• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Dream Theater Chaos in Motion: 2007-2008

相変わらず日本のレコード会社はぼったくり価格をふっかけてくれます。
付加価値を何も提供していないにも関わらず、こういったアフォな価格を設定し、また何も知らないリスナーから金を巻き上げるのには憤りを感じます。

ではまず本国のプライスをご覧下さい。
Chaos In Motion 2007-2008(Deluxe Collector's Edition)(3 CD/2 DVD)Chaos In Motion 2007-2008(Deluxe Collector's Edition)(3 CD/2 DVD)
Dream Theater


See details at Amazon
by G-Tools


米国内であればもっと安く売っている店もあります。

これが日本に来るとどうなるのかご覧下さい。
ケイオス・イン・モーション2007-2008(2DVD+3CD)ケイオス・イン・モーション2007-2008(2DVD+3CD)
ドリーム・シアター


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


あれ?パッケージが違う?
日本市場向けにメンバーの写真を載せる事で、バンドを知らないリスナーに対しても売り込もうという戦略なのでしょう。
輸入版もきっちりと売っています。
Chaos in Motion: 2007-2008Chaos in Motion: 2007-2008
Dream Theater


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


結局の所、リージョンコードを日本に設定し、パッケージを変更しただけでこういったアフォらしい価設定になってしまうのです。
得をするのはレコード会社だけです。

ではユーザーサイドではこういった馬鹿げた販売方法に弄ばれないためにどうすればいいのでしょうか?
これは以前から紹介している通り、リージョンフリーのDVDプレーヤーを使う事です。
リージョンフリーであれば、地域に関係なく世界中のDVDを再生できるので個人輸入をして、余計な鞘を誰かに抜かれる事を防ぐ事が出来ます。

当然CDにはリージョンコードなんてないので、どんなプレーヤーでも再生できる。
一度リージョンフリーの環境を整えてしまう事でそこから先は日本のレコード会社に振り回される事はありません。
関連記事

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー別
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。