スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛が足りない?

沈んでいく気持ち、ネガティブな側面を最近は表現することが多かったけれど、それには自分の弱さを認めつつも助けが欲しいという思いがあったように感じます。

前向きな気持がなんたるかを知るために、後ろ向きな気持ちがあるとするならば、そういったプロセスさえも楽しめるのではないかと考えるようになりました。

過去の自分を変えることはできないし、ああしておけばよかったといった後悔の念、失敗、屈辱といったものは、誰にでもあるはずです。

そこから前に進むことが出来る人と、立ち止まって落ち込んでしまう人の違いって何なのかな?と思ってました。

今読んでいる本からその答えが得られそうな印象を受けています。

これからも俺という人間の弱さも表現しようと思うけれど、それはきっと素敵な未来の自分に近づくためのステップなんだと、今までもそう捉えようとしてきましたが、より強くそう意識して取り組んでいこうと思います。

過去の自分が、who I am なのではなくて、あくまでもwho I wasなのだと認識するようにします。

そして未来は必ず変えていくことが出来るんだと、そう信じる気持ちを持って何事にも臨んでいきたい。

あの魅力的な彼も、素敵な彼女も最初からあれだけ輝いていたわけではないはず。
なりたいと思う姿に向かって最初の一歩を踏み出しからきっと今の彼らがある。

いつもいつももうダメなのかな?と心が折れそうになってしまう時に、一筋の光が見えてきて、それは友達が一瞬だけでも自分のことを思ってくれて、メッセージをくれたり電話をしてくれたりしてすごく救われます。

色々と課題も多い俺だけど、俺のことを思ってくれる人がいる。
愛してくれる人がいるんだって思うと本当に救われる。

彼ら彼女らが俺に対してそうしてくれたように、俺も誰か苦しんだり、悩んでいる人たちに自分なりの愛を示そう。
そういう思いで世界の人たちが繋がっていけば、素晴らしい事になるよね。

まずは自分から変わろう。
誰かに愛して欲しいなら、まずは自分が誰かを愛さなければいけない。
スポンサーサイト
月別アーカイブ
カテゴリー別
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。