スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近読んだ本



2002年にこの本が発行されている事に驚く。
今の日本でもようやくこういう働き方が見られるようになってきたわけだけど、米国では2002年ですでにこういったライフスタイルが確立されつつあった。
多様な生活スタイルから多様な働き方へのシフトという点で米国は進んでいると思う。
もちろん起業することを歓迎する風土、失敗しても何度も挑戦して天職や成功を勝ち取るのが当たり前というカルチャーあってのものなので日本とは一概に比較はできない。
だけど俺はそれでも米国のカルチャーにすごい憧れると同時に、自分もこの本のタイトルのようにフリーエージェントとして生きていきたい、そんな風に今考えている。
中学生ぐらいの時にこの本を読んでおきたかった。




挑戦することの大切さみたいのを書いていると思うんだけどちょっと回りくどいというか、本にして出すほどの内容か?って感じでした。
目新しいことは特になく、時間を割いてまで読む価値はあまりないと思います。



聖書に書いてあることをベースに述べているのだと思うけれど、我々日本人には信仰心というものがアングロサクソンのそれとは異なる背景があるので精神論に見えてしまいました。

総論
フリーエージェント以外はハズレかな。

ラフプラン

蛇口をひねる直前まで来てるプランなんだけど、なんか実行できていない。
でもさっきシャワーあびる直前からズバババーーっとなんか繋がって、やっぱこれやりたいんじゃないか?やりたいな!って感じで一気にブレイクスルーした感じがあるんで、今の気持ちを忘れないうちに書いておこう。

無料でサイトを作る → 実績 → それをコテに管理手数料を基本とした運用業務に繋げる
ジャンル別わけ ジャンルがなければ最初の1社が無料になる それ以外は有料
趣味のページ → 無料にする 報酬は趣味関連だったり旅行させてもらった時に泊めてもらったり 旅+ドラクエ+仕事みたいなイメージ

今までと違う所
持続可能で自分でも必要に応じてできる
最新のトレンドに対応 FB twitter 例えば小売業ではこれを活用した実績やアイディアが動いている範囲である

費用はそれなりにかかるがアップグレード代+システム代のみ それでも外注するよりは安く 何よりも自分でも取り組める、自立可能な勉強スタイルが確立できる 
パソコンが苦手な人も向きあう理由になる
デジカメやカメラなど趣味の拡張にも繋がる可能性大いにあり 
ネットショップなどの商用路線にも転向可能

目標
10社+1社と契約する。最初の1社は無料で作るので収益にならない。しかしその分野で実績が出来ればそれをテコに拡張可能。ただし取引先は選ぶ。対等に取引できない相手とは取引しない。持続可能であること超重要。

本当に皮算用だけどこれで今の年収+100万可能なアイディアです。
そしてある程度精通している人ならば着手することもそれほど難しくないが、多少実務の経験がないと難しめ+もっと高度で本業にしている組織は収益性の理由から取り組まないであろうという見通し。要するにフリーランス向きの仕事なんじゃないかって話です。
月別アーカイブ
カテゴリー別
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。