• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は母の誕生日です

もういませんが、生きていたら51になったんだなぁ。
俺の生き方は胸を張れる行き様かい?

今の俺にはこれが全てだよ。
顧客がいなくなって0人になるまでは自分が必要とされているという事だからこの仕事を続けるよ。
もうちょっと顧客満足度を上げないとね。

大学を出てから毎日が過ぎるのがはやい。
何もしないで一日終わってしまう日もある。
もちろん何もしてないわけではないけど、その日に自分は何か進歩していたのかわからない日が時々ある。

俺は自分が早熟だとは思わないし、周りの人みたいにうまくバランスをとって生きていける人間でもないみたいだ。
だけど同時にそれは多分に最強の強みでもあって(弱みは強みの裏返しってね)、それを活かせる生き方を模索している。

中村天風さんは誰からも愛される人間にならないとだめだって言うけど、今の俺には誰からも愛されている自分は想像できない。
でもお客さんからのクレームは悪い事ではないと思ってる。
それで業務が改善されて、いい方向に進めばそれは長い目で見ると、誰からも愛される店に近づいていくって意味だろう?

自分と社会とのつながり、それから人とのつながり、断片的なものだけでなくて、実は一つの集合のようなものだったって。
最近よく感じる。

点と点を結んでいけば、結果も出てくると思ってるよ。
小さな積み重ねでも、きっかけを逃さないように人の力もかりながら前に進めば、今はできないこともできると信じている。
それも組織でなくて自分一人の行動でね。
まるで池に石を投げた時に、池に波紋が広がるように、俺と周りの人を介した広がりがそうなっていけばいい。
で、自分だけがハッピーみたいな終わりじゃなくて、今の問題点をクリアしながらそれを実現したい。

それはつまりコンセプトは何か?ってことに行き着くんだけど、今の所俺はこの問いに答えられない。
儲かればいいと思ってしまっている時もある。
だけどそれだけじゃないって思っている自分も同時にあって、でもそれが何かがわからない。

例えば在庫は6000あってそれがグルグル回転していけばいいという考えと、在庫500ぐらいなんだけど単価の高い商品を回転させるのがいいのか。
効率性だけなら後者だし、顧客満足度も多分に後者の方が確保しやすい。
自分がいいと思えるものが売れて、それで後者を実現できるならそれは理想なんだけど、そうでもない。
それは読書量が圧倒的に少ないというものもちろんある。
本の事がわからんくせに古書店なんてやるなって話だ。ビジネス書を今月は30冊読みましたってそれは読書って言えるのかな?って思う。

もっと何か、これが本だよみたいな、それは絵本でもいいわけで、雰囲気を感じながら、自分の感性を研ぎ住まなさければ淘汰をされる。それは痛いほどわかっているつもり。
だってこの仕事は自分の地元の飲食店とは本質的に大差はないわけだから。
誰でもやろうと思えば片手間にできる仕事。
で、それをプロとしてどう何か違うサービスを提供するのか。

荷物番号はこれこれですって教えればいいのか。兼業でもそんなことはやっている人はいるだろう。
aesanulさんだから出来た事、出来る事ですねって言われなきゃいけない。
それは何なのか?
楽しさを提供できるのか。自分と感性が合う人ならばそれができるのか。
じゃあ他のお客さんにはどうするのか?
ビジネスライクに、まるでビジネスって趣味をやってますって振る舞ってそれでおしまいでいいのか?
違うだろう。

なぜ生きる?
金のために生きているのか?
やっぱり違うだろう。
ニュージーラーンドでクルージングとかそんなのは人生の断片的な快楽の一瞬にすぎないわけで、それが全てなはずがない。
だってそんなのお金があれば誰でも出来る事。
そこに何か背景というか思いはない。

なぜ生きる?
誰かのため?
自分のためにも生きている。
友達のためか?
それも違う。

だけど誰かが自分を必要としてくれているなら、それは繰り返すけど、世の中から必要とされていることでもあって、その数が増えてその質が上がって、そこで提供された結果にそれを必要とした人たちが満足をしているならば、そういった状況で自分は生きがいを感じる気がする。

だから俺は自分のためにも生きているけど、誰かを騙したりそういうのではなくて、誰かに貢献しながらどうしても生きたい。
でそれで、この小さな自分のビジネスが回っていくならハッピーだと思う。

大きさが至高の目的ではない。
もちろんこれぐらいが専業の最低ラインだなって思うのはあるけど、そこから先は大きくは変わらないだろうからね。
そんなに稼いで何に使うんですか?ってレベルになっちゃったら、人は何に喜びを見いだすのか?
人より多く稼いでいるのはそれはそれですごいことだけど、それでどれだけその人は満たされた生きた方を実際の所しているのか?

社長になれればいい?
それってサラリーマン社長でもいいってこと?
違うでしょ。それは自分でビジネスをしているのとは違う。雇われ社長ってことだよ。
株主っていう上司が自分の上にいる生活。
その地位をなんか、顧客価値とは全く関係のないことに力を入れて手に入れて、でも家庭でも職場でも尊敬されませんでしたみたいな。。。

地位、名誉、尊敬。
そりゃあればいいと思うけれど、それも何か違う。
尊敬されていても孤独。
それはやっぱり嫌かな。。。
友達でも家族でもいいんで、自分の話を聞いてくれる人が欲しい。
それはこのブログにも混めた思い出もあるし、自分が働く理由の一つでもある気がする。

自分という人間を表現する事。
その表現に対する反応を見て楽しむ事。
これが結局いつもの結論なのかもね。

LOVE
関連記事

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー別
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。