スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分の枠を超える事

遠慮。
あなたは何かに遠慮していないだろうか?

本当はもっとやりたいことがあるけれど世間体が気になって躊躇している。
自分の中のイメージに沿わないからと挑戦することを破棄する瞬間。
過去の失敗体験がトラウマになって足がすくむ場面。

引きこもりという状態は僕らが外にいても家の中にいても、不快適と感じる側面から壁を作り出す。
その壁は僕らを快適にしてくれるが、成長が止まるという副作用を伴う。

もし僕達が自分の枠を超えたいと願うなら、引きこもっている状態から抜け出さないといけない。
枠を超える瞬間とは過去の自分が居た世界の外に出ることだ。

それはある人にとって進学や上京だったりするだろう。
慣れ親しんだ地元を離れ、仕事や勉強のために異国の地に身を置く。

一人暮らしを初めて経験した時の違和感を覚えている人もいるだろう。
実家にいた時は全自動で食事も洗濯も誰かがやってくれたけど、自分で暮らす生活にシフトした瞬間その快適な環境が消える。

実家という閉ざされた世界から、自分しかいない一人の世界に踏み出して枠を超えるわけだ。

more»

スポンサーサイト

車の車検を受けてきました 所有すべきものと、そうでないもの

車に乗るようになって初めて車検というものを受けてきました。

2年に1回、国の定めで全ての車はメンテナンスを受ける決まりがあります。
これが車検ですね。
お金も結構取られます。トータルで10万近く払ったと思う。

車は便利なんでしばらくは所有していようと思いますが、週末しか乗らない人や、大きな街に住んでいるなら必要ないと思います。
駐車場代や定期的なメンテナンスでかなりの維持費がかかりますから。

ある程度大きな街なら維持費だけでも年間20万以上かかるはずです。
僕が20歳まで住んでいた田舎町ですら10万以上駐車場代でかかってました。

田舎の場合は車がないと生活できないので必要経費ですが、都会の場合は車がなくても何ら不便がないので、カーシェアリングとタクシーを併用したほうが安上がりです。
(そう考えると田舎の生活ってあんま安上がりじゃない。)

more»

Sony Bravia Bouncy Balls

最近、広告ビジネスに力を入れていることもあって、広告に対する興味が高まってきた。
CM一つをとっても様々なアプローチがあるわけで、表現方法としても集客方法としても様々なエッセンスがそこには存在している。


以前も不定期で好きなCMを紹介していたと思うんだけど、今回からカテゴリーを作って気になったCMや個人的に好きなCMを紹介していきたいと思います。

初回はSONYの海外で放送されたブラビアのCMです。






どちらも数年前の作品です。
制作ドキュメンタリーもあるんで興味ある人は探してみるとおもしろいですよ。

最近読んだ本

何十冊と取り寄せていますが、いいと思ったのだけ共有。

WHYから始めよ!―インスパイア型リーダーはここが違う
4532317673

著者のスピーチが良かったので購入。
スピーチで発信されていたメッセージを基調により深掘りされている考察。
よくできていてわかりやすい。
翻訳も上手です。
何度も読みなおしたい本。

成功者は皆、ストーリーを語った。
4434156772

ストーリーテリングを学ぶにあたってかなりの本を購入しました。
この分野を高いレベルで実践できている人が少ないのか、ほとんど実務レベルで使えるものがない。
この本はそんな中、参考にできたり応用できそうな考え方がたくさん紹介されていた本。

単純に知識の底上げしたいなら神話の法則だけ読めばいいと思います。
これを超える本はおそらくない。

神話の法則―ライターズ・ジャーニー (夢を語る技術シリーズ 5)
4750002445


続・資本論 (まんがで読破)
4781601243

資本主義とはどういう事か、投資家と労働者の違いはないか?という本質的な所がよく描けている。
学生必読。
起業家サイドの人は仕掛ける側としてこの仕組をどう自分のビジネスに活かすかを考えながら読むといいです。


わが闘争 (まんがで読破)
4781600115

これもとてもよくまとまっていてわかりやすかった。
一般教養レベルならこれぐらいで充分。
それより深掘りしたい人が自伝とか、研究本を買えばいいと思う。
セルフプロデュース力、他者への影響、情報発信力など学ぶことが多い。


死に至る病 (まんがで読破)
4781600239

メンタルブロックのことを話しているのだと思います。
フォロワーさんから紹介してもらったのだが、哲学入門みたいな感じで大変読みやすく、理解しやすい構成であった。
良書。


君主論 (まんがで読破)
4781600042

一回読んだだけでは理解できず。
また読み返す予定です。

高校の時に世界史を嫌いになって以来、なかなか歴史的な側面が描写される作品は頭が寄せ付けない。

最近こんな感じで新しい学びを取り入れてます。
そしてTwitterやブログでこうしてアウトプットすることで理解力を高める。
その横で自分のビジネスに学んだ考え方を実装。
これを繰り返しています。


年収に5%を自己投資に回せという考え方があるんだけど、ここ数年それをさぼったがために進化速度が鈍化していた。
今一度成長曲線を右肩上がりにすべく、もがいていきます。

明日も10冊単位とかで本が届くので、既存のストックの消化を急ぎます。

サイモン シネック: 優れたリーダーはどうやって行動を促すか











これはスティーブ・ジョブズのスピーチに出会った時と同じレベルの衝撃です。
マーケティングに興味があったり、自分でビジネスを展開する立場にある人は見ておいたほうがいいと思います。

動画の中で出てくるティッピングポイントについては下記の本を読むことで理解が深まります。

急に売れ始めるにはワケがある ネットワーク理論が明らかにする口コミの法則(ソフトバンク文庫)
4797338121

僕は彼の考え方がとても気に入ったので、以下の本も注文してみました。

WHYから始めよ!―インスパイア型リーダーはここが違う
4532317673

自分が受け持つべき分野のズレ リアル書店はマイノリティに特化した商品構成を展開すべきなのに、マジョリティに特化しようとして泥沼にハマっている

子供の頃、本屋に行く事はとても楽しみな事だった。


ファミコンの攻略本を読むことができたし、日本史が好きだったので歴史関連の雑誌を立ち読みできる事は至福の時間であった。


時は流れ、もはや攻略本という概念は世界から消えてしまいそうでさえある。
それはネットが普及したことが大きくて、
今時ゲームの攻略情報というのは下手すると販売されてから数週間でほとんど網羅されてしまうのである。


そうなると出版をして、情報を伝えていた攻略本という形態では太刀打ちが出来ない。
だから最近の攻略本は設定資料集や画集の要素を含めて生き残りを差別化しているものが増えてきたように感じる。



more»

情熱の秋葉原

昔のことを振り返ってもしょうがないんだが、時代の節目を感じるためちょっと書きたいことがある。

僕は17歳の時に初めて自分のパソコンを所有してネットの面白さに夢中になった。

当時のパソコンは高くて性能も良くなったけど、ネットにつながっているだけでテンションが上がったし、調べたいことをどこまでも深掘りできるすごさに感動した。

何よりも素晴らしいと思ったのが、ニッチな分野、マニアックな事との相性の良さ。

more»

12年度中に実現したいこと

何に取り組むべきかを考える人は多いが、僕の場合は何をやりたくないかを先に考えるようにしている。

やりたくないことから逆算して残ったことが自分のやりたいことだと思うから。

例えば、

決められた時間に、決められた場所に行って、決められたことをやる。

これは僕には向いてないことだし、やりたくない事として真っ先に思い浮かぶことです。

これを最初に定義したことで、学校やサークル、インターン、会社に自分の居場所を見出すことは極めて難しいと理解することが出来ました。

他にも、

目指している所が違う人と無理して理解し合おうとする努力をしない

など、意識してこれはやらないと決めていることがたくさんあります。

そして最近になって強く意識していることが一つあります。

それは、

レバレッジが効かないことをやらない

と言うことです。


これは連想できない人も多いかもしれないのでちょっと説明します。

more»

短い文章のその先に

ネットで活動をする上で文章というのを避けて通ることは出来ない。

ツイッターもブログも全て自分で考えた文章で何かを表現している。

ビジネスやる時もそう。

文章で何かを伝え、行動してもらうことで結果が出る。

僕は文章に関しては苦手意識はないんだけれども、思った以上にメルマガもブログの記事も読んでもらえてないことがわかってちょっとショックだった。


それはアクセスしてくる人が悪いとかそういうことじゃなくて、自分の実力不足ということに尽きる。


この問題は絶対に解決しないといけないので真剣に悩む。


読書量を増やせば文章力も高まると思ってたんだけどな。
月別アーカイブ
カテゴリー別
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。