• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

真夜中の回顧房

誰も見てないだろうから、
真夜中にこっそり書きたいことを書く。

時々自分がやってきたことは何だったのかとか、
全てのことを放り出して
今取り組んでいることとか、
自分が情熱だと思っていることとか
諸々の事象全てが実は思い込みの幻想に見えてきたり。

そんな中二病が発動するときは
薄暗い闇の中で唯一の光に見えた
音楽を引っ張り出してくる。

今の曲もわかりやすくていいけど、
俺の中ではやっぱ90年代JPOPがピーク。

メロディラインとか詩が少し小難しいのがいい。
子供の頃は意味がわからなかったけど、
大人になると共感できたりね。

子供の頃はあんなに大人になりたかったのに
大人になったら大人になったで
しがらみがあるし
思考の自由度も低下するし、
リミッターとか、嫉妬とか、在りたい自分との乖離とか
悩みも増える。

僕は不死にはなりたくないけど
不老でありたいと時々思う。

スポンサーサイト



月別アーカイブ
カテゴリー別
リンク