• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スターバックスに対する消費ROIの低下、それに伴う競合他社のプロントの優位性について

最近、お客さんと会ったり、同僚と話すためにコーヒーショップを利用するのですが、スータバックス業績の悪化というニュースの背景をかいま見ている気がします。

それは一言で言うと「大衆化に伴うブランドイメージ低下」です。
本国でスターバックスが流行した背景には、フェアトレードを通じて客がいいことをしていると感じる事が出来る事、絵画や照明にまで配慮をした高級感ある店内というのがあったと思います。

しかし今やそれは珍しいものではなくなってしまいました。
フェアトレードを専門にするビジネスを手がけるのはコーヒーショップ以外にも現れましたし、店内の高級感は顕在するものの、回転率に比重を彼らは置きすぎています。

回転率というのはどういうことかというと、つまり限られた店舗面積に可能な限り客を詰め込もうという目論見が強いではないかという意味です。

これは競合もやっていることですし、東京は土地がないので仕方がない面もあります。
僕が指摘したいのはスターバックスは大衆化をしたかったのか、富裕層やビジネスマンなどお金を使える人に特化したかったのか明確でなかったのではないかということです。

競合を見ればスターバックスと同じ路線を展開しながらも、プロントのように費用対効果の高い店舗作りをしているお店もあります。
プロントはスターバックスと異なり全席禁煙席ではないのですが、喫煙スペースというのを作り、分金をすることでタバコを吸う客にも配慮しています。

日本のビジネス社会は自殺率の高さを見ればわかるように(例えばIT業界は全業種中トップです)、極めてストレスフルな環境なため、喫煙でそのプレッシャーやストレスを紛らわしている人も多い。
そういった客が訪れる場所、たくさんいる場所である東京に店舗を展開する以上、喫煙客を無視できないとプロントは考えたのでしょう。

またメニュー構成についても、プロントは軽食が充実しているの対して、スターバックスはあくまでコーヒーがメイン。
単価も高く設定しているのだから、客としては快適な空間を提供して欲しいと感じるのですが、スターバックス的にはコーヒーを飲んだらさっさと帰れといわんばかりの、窮屈な空間です。

別の競合に目を向ければルノアールというコーヒーショップがありますが、こちらは喫煙スペースを分けていないのと、インテリアが古くさい。
もっというとどこか安っぽいのです。

僕個人の要求を述べるならば、カウンター席を設けてACアダプター完備、喫煙コーナー分離、軽食からコーヒーまでの最低限のラインナップがあるといいなーと思います。
一部の店舗ではこうったものがすでに完備されている店もあるようですがまだまだ少ない。

在宅勤務を導入する企業が大企業を中心に現れてきたように、今後は仕事をする場所がオフィスに限定されてない流れが加速していくと思うので、それを見据えた店舗作りをするチェーンが増えればいいのにと思います。
関連記事

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー別
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。