スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソニー銀行・証券に口座開設をした

資本市場からのリターンの比較を調べていたら、一番リターンが高いのは米国株だった。
ここまでは想像に難しくなかったんだけど、次にリターンが高いのは香港株だそうです。

日本かヨーロッパの先進国では?と思っていたのでこれは意外な発見。

税制上の優遇策が公をなしているのでしょうか。
確かに同じコストかかるなら、税金が安い国でビジネスやったほうが有利だと思います。
実際に東京の高すぎる家賃と、地政学的なリスクを嫌って拠点を香港に移すというのはよく聞く話です。

私は資産の一部を投資信託経由で株式や債券に割いているのですが、債券の比率を減らして、株式の割合を最近は増やしたいと思っています。

リスクヘッジとして債権も買っておくというのは理解できるのですが、サブプライムみたいのがきちゃうと結局債権だろうと関係ないのではと思うようになってきたのです。

そして中期的には下がっても戻してくる株価を、割安に買って、お買い得感を実感できるのは株式と考えました。

最近は投資関連の情報も調べやすくなってて、例えば価格コムにも投資信託のランキングなんてのがある。

香港株の投資信託を探して色々調べていたところ、ソニー銀行であれば販売手数料なしで購入できることがわかったのでさっそく口座開設。

本日申し込んで、書類を先ほどポストに投函した所です。

購入しようと思っているのは、香港ハンセン指数ファンドという商品です。

中国株も入っているので、今のポートフォリオと被るけど、まだまだリスクをとれる年齢であること、マクロで見た時にも成長の余地があることを考えると、多少投資比率が高まってもいいかなと思いました。

投資の話は詳しく説明しようとすると長くなるので今日はこれぐらいにしておきます。

興味があって自分でも勉強してみたい人は、以下のような本を読んでおくといいかもしれません。

ほったらかし投資術 インデックス運用実践ガイド (朝日新書)
4022733691
スポンサーサイト
月別アーカイブ
カテゴリー別
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。