スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先週から今週読んだ本



対談集です。
この時期は本をものすごい勢いで出版されてた時期なのでAmazonの評価はイマイチみたいですね。
うまくいっている人のやり方を真似しろってのは有名な話で、私も今の仕事を始めた頃先輩の真似をするためにどうすればいいかを毎日考えていました。
真似をしながら自分なりのやり方に落としこんでオリジナルに昇華させていくというプロセスが大事なのではないかと思います。
真似だけでは当たり前だけど生き残れない。




前半は結構おもしろいんだけど、後半は勝間さんの価値観で書かれているんで、マイノリティの俺としてはあんま参考になりませんでした。
幸せの定義ってのは各々が決めればいいってのだけ共感。



旅館というか日本建築っていいなと最近思います。
落ち着くし、デザイン的に流行り廃れみたいのがなくて安定感があると思います。
西洋風のもてなしや演出がスポットが当たるけれど、その側面の良いところは学んでいって、旅館が持っているいい所をもっと伸ばしていくといいと思っています。

個人的には、
-何時に起きて、何時にご飯を食べるとか事前に決めさせるの辞めて欲しい
-料理の量を半分にして欲しい
-24時間温泉に入れるようにして欲しい
-チェックイン
深夜にもできるようにして欲しい

って要望があるかな。
子供の頃宿泊した旅館の記憶をベースに書いているんで今は変わっているかも。

実はこういった
要求はビジネスホテルでは標準になりつつある。
けどそれと引き換えに客は快適になるけど、従業員の人達は負担が大きくなるのかもしれないね。

日本の快適さってのは誰かの犠牲があって成立しているんだよってどこかで読んでそういう側面あるよなぁと思った。
外国じゃ土日になるとお店は閉まっていて、サービスレベルもあんま良くなくて、お金払ってもモノが届かないとか、サービスが提供されないってのが普通にある。(本当)
そこには誰かの犠牲はないけど、皆がそれなりにバランスを取れる世界がある。

どっちがいいのかはわからんけど、日本人の自殺率の高さとアジア以外の外国のそれを比較している範囲では、後者のほうが今のところバランス感覚という意味ではいいのかなと。
スポンサーサイト

スポーツ観戦をする時に準備をしておくと良いと思うもの

-食料を確保せよ
球場の食事は値段が高くてあまりおいしくない。高速道路のPAみたいなイメージ。牛丼600円とか殺人的な価格設定あり。
事前に行きつけの弁当屋さんで買って行ったり、現地で購入できそうな時は買ってから球場に向かう。
飲み物も同様にペットボトルや水筒を準備する。
持ち込みの制限がありそうな大きめの施設の時は事前に持ち込みのルールを調べてから行く。

-座布団、オペラグラスなど必要に応じて小道具を持って行くべし
座席に長時間座っていると疲れます。混雑している球場だとなおさら。疲労を緩和する工夫をちょっとするだけで変わると思う。

-駐車場を調べてから外出せよ
電車で行く場合は調べなくてもいいけど、車でいく場合は調べてから言ったほうがいい。球場に駐車場があるのかないのか。値段はいくらなのか。満車だった時どこに停めるかまで調べていくと停めにくい駐車場や料金設定が高いハズレを引くことはなくなる。

-観戦後の帰宅ルートも調べよ
ナビ任せや電車任せでもいいんだけど、特定の箇所が極端に混雑している時のヘッジ方法も模索しておくとストレスなく帰宅できる。
実際にあった話をすると、ナビ任せで最寄りの高速入口は混雑して渋滞しているけど、1個先の高速入口だと渋滞なしで入れたことがありました。
またナビは細かな裏道や地元の人が使うような慣れている人向けの道を考慮してくれないことがあるので、ナビの提案するルートがいつも正しいとは限らない。
あくまであれは最大公約数的なもので、マクロで見ると概ね効率的に移動ができるが、100%ベストなものをいつも提示しているわけじゃない。
月別アーカイブ
カテゴリー別
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。