スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やることとやらないことを決める

勝てないことやらない。
熱くなれないことやらない。
生産性が低いことやらない。
お互いハッピーになれそうにないことやめる。
外注できることは外注の流れ。
定期的な点検と損切り。

無意識にやってきたけどこのあたり押さえていこう。
メモ的な要素として残しておく。
スポンサーサイト

年齢を重ねてよかったコト 逆に嫌なコト

歳を取ることはいいこともあるし、嫌なことも実は結構ある。

子供の頃は、はやく大人になりたいと思っていた。
裁量があれば自分の望むように自由にやっていけるのだろうと。

だけど大人になって僕が見た世界は鎖に縛られた世界だった。

僕はただ自然体でいたいのに、世間体と虚栄という鎖が僕の自由を縛った。
何度もこの鎖を断ち切ろうともがいたが、自分の中の自分という人間に対するイメージと現実世界でのそのイメージへの乖離が僕を苦しめ続けた。

学校という場所。
ずっと学校が嫌いだった。
何の役に立つのかわからない知識を暗記することを強要し、その価値観に従えないものを排除しようとする組織。

大人になって仕事をすれば学校に行かなくていい。
そして仕事は少なくとも給料がもらえるから学校よりかはつまらなくてもいい場所。
こういったイメージを持っている人は若い人の中にも多いだろう。
自分もそうだった。

実際はこれに近い。
確かに嫌な事でも、会社勤めをやればお金は稼げるよ。
アルバイト、契約社員、派遣社員、雇用形態は様々ある。

でも目の前の小銭が稼げても未来への不安という問題が今度は襲ってくる。
これは若い頃にはなかった経験だ。

結婚をする者がいる。家を買う人がいる。会社で出世する人が出始める。
子供の頃に垣間見た、学校が提唱している幸せみたいのを実践する人たちだ。

こういったことを否定するつもりはないし僕自身もこういったことへの憧れはある。
でもどこかで見た景色で、どこかで見た自分が望まない世界がいつも垣間見えて、閉塞感だけがいつも僕の心には残る。
なぜなんだろう?

自分の憧れや夢といったことが少なからずある。
でも目の前には理想からはかけ離れた自分の姿と現実がある。
これを埋めることにもがくのか、あるいは現実に生き無難な鎖に繋がれていくのか。

もしこれを読んでいる人が若い人で、夢中になって取り組んでいることがあるなら他人が何を言おうがそれを続けるといいと思う。
仮にそれが世間からよく思われていないことであっても自分が納得しているならそれもいいと思う。

ただし浮世の世界から離れた生き方をしていくのは結構しんどいことを覚えておくといいと思う。
他人は自分と違うことをする人のことをよく思わないし、排除しようとすることもあるから。

田舎の価値観が苦しいなら街に出てくればいい。
でも街の中でも孤独になることはあるし、田舎の良い所が懐かしくなったりすることもあるだろう。

僕もそう。
都会は大好きだけど、出てきてから友達ってできたのかな。。と時々思ったりする。

田舎だと良くも悪くも近くの人達との距離が近いから、世間との距離が常に一定に保たれるんだよね。
都会だとこれを強要されることはなくなるけど、逆に孤独になりすぎて発狂しそうになることも。

隣の人の悩みも生活も何も知らない。
だけど生活は効率的。

何かに打ち込むにはいい場所だけど、打ち込むことがないなら街でなくても別にいい。
でも何にも打ち込まずに生活を続けていても成長はできないから、それはそれでリスキーだったり。

若い時にそういう時期が限定的にあるのはいいと思う。
でも年を取ると立ち止まることさえも許されなくて、ひたすら走り続けることでしか自分を表現できなかったり、生活を維持出来なかったりする。

責任という言葉。
100%の責任を負えば自由は手に入る。
その覚悟があなたにはあるだろうか。

友人限定 kindle fire 欲しい人 共同購入しませんか?

タイトルの通りです。
私と面識のある人限定で、kindle fire欲しい人いますか?
200$ぐらいなんですけど、普通に買おうとすると日本から注文できない状況です。
自分はこれを突破することができる立場にいるので、もし他に欲しい人がいれば一緒に注文しませんか。
送料が安くなるし、まとめて注文したほうが効率がいいので、私にとっても欲しい人にとってもメリットがあると思います。
日本に到着後、私の所を一旦経由して、宅急便で発送します。
今週末ぐらいまで待ちます。
いなければ一人で注文。
ご検討よろしく。

皮算用

数字に落とし込め!ってビジネス書を読んでいると書いてあります。

xxはやりたい → 具体的に? → xxな感じで → どれぐらい売上を出したいの?数字で言って? → えーっと。。。

こんな感じが多いんだよね。
自分もそう。

まずはやってみてそっから数字みたいのは考えればいいじゃんと思ってた。
でそれで今までは結果がついてきたもんだから、やってるうちに結果は出るという自己流のアレンジになっていた。

でも今は少し行き詰まってる。
頭打ちになってしまってる。成長が。仕事の伸びが。

だから数字でちょっと今日は考える。

例えば年収1000万円という数字。
これを稼ぐためには月にいくらの報酬が税引き後で必要か。

1000 / 12 = 83.3

84万円ぐらい稼げば達成できる数字になる。

では経費などを差し引いた最終利益が仕入れの2倍程度に設定できたなら、必要な月商は。

83.3 * 2 = 166.6

四捨五入をすると167万円ぐらい。

現実には計算通りの利益にならないこともあるし、損切りをしないといけないこともあるだろうから、最低ラインが167万という数字と考えてもよさそうだ。

じゃあ最低167万円を安定的に売り上げるにはどうすればいいか?

これを考えないといけない。

今日はこれぐらいで考えを止めておく。

静岡に行ってきた

仕事で静岡に行ってきたよー。
暖かいと思ったら結構寒くて大変だった。

ビジネスホテルに宿泊したんだけど、大浴場っていうの?あれいいねーー。

中学の頃、自分は寮の学校にいたんですけど、思春期ということもあって自分の体を他人に見せるのがすごい嫌だったのを覚えています。

今はそういう抵抗感ない。
他人と一緒に風呂に入るってのが大浴場なわけだけど、普通に平気。

静岡→東京で往復で700キロぐらい運転してたんだけど、色々としょうもない考えが浮かんできて、まだまだメンタルの弱さを痛感するこの頃。

いつも書くんだけど、自分をもっと愛したいし、等身大の自分を受け入れたいし、自分に自信を持てるようになりたい。

自分は他人が望むような存在にはなれないし、なるつもりもないけれど、莫大な犠牲を払って今日の自分を繋げてきてくれている人たちに貢献をしたいという思いを持っています。

特にこの思いがここ1ヶ月ですごく強くなってきています。

親戚の人達、友人達、仕事関係の人達、日本の人達、世界の人達。
この人達にどうやって自分の能力と才能を活かすか?
人が生まれてきたテーマはここに集約されると思います。

いつまでもしょうもないことやって小銭稼ぎだけやっても死なせてもらえないでしょう。
悪いコトばっかやってると本当に死なせてもらえません。

政治家の人たち。長生きしてるよね。
老害と呼ばれる人たち。長生きしてるよね。

歴史上の偉人たちはどうだっただろう?
新しい時代を作ろうとした人、真実を叫び続けた人、自由を求めて行動を起こした人。皆短い生涯で一生を全うしているよ。

死ぬことは多分悲しい事じゃない。
自分の意志で死を選ぶ人のことを俺は悪く言いたくはない。
彼ら彼女らの気持ちも理解出来ないわけではないから。

自分だって友人を自殺で失っている。
生きていても仕方が無いかなと思うことは何千回とある。

でも今は生きたいと思うし、可能性を信じていたいと思ってるよ。

世界中にたった一人でも自分を理解して受け入れてくれる人がいるなら、その人に貢献をできるように僕はもがいてみよう。
それで僕は僕の居場所を定義して、尊厳を保つことができるから。

快適さを手放すという選択

屈辱な経験、受け入れたくない現実ってのはかなりキツイものがあって出来れば避けて通りたい。
でも前に進むために促す圧力と考えればそれもありかな?と思う。

もちろん舐めたマネをした相手の事を簡単に受け入れることができるわけではないのだが、自分が前に進もう、日本を出ていこうと本気で思うようになって、そのために行動を今起こしていいるのはキツイ現実がやっぱりあったから。

そういう意味では屈辱な経験や受け入れたくない現実にも感謝をしなくちゃいけないのかなーと思います。

自然体で振る舞える場所、無理な意識をしなくても自分を受け入れてくれる存在。
そういったものがもうちょっとあれば考えが変わることもあったかもしれない。

でも自分はこういう人間で世間受けするような事ができない事情があるのだ。
10年後に今感じた事を読んでいる自分はどんな立ち位置にいるだろうか?
そして何を感じているだろうか?

買う本リスト

新年明けてから自分史上最速のペースでお金使ってます。
浪費ではないです。念のため。

読書と事業への新規投資が多く、まとまってお金が飛ぶように出ていきます。
ただし事業もそうだけど、知識に関しては利子がついて何倍にもなって戻ってくるのでもったいないとは思いません。

2千円の本を10冊とか買っても2万円ぐらいなんでそんなに高くないよね。
しょぼいセミナーとか飲み会とか行くと一発で5千円とか飛ぶわけだから、それを考えればぜんぜん高くない。

とりあえず直近で買う本、読む本リストです。
マクロ経済関係が多いです。
今まではノウハウ的な本ばかりだったけど、歴史だとか経済の本を今年はたくさん読むことになりそう。

国家は破綻する――金融危機の800年
4822248429

TPP亡国論 (集英社新書)
4087205843

「通貨」を知れば世界が読める (PHPビジネス新書)
4569796206

スティーブ・ジョブズ全発言 (PHPビジネス新書)
4569801234

【中国版】サブプライム・ローンの恐怖 (幻冬舎新書)
4344982347

2013年 大暴落後の日本経済
4478015376

TPPは国を滅ぼす (宝島社新書)
4796682511

「金・ドル体制」の終わり
4396614098

ウォーレン・バフェット 巨富を生み出す7つの法則
4023309974

ドラッカー・ディファレンス ―クレアモントの授業
4492521879

訣別―大前研一の新・国家戦略論
4023309826

全部買っても2万円もいかないんじゃないだろうか。

新書とか800円だしね。読み終えたら図書館に寄付してしまいます。
大前研一とか懐かしい。大学生の頃知って当時は衝撃的だった。もちろん今でもすごい人なんだけれども。

これとは別個に一般流通で売ってない、マーケティング関連の本が2冊ほどある。

小さな会社のメディアミックスマーケティング12の方法

Yes!を引き出す7つのトリガー

仕事として取り組むことも今年は増えていくわけであり、その合間に本もたくさん読まないといけない。
そいでその間にイベント的なことももしかしたらありうるわけで、それはエキサイティングだけど、あんまあくせくやりすぎずに行きたいと思ってます。

積立設定変更 メモ

個人的なメモです。
今後のマクロ経済を10年単位で見た時に思う所があったので現在の積立投資の設定を変更しようと思う。

具体的には、
日本株の積立停止、日本債権の積立停止、エマージング債権の積立停止を実行。

日本株、日本債権、エマージング債権に関してはバランスファンドの方でカバーしていく。
個別に投資をするということを自分は止める。

この積立を停止する代わりに、以下のファンドを購入する。

バンガード・トータル・ストック・マーケット・インデックス・ファンド
バンガード・スモール・キャップ・インデックス・ファンド

米国株への比率を増やす。
自分はアメリカひいきというのもあるが、新しい産業がどこで生まれているのかを考えた時に米国であるという結論に至った。
FBもMacもWindowsもスマートフォンも全部米国発。
あの国には新しいものを生み出していくエネルギーがあると思ってる。

一方ヨーロッパに関して言えば旧態依然としたヒエラルキーが日本以上に強く新しいものが生まれているように自分には思えない。
NOKIAやソニーエリクソンがあるじゃないかと言われればそれに関しては同意だが、それも今やアップルや韓国のサムスンという競合がいるわけで独占じゃない。

ヨーロッパの労働環境。
1ヶ月や2ヶ月の休暇は当たり前という世界。
羨ましいとは思うがそれだけ余裕モードでグローバル資本主義を生き残れるのか?という疑問がある。

日本の労働環境だとやりすぎだが、米国程度の労働環境ぐらいはあったほうが適度なプレッシャーと適度な休みという意味ではバランスするのではないかと自分は思う。

米国よりアジアの国のほうが伸びるんじゃないの?って疑問。
その通りだし、自分はアジアの新興国を対象としたファンドは別個に既に購入しています。
中長期で見た時に大きなリターンを狙えるのはエマージングだが、直近とマクロ経済への影響を見てあげた時に自分は米国の存在を無視できないと思うので、今回投資比率を高めようと思った。

また同ファンドはドル建てということもあり通貨分散にもいいと思った。
今はドルを仕込むのにタイミング的にも申し分ない。

日本株と債権を止めたのは、それほどアグレッシブに投資しなくてもいいかなーと思って。
エマージングの債権はリスクに対してリターンが割りに合わないという考えに同意したので止める。

積立の設定はやろうやろうと思ってなかなか実行できていないのでこうして考えを整理しておく。

新年のご挨拶

2012年になりました。
昨年末に悩みに悩んで足元を見つめ直した自分の夢やヤリタイコトの実現のために取り組んでいきたいと思います。

ブログの方なんですけどちょっとデザインいじってみました。
アクセス解析久しぶりに見たらどんどんアクセス減っていって寂しいなーと思うと同時に、マイノリティとしての自覚が改めて芽生えましたw

昨年もちょこちょこ書いていたんだけど、月に1回程度誰かしらと会って食事したり、コーヒー飲んだりしたいと思ってます。
お酒はあんま飲んで楽しいと思えない人なんで、飲み会みたいのではなくて、アルコール以外でくつろぎながら色々と考えたり、刺激を受けるような時間の共有を求めています。
なので、定期的に自分からも隙があれば連絡をしていきますが、お付き合い頂けると嬉しく思います。

年始ということで、1年間どんな感じにしたいか、年末に考えていたことの実践編ってことで軽く考えてみたいと思います。
今年の終わりやもっと未来に読み返した時に実現していたり、別の形になっていたりすると思うのでワクワクしながら考えてみます。

仕事編
これはまず収入源を増やしたい。
1個の事業がコケた時にアウト!みたいのはちょっとリスク大きすぎると思うので色々とやって稼いでいきたい。
前も書いたけど10万円の収入の仕事が10本あればそれだけで月収100万円になります。

自分の生活レベルだと、ヤリタイコトを実行していくためにまずはこの月収100万のラインを超える事によってそれが加速できるため、このレベルに達していきたいと思ってます。
今年中にそれができるかどうかはわからないけどね。

健康編
ジョギングやら縄跳びやってたんですけど、寒くなってきて外に出るのが億劫になってしまいました。

屋内プールやら、スポーツジムに通うなど方法は色々とあるんだけど、決められた時間に決められた場所に行くのが好きじゃないのでなかなかこれは実行できない。
スポーツジムなんてのは行かなくても固定費で月会費用みたいの取られるわけでどうしても割高に思えてしまいます。

投資編
自分の場合は仕事がある意味投資みたいなものなのですが、この分野も色々と研究をしています。
自分の強みである、海の外に出ていくことへの敷居の低さを活かせるのが気に入ってます。

英語ができるだけで取れる情報の幅が広がるし、現地に出向いても英語が話せるとやっぱり便利です。
今年はアジアに短期ですけど出ていこうと思っていますが、英語が通じるアジアの国で自分の英語がどんな感じで機能するかがちょっと楽しみ。

投資をしたいから仕事を頑張るみたいな感じに最近はなってます。
子供が出来たから頑張る!というのが結婚して家族持った人の感覚だと思うけど、自分の場合はそれが投資なんだよね。
未来に描いているライフスタイルを実現するための手段として投資がどうしても必要だし、自分自身そういったことを学習していくことに苦を感じません。

人付き合い編
他人がどう思うのか、感じるのかを察知するのが自分は本当に苦手。
なので万人から愛される人になるのは難しいと自分でもわかってる。
でも人によってはやっぱり相性がいいなーって思える人がいるんです。

価値観が一致しなくても相性がいいと思える人はいる。
むしろ最近は価値観が一致しなくても楽しめることは多々あると思うようになりました。
利害関係者でなければ価値観の一致は必須でないと最近は思う。

交友関係としては学校を出てしまうと友達ってなかなか出来ないです。
仕事上で付き合いがあって時間を共有する人が大半を占めてきます。
それは周りも同じ事で、やっっぱり生活の中心に仕事が来る側面が多くなってきます。
今年出会っていく人も利害関係者の人が基本なんだけど、利害以外で本音で語れる人が出来たら、関係を維持できるようにケアしていきたいです。

自分の感覚だと、一つの組織につき二人から三人程度の自分の理解者が得られるという感覚です。
この理解者というのはある程度ロングタームで付き合える人です。
それが小学校なり中学校なりの組織一つにつき二人から三人ぐらい今でもいるということです。

自分の場合は6つ程度、ある程度リソースを割いて関わった組織があるんで、友達と呼べる人は10人から20人程度でしょうか。
多くはないかもしれないけれど充分だと思ってます。
逆に日本国内に交友関係が多くありすぎると海の外に出ていくことを躊躇してしまうと思うので、適度な距離を持ちながらも自分のことを概ね理解してくれる人、これが20人前後で安定してくれれば自分は不満はないです。
この20人の人との関係をむしろ大事にケアしていきたい。

恋愛編
恋愛と言うか結婚ですね。
結婚はしたいんですけど、価値観が合わない人や一緒にいて苦痛になる人、短期間の付き合いでも長期的な視点で見ると不安を多々感じてしまう人、と無理して一緒になりたいとは思わないんです。
結婚出来ない人は妥協できない人と言われればそうなですけど、自分の中で妥協というのは結構忌まわしい言葉と言うか。
妥協し始めるとどこまでも落ちていってしまうという解釈をしているんです。

住んでいる家、パートナー、同僚、乗っている車、身につけているモノ。
自分の中でこうありたいという理想を当初は持っていたはずなのに、現実的になるという言葉の元に妥協をしていく人がたくさんいます。
そういった人を横目で見て、そこまでして現実に縛られて幸せなんだろうか?と思ってしまう自分がいます。

例えば家にしても、買った途端に3割程価値が下がるモノを借金してまで手にいれて、本当は大きな街に住みたいのに現実的な解釈をして郊外に買って非効率な生活して、子供が出来て、それを養うために仕事が必要で、見つからないからアルバイトとか短期雇用の仕事を妥協して無理やり見つけて、人生ってそんなもんだよってドヤ顔かましてる人。結構多いような気がするんです。

郊外に良い所がないとは言いません。
でも似たような人がやっぱり集まってきます。

人生において誰と付き合うか、どんな環境に身をおくかって結構大事だと思ってます。
自分の資産としての家という固定概念に囚われてしまったが故に、チャンスを逃しているとしたら本末転倒じゃないだろうか。

仕事も教育も生活も選択肢が多ければ多いほど多様な価値観に対応ができる。
現実的な理由というだけで郊外を選ぶならば、賃貸でもいいはず。
気が熟した時に骨を埋める場所を選んでそこに家を買えばいいと思うんです。

家という鎖に縛られて可能性を制限なんてされたくない。
いつも自分の可能性を最大化していたい。

そしてそれが日本以外にあるんだったら飛び込んでいきたい。
こういった価値観を理解してくれる人がいるといいんだけど、今の生活をそういうものなんだと思ってしまう人がやっぱり多いんだよね。
自分もそうだった。

自分の思考や可能性を限定しすぎてしまっていては何も出来ないと思ってます。
パートナーがいつか出来る!と信じて取り組んでいきたい。
時間はかかっっても必ず。。。
月別アーカイブ
カテゴリー別
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。