• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学校と業者の癒着 戦場並みのストレスな職が教師

まとめて書いちゃいますが、学校は結構セコイ商売をやっていたりします。

卒業記念品の積立金とかいって、裏ではあれを運用しているんでしょう?(MMFとかでw)
修学旅行やらその他諸々の積立金も同じです。
一番ひどいのが設備費用です。
6月にならないとエアコンをいれないとか、しょぼい図書館しか持ってないくせに図書充実費用とかなめたことをぬかしてくれます。
それで職員室はエアコン完備、出版社から審査用としてもらった書籍を古書店に売り払うアフォもいます。
高校時代に校長室を掃除させられたこともありましたね。。。自分で掃除しろy

とはいえ現場で働いている教師の方々が悪いのではありません。
学校という営利を追求できない体質(タブー)と、でも教師達を食べさせるために営利を求めなければいけないという利益相反があるだけです。

地元のたかり屋(ごねて金を巻き上げる人たち)もえげつないことをやっています。
学校指定の体操服、Yシャツ、ネクタイ、靴下、参考書。。。。
あげればキリがありません。

参考書なんて今やアマゾンのマーケットプレイスにいけばそれこそ定価の半額以下とか珍しくないですからね。
だってそれだけたくさんの人に買わせるってことは流動性が高まるでしょう?
卒業したり、進学して使わなくなった人たちが古書店に売ったりしますから、当然価格が落ちます。

私の高校では学校指定のTシャツで授業に参加しないと減点をするというアフォな体育教師がいましたが、彼も業者の手先と言うか社畜ぶりを発揮し過ぎでかわいそうでした。
何がひどいって、綿とポリエステル混合の粗悪なTシャツなのでそれ。
汗を吸わないし、通気性も悪い。
スーパーで1500円で売っている綿100%のシャツやグンゼのいいシャツを買った方がROIははるかに高い。
指定する意味が全くわかりませんでした。(癒着しているとしか思えない)

顧客に付加価値を提供して正当な利潤を得るのであればそれは恥ずかしい事ではありません。
しかし人の足下を見てあこぎなやり方で金を稼ぐ輩がまだまだたくさんいるのも事実。
特にそれは今までの学生生活ではたくさんいた。

あんたはどうなのよ?って聞かれそうだから答えると、確かに不要品を売却したり、希少な品を高値でつり上げるのは本質的には大差はない。
だけど決定的に違うのは、客が納得して買っている事。
こちらから押し付けているのではありません。

適正な利潤を求める事と収益の拡大を実現したくて今日も走ります。
胸を張ってとかそういうカッコイイことではなくて、月200万稼げるまでは(以下略)というアレです。
金持ちがお金なんて(以下略)というのはかっこいいが、貧乏人がそれを言っても負け惜しみでしかない。
あんたお金持ってないでしょと一瞬でばれてしまいますw

ミーハーぶりを発揮するのはいつもの私の事ですので、これを読まれている方はまたか!という印象でしょうがw
でも今までと違うのは今までは学生だったのでそれを自粛していたのですが、今はもう違うので自粛する必要がありません。

で言いたい放題書いたら、叩かれて、人もこなくなるんですかねー?
それならそれで世の中に対して逆張りしているんだ!って自分を戒めることができると錯覚しようと思っています。
関連記事

コメント

積立金を運用してるというのはごもっとも。特に私立高校だとだと企業とほとんど変わらないから。銀行員やってて本当にそう思う。我らが母校N大学付属校はN大学が22付属校の運用をまとめてやっていると思う。
パイプがしっかりできてんだこれが。
やっぱりー。
強気で買いては見たものの間違ったらどうしようとびびってもいたよ。
別に悪い事ではないし、俺が学校だったらやっぱり運用したと思う。
ただ指定の制服やら体操着はねーw
大学入った後はさすがにそんなアフォな指定はしてきませんでしたが。
実際、高校のときの制服って生地がしょぼかったでしょう?
私は他の私立も経験しているのですぐにわかりました。
耐用年数3年を想定して、一定の品質と、一定のレベルの生地を提供して欲しいです。
高い価格を設定するならなおさら。

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー別
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。