スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

皮算用

数字に落とし込め!ってビジネス書を読んでいると書いてあります。

xxはやりたい → 具体的に? → xxな感じで → どれぐらい売上を出したいの?数字で言って? → えーっと。。。

こんな感じが多いんだよね。
自分もそう。

まずはやってみてそっから数字みたいのは考えればいいじゃんと思ってた。
でそれで今までは結果がついてきたもんだから、やってるうちに結果は出るという自己流のアレンジになっていた。

でも今は少し行き詰まってる。
頭打ちになってしまってる。成長が。仕事の伸びが。

だから数字でちょっと今日は考える。

例えば年収1000万円という数字。
これを稼ぐためには月にいくらの報酬が税引き後で必要か。

1000 / 12 = 83.3

84万円ぐらい稼げば達成できる数字になる。

では経費などを差し引いた最終利益が仕入れの2倍程度に設定できたなら、必要な月商は。

83.3 * 2 = 166.6

四捨五入をすると167万円ぐらい。

現実には計算通りの利益にならないこともあるし、損切りをしないといけないこともあるだろうから、最低ラインが167万という数字と考えてもよさそうだ。

じゃあ最低167万円を安定的に売り上げるにはどうすればいいか?

これを考えないといけない。

今日はこれぐらいで考えを止めておく。
スポンサーサイト
月別アーカイブ
カテゴリー別
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。