部無線LAN完備基本でした。
(で、極めつけはMac率高しってことw自分はこれで影響されたミーハーちゃんだからねー。でもWindowsからシフトできてよかったー。)

まだまだ自分が思うに、日本人の特に年上の人たちは新しいものを受け入れる体制(器)がないように感じる。
働き方もそう。あの人達はベンチャーなんて概念なかったわけでしょう?
なんか知り合いの人でも「今年は給料も昇級もなくて不満だ」みたいなことを言っている人がいますが、それってマジで思っているのかと、もしかしたらここ見ていたらピンチですが、株式会社に勤めていてそれはないだろーって思うわけです。
大企業出身だとそうなってしまうのかー?組織に飼われる事が働くこと、仕事だという感覚。
ベンチャーはその真逆ですよね?起業も同じー。

でもその本当の意味でインディペンデントかもしれない生き方に気がついて、今は東大出てベンチャー就職とか普通にいるけど。
あのブログを炎上させている人達の感覚だときっとわからないんだろうね。
それでああいう人たちが親だと「まともな会社に就職しなさい」とかとんでもないアドバイスをして、子供も育ててもらった親を悲しませたくないと思ってしまって、他に内定が出ていた大手に就職を決めるとか。。

自分のは想像だけれどもあると思いますよ。
真面目な人ほどこういう罠に苦しむと思います。
私の両親は幸いな事に新しい考えを受け入れる事に寛大で、まあそれでも最初自分が起業もどきなことうするのを良くは言いませんでしたが、今は創意工夫してもがく自分をそれなりに認めてくれているように見えます。

梅田さんの本にも書いてあったけど、日本人てなんでもけなすというか、否定から入っている事が多くて、でも自分も梅田さんも「もっとほめろよ」って思う。
あることに関してはこうしたほうがいいのではないか?という指摘はあっていいんだけど、何でもかんでもこんなのはだめだとか、自業自得だとか、それもいい年をした大人がやるわけです。

でリアルでそういう人たちが尊敬されているのかって言われると、あの現実なわけです。
なんかね、自分もたまにやってしまうけれど、楽しくない事があってそれを人にあたる事で解消してもしょうがないと思うんです。
それはやめたほうがいい。だってそれをやるとあたられた人も気分が悪くなってまた別の人にあたってよくないスパイラルを起こすじゃないですか。

多分ですけど、一人一人オリジナルなストレス解消法があると思うんで、嫌な事があったらそれをやって自分の中で解消すればいいと思うんです。
私の場合は寝る事ですな。
その日最低限やることをやったら、夜の6時だろうがとりあえず眠ります。(昼寝含む)
そうすると頭の中が整理されて、起きた頃には「こうすればいいのかな」と冷静に考えられるようになっている事が多く、またストレスに潰されそうな時も、眠る事でそれが緩和されているように感じています。

こういうのを皆、持っていると思うからそれをやればいいのに。
本当に嫉妬とか妬み、揚げ足取り、そんなことばっかりやっているようにしか自分には見えない。
それは実際に自分が彼らになったらやっぱりカルチャー的に病んだ育ち方をして(職場とか、育った環境とか)いるからそれでああなってしまうのかもだけど、ああいうふうになりたくないなって強く思った。

ネガティブに人々が支配されているってのはLUNASEAのDejavuって曲の詩であるが、これは深いよ。
本当に支配されている。
今の時勢だと余計にね。
自分もそういう風になる時ありますが、なるべくそれを見せずに、よくない流れを発生させないようにいたいもんですな。
それが大人の余裕なんじゃないかなーと思う。
関連記事

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー別
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。