• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

BGMについて

itunesのラジオ機能でネットラジオを無料で聞く事ができるのを最近知りました。
好きなジャンルを選ぶとたくさんのネットラジオ局が表示されます。
昨今のブロードバンド環境ではビットレートが高い放送局を選択しても放送が途切れてしまう事はまずありません。

私のお気に入りはクラシック音楽のpiano soloというチャンネルです。
私は交響曲よりもピアノの音が好きなので、自宅にいるときはこれを流しっぱなしにしているか、ブルームバーグかCNNをバックグラウンドで流します。

音楽を裏で流すのは六本木ライブラリーのパクリでして、微妙に聞こえる程度の音量で流すと作業の邪魔にもなりません。
ボーカルが入っている曲だと集中力が途切れるのですが、楽器の音だけの曲は裏で流す曲として最適です。

ブルームバーグとCNNはLIvestationというP2Pストリーミングサービスで見ています。
もちろん無料。(これで完全にCATVは不要になりました。)
トラフィックが増えると重たくなりそうなので教えたくないのですが、便利なので共有。

言語は当然英語ですが、映像を見ていれば何について話しているのかはだいたいわかります。
ロイターや日経のサイトに行けば、報道されている内容に近い事が書いてあるのでじっくり内容について知りたい時はこれらのサイトにアクセすればいいだけです。

BGMという言葉がありますが、バックグラウンドミュージックに加えて、バックグランドムービーという使い方もできるそうです。
なので私がやっているのはどちらもBGMということになります。

インターネットの発展によって今まででは考えられない便利な使い方できるようになりました。
大学での情報の勉強は全くと言っていいほど役に立ちませんでしたが、情報技術に関する関心を維持できるマインドを構築できたのはよかったと思っています。
関連記事

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー別
リンク