• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

港区の図書館に利用登録をしました 生きていく事について

読んでみたい本や雑誌を探す時に図書館を利用するのは便利です。
利用するのに必要な料金はかかりませんし、自分が住んでいる都道府県の中なら大抵の場合利用登録をする事が出来ます。

昨年の夏に当時内定していた会社が赤羽橋付近にあったことから、港区の図書館に利用登録しようと思いつつも、母の病態悪化など慌ただしく出来ずにいました。
その後の就職活動では千代田区にオフィスがある会社から受け入れてもらっていたので、千代田区の図書館カードを作成。
2週間弱でインターンを辞めたのでほとんどこれは使いませんでした。

そして今、六本木に拠点を置くようになって久しぶりに港区に戻ってきたわけです。
通勤には一年前の夏と同様、大江戸線を利用しているので六本木駅までであれば定期を使って乗り降り自在です。

そもそも図書館を複数利用する理由ですが、単純に読みたい本が地元にない時に他を探すためというのが大きな理由です。
今はネットから予約ができ、港区に限って言えば携帯電話からも予約ができ、来館しなくても必要な本を探して予約する事が出来ます。

そして予約している本が用意できれば、自分の指定した図書館で貸し出しを受ける事が出来ます。
今回借りてみようと思って探したのはこの本。
地元の図書館では蔵書がありませんでした。
働かないって、ワクワクしない?

正しい事をやれば結果はついてくるという今までの考えから、そうはいっても何をするにも金が必要で、金がない人間がそれを口にしてもただの負け惜しみに過ぎないという考えにここ数ヶ月で変わりました。

もっと言うと「金がなければ死ぬ」という現実を身をもって知り、そのように変わらざるを得なかったのです。
働くのが嫌なわけではありませんが、生産性を発揮できない分野で何かに耐えながら長期間活動をすることは良い事だとは思いません。

ある日、金に関する心配を完全にする必要がなくなれば、生産性を発揮できる事のみに自身の行動を割き、その他の部分に関しては他人に協力をしてもらうことができます。
それが組織であり、事業でもあるのですが、この事には学生時代は気がつきませんでした。

理想、やりがい、成長といった短絡的なキーワードしか頭になかったので、現実を見る事が出来ませんでした。
働くこと、誰かに雇われることが何を意味しているのかわかりませんでした。
誰かに雇われる事を、性善説で捉えていました。

この資本主義の世界の中、ルールを知らないものはそれを知っているものから搾取をされ、退場を強いられます。
色々な情報を周りの人が発信しますが、それが本当に正しいのか、有益なのかはわかりません。
何冊もの本を読んでも、何人の人にインタビューをしてみた所でそれは変わりません。

一つだけ確かなのは自分自身が行動を起こす事で得られる何かです。
それは自分の判断でも、他人の判断でもいいのですが、不確かな未来に対して自分なりのポジションを持つ事で未来は結果を自分に返してきます。

ハーブエッカーのミリオネアマインドという本に書いてありましたが、これはまるでプログラミングです。
ミリオネア・マインド 大金持ちになれる人―お金を引き寄せる「富裕の法則」

自分自身によって書いたコードがコンパイルされて実行される。
それが生きる事であり、未来に起きる事。
そんな事を最近になって意識するようになりました。
関連記事

コメント

三田と高輪とみなとはよく使っていました。
赤坂の使い心地はいかがですか?
私は麻布図書館を現在利用しています。
自宅が新宿方面とは逆にあるため、赤坂ではなく麻布十番駅で降りて麻布図書館まで歩いています。
館内は蔵書は多くありませんが、雑誌が充実しています。
あと港区という場所柄、洋書が多いです。
読みたい本はネット経由で予約して取り寄せてもらえるので、今のところ個々の図書館の使い心地というよりは港区が所有する蔵書へのアクセス権に価値を見出しているという感じです。
レスありがとうございます。

麻布にも足をのばしてみます。

雑誌が充実してるのはいいですね。
三田もそんな印象でした。
最新の雑誌以外はネットから予約→指定した図書館で受け取りが便利ですぞー。

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー別
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。