スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近読んだ本



原稿用紙5,6枚ぐらいでまとめられそうなことを無理やり本にした感じ。
海外の論文みたいに同じことを言葉を変えて何度も何度も説明していくというスタイル。
著者の経歴見たらコンサルタントやってた人らしい。
頭のいいと言われる人たちが書いた本ってどうも好きになれない。

内容は事実に基づいたデータで論ぜよみたいな、新入社員の研修で出てきそうな内容。
学生時代はこういう論理的に通ってる文章がすごい好きだったのを思い出した。

今は多少癖があっても共感力や読んでいて安心出来る文章が好き。
価値観が変わっているのかも。



1980年代からサブプライムに到るまでの格付けの歴史が描かれている作品。
格付けをすることによって誰の利益を最大化するかという哲学的なところで格付け会社による方針が変わってくることを知る。
組織も人も利害関係って難しい。

障害者の社会進出についても触れられていて軽くショックを受ける。
小学校までは公立の学校に通っていましたが、障害者のクラスというのが独立してありました。
軽度の障害の小と一緒に同じクラスで勉強していたこともある。
彼ら彼女らが今どこで何をしているのかと思うと同時に、企業がやっている障害者の受け入れの現実が切ない。

米国ではこの辺りは進んでいると思うけど、我が国においてはまだまだ一般人の理解と社会の寛容性が不足しているのだなぁと思う。
これも難しい問題だね。



泣きたくなるほど読みにくい。
外国の大学教授が書いた本を翻訳したのかと思いました。(著者は日本人)
内容は骨太なだけに自分の書き方というか、英語表現を無理やり日本語化したみたいな文章なんだけど、もったいないなぁと思った。

構成をデータはデータ、主張は主張で独立させればもっと短く出来る。
色々と自身の経験から伝えたい事がたくさんあってそれを詰め込んでいったんだろうけれど、本を書く上でそれをやるとまとまりが失われてしまう。

この本は英語を無理やり日本語にしたみたいな英語論文のような構成です。
出てくるカタカナ言葉も知らない言葉が多かった。。
ある程度のバックグラウンドというか知識がないと読めないのではないか。

俺が個人的に英語論文の考え方の何が嫌いかというと、同じことを言葉を変えて何度も何度も説明して信用度を高めるという哲学です。
日本語では大事なことは何度も同じような言葉やわかりやすくなるように配慮した上で表現を変えることが望ましいと思われているので対局に存在する言語表現だと思う。

米国の良いところと良くないところを客観的に学べるのがこの本の良い所なんだけれど、良い所だけ!って条件なら、梅田さんのウェブ進化論やらシリコンバレー精神を読んだほうがいいと思う。

学術論文や研究資料としては使えそうな本であるが、個人が教養を高めるという目的で読むのは結構キツイと感じてしまった本。



映像と一緒なら楽しめそうな本。
階級社会であるとか奴隷制度の原点が砂糖の歴史から見えてくる。

文章だけで追っていくと退屈です。
歴史の側面の教養を高めたいと思って歴史本をいくつか読んでいますが、どれもおもしろくないなぁという印象。
子供の時に読んだ歴史漫画が最強だと思います。
あれよりわかりやすくておもしろく学べる歴史本ってあるのだろうか。



スポンサーサイト

大学の語学スクールに通うと考えています

新しいことに挑戦しようと思っていて、でも新しいことって何だろう?って考え時に仕事上にそれが存在することを前提条件にしていたこと気がついた。

自分の可能性を最大化して、マイノリティとして自分を表現することが自分のGOALなわけであり、それイコールお金儲けである必要ってない。

自分の可能性を最大化出来て、新しい刺激に満ちていて、自己成長や学びに繋がることって何だろうって思ったときに、生涯学習というものが浮かびました。

そして自分の卒業大学は生涯学習を受けいれていて、卒業後に英語の勉強をすることができる。
東京電機大学に勤務している英語の先生から習うことが出来る制度があるのを思い出し、大学に電話。
制度そのものは若干の変更はあるもののまだやっているようだ。
これに参加してみようと思う。

開講場所は神田で、かつて自分がサークルと単位稼ぎのために頻繁に通っていたため土地勘もある。
出身大学の神田キャンパスはローケーションとしてはかなり良くて、ビジネスの中心地でありながら渋谷であるとか新宿にあるような新興企業特有のチャライ雰囲気がないのがすごく好きです。
質実剛健というか地に足がついた雰囲気が街にはあるように思います。
そういった場所で自分が学びたいことにフォーカスをして学べるのってすごくエキサイティングなんじゃないかって思った。

卒業して3年という節目にキャンパスに戻るのも何か感慨深いものがあるし、学生時代と違って学びたいこと、必要なことに特化して集中学習できるのがいいと思ってる。

学校という実社会や利害と切り離された空間に行くことってのは、新しい人との出会いの場としても魅力で、利害関係を抜きにしたおもしろい出会いもあるのではないかなーと思ってます。
参加者もおそらく少ないであろうと思うので大手英会話スクールよりも密な指導が期待でき、かなりパフォーマンスはいいのではないか?と思ってます。

参加頻度は月曜日から金曜日まで好きなときに参加できるので、週に2回か3回は参加できると思ってる。
自分でビジネスをやっているとこのあたりの自由度、調整が細かく出来るのが本当にいい。

授業料も格安で、卒業生は割引で受けられた記憶がある。
今は自分の稼ぎでこういったものを支払うことが出来るのもちょっと嬉しい。

何を望み、何を望まないか

周りの人達がどうなのか?を気にして行動をしてきた学生時代。
周りと異なっていることに自覚しながらも、どことなく他人と同じような安易な道を選び続けてきた。
ある日そんなレールを外れて歩いていかなければいけない状況になり、レールの外に僕は出てみた。

副作用とも呼ぶべき不安定な精神状態が続いた。
世間から乖離をしていくのを毎日感じた。

ある日目覚めたら乖離していることが自分の強みなのではないかと思えるようになっていた。

皆で協調して何かをやることがいつも嫌だった自分。
なんとなくこれをやりましょう、はいやりましょうみたいな流れにモチベーションを見いだせなかった自分。
そういった経験は実社会で生きて行くための予行演習で、ある程度必要な過程なのはわかっていた。

だけどどうしてもそれを好きになれなかった。

同時に周りと同じでなくてもいいんだよという言葉を外部から求めていた。

その言葉を得ることは出来なかったが、自分がどう思うのかにフォーカスが当たり行動に落としこんでいくアメリカの人たちを見て自分も彼らのように生きたいと思った。

僕は彼らのような生き方を望んでいるのだとある日思った。
自分で考え、行動し、その結果を受け入れる。

長い間組織に同化した生活をしていくうちに感覚が麻痺していたように思う。

例えば朝目覚めて定められた場所に移動して、決められたことをやるという流れ。
多くの人がこの事に疑問を持たずに毎日それを繰り返している。
僕もそうだった。

でも移動時間に1時間も2時間もかけるのってすごく非効率なこと。
その時間を使って余計に休むもよし、別のことに費やしていけば一年間でどれぐらいの時間が新たな可能性に投資できるのだろうって思った。

10年、20年キャリアを積んで安定的に収入を高めていくという考え。
多くの人がこれが望ましいと考え自分の立ち位置を少しでも有利にしようと行動をしている。
結果としていかに他人から評価されるかがゴールになり、そこには自分がどう思うのか?は介入しづらい状況になっている。

僕は自分がどう思うのか、どうありたいのかをゴールにして、そこに向かって行動を起こしていきたいと思った。

今の僕の行動の動機はマイノリティの人たちに道を示す事と自分の可能性を最大化する事の2つである。

組織化に融合されつつある流れから離れた立ち位置で世界と接する。
そんな生き方がなんだかとてもワクワクするというか好きだ。

こんな生活って本当にあるんだなぁって思う。
これからもずっとこの生活が続けられるかはわからないけれど、もう組織に属すような生活はやりたくない。

結婚をしてもパートナーにも同じような価値観やライフスタイルを求めていくと思う。
事業が2つか3つぐらいあって夫婦が独立してそれに取り組んでいるような状況を想定している。

それで生活の拠点も必要に応じて次々と変えていくというか、ひとつの場所に固執しないでいたい。

例えば子育てするのにちょっとローカルのほうがいいって言うのなら子供がある程度大きくなるまでそこで生活すればいいと思う。
大きくなってきたら子供も社会との接点や学びの機会を最大化するために大都会に移動をすればいい。
さらに多様性を求めるのならば海の外で生活するのもアリだろう。

今は海の外=非快適と思っていてなかなか行動が伴わないけれど、そうする必要があるならやらなければいけないと思ってる。

僕が今求めていること、快適だと思っていること。
大都会の刺激と多様性。

僕が手放した物。
郷土であったり、色々な方面の仲間や友達。
孤独という代償を僕は支払ったよ。

結果として得た物。
これが自分だと思えるライフスタイル。

僕が望まないこと。
貧困。田舎。閉塞感。協調。同調。

僕の行動の源。
コンプレックス。
他の人と同じようにやれなかった悔しさや、見返してやりたいというコンプレックスが行動の源泉。
”現実的”なことを選んだ人たちが決して得られない物、見られない世界に辿り着きたいし、やりとげてやる!という思いが強いように思う。

諦めたくない。もがいていたい。
まだまだこんなものじゃないはずだ!と思う。

と同時にピークも感じている。
新しい要素が必要だと感じている。
それは何?まだ見えてこない。

最近読んだ本 まとめて紹介



しょっぱなから凄まじいタイトルの本ですw
素人にはおすすめできない本です。
他人と付き合うのが苦手な人、人付き合いがしんどくて仕方がない人向けに著者の経験をベースに書かれている。
マイノリティのための本なので、人との出会いが生き甲斐!みたいな人が読むと気分を悪くすると思います。
そういう意味で素人にはおすすめできない本です。

俺個人は他人との付き合いが超苦手だし、しんどい人なので、ああ俺と同じような考えを持っている人が世の中にはいるのだなぁーと感じながら読み進めました。

孤独を受け入れて楽しむ生き方というのもありだと思ってます。
孤独であることを悲しむよりも、建設的に孤独と付き合ったほうがいいと思います。



ダメ本。
翻訳本かと思ったら、訳者のハイブロー武蔵とか言う人の感想とか、彼が書いた他の本からの引用がしょっちゅう出てきて、どこまでがオリジナルでどこまでが彼の見解なのかわからず混乱する。
この本は読まないほうがいいでしょう。
やり抜く力みたいのを説いているのだと思うのですが、本の構成がダメすぎる。



これもイマイチ。
書いてあることには賛成なんだが、著者の言うところの”自分に不利なことも含めてオープンにしていく”というのを著者自身が実践出来ていないので、地に足がついていない印象を受けてしまう。
この著者は会社をIPOしたと経歴に書いてあるが、その会社名が公開されていないのがまず不満なのと、卒業大学やら新卒で入社して実績を上げたという会社の名前も掲載されていない。
情報を外部にオープンしようと本では説いているのに書いている本人がちっとも情報オープンじゃない。
別に三流大学でもブラック企業勤務でもいいと思う。

逆に公開しないと、たまたま時流に乗ってうまくいっただけの人で、IPOした会社も今は上場廃止になったり、経営コンサルタントが独立して立ち上げたような天井まで公開直後に株価が上がってその後は右肩下がりの会社なんじゃないか?と勘ぐりたくなってしまいます。

この本を読むならば以前読んだ、



この本のほうがいい。
これは押し付け感が少なく、地に足がついた内容で安心して読み進められます。



この本はキリスト教の考え方が全面に出ているので我々日本人にはちょっと理解が難しいように思います。
使っている表現も難しめで、なんでこんなに難しく書くのだろう?と感じました。
翻訳が悪いのではなくて原本とそれが発行された国の文化が我が国にはあまりマッチングしないのではないか?ということです。

特段悪い内容ではないのだが、この本を読むならシークレットの本とDVDを何度も読み返したほうが即効性もあるし、実戦に伴う理解も深まるのでいいと思う。





空売り屋で出てきた主人公が今作でも再登場。
過去の作品との繋がりを出すのはおもしろい展開。
この主人公は別の作品の排出権商人でも出てきます。

今作のリストラ屋というのは、人事部ではなくて、ターンアラウンドマネージャーを指します。
日産のゴーンさんのような人です。

ゴーンさんはリストラや組織の合理化をして会社の業績と株価を回復させましたが、短い期間の契約で短期的に無理やり株価を上げて、自分はストック・オプションと高額報酬だけかっさらってあとはさいならーみたいなことをする人をリストラ屋とこの本では定義しています。

そういう意味でリストラ屋は卑しい仕事に従事している人と描かれ、弱者のために戦ってきた空売り屋の主人公が正義サイドとして描かれます。
実際にヘッジファンドの中には収益の何割かを慈善事業に寄付をする会社もあるので、空売り屋(ヘッジファンド)が悪いとは俺も思いません。

俺自身もそれに近い仕事のスタイルを目指しているというのもあり、また黒木さんの作品は読みやすいので最後までサクサク読めました。

値段も安いので結構おすすめ。

シャドウハーツ2をクリアした

オリジナルが発売されから7年越しでクリアしたことになる。
ちょくちょく進めて途中でやめたり、バグ修正版が出てそっちでやり直していたりでクリアまでに時間がかかった。

クリア時間34時間ぐらい
クリアパーティ平均レベル50
メンバー:ウル、ヨアヒム、カレン、蔵人

クリアレベルとしては低めだが、戦略を練ればこれぐらいでも倒せる。

やり方
前提条件
第五の鍵が2つ以上あること前提。
ウルのリングを攻撃回数1に設定。
ヒットエリア拡張をウルに全部使う。

ヨアヒムを変身させておくとなお楽に勝てる。

ステータス異常防止アイテムを装備させておく。
リング回転速度50%アイテムを装備させておく。

カレン と ヨアヒムに、全体守備力強化魔法、全体回復魔法、全体攻撃力強化魔法を装備させておく。

-

攻略方法


ラスボス戦闘開始後、鏡と玉をまず倒します。
ウル以外は攻撃か、補助系魔法で攻撃力と守備力を高めておく。

ウルのターンになったら第五の鍵を使って、鏡と玉を狙う。
全てヒットエリア拡張部分にヒットさせれば1ターンの攻撃で倒せると思う。

合間に来る連携は、守備で守るを選ぶことでダメージを大幅に減らせる。
どの順番で敵のターンが来るのかをよく見たほうがいい。

鏡と玉を第五の鍵で駆除できたら、半分終ったようなものです。
剣は倒さなくてもいい。
剣まで駆除すると本体が全体攻撃ばかり使ってくるので相手の攻撃パターンを読みにくくなる。
剣を残しておくと連携が来るときはわかるので、防御→守るで対策可能。

戦闘中のダメージが400ぐらいを全体が食らったら、全体回復魔法を使って早めに回復させておく。
なるべく死なせないようにしたほうがロスは少ないのでアイテムも回復力が大きい物を惜しみなく使うと良い。

ラスボスのHPは1万ぐらいあるので結構長期戦だが、玉と鏡を駆除出来ればあとは作業的な流れで倒せる。
味方の体力とSPにだけ注意してればまず負けないはず。
MPは回復と補助系魔法しか使わないので不足することはない。

-

こんな感じで4回ぐらいやり直しましたが戦略練ってやったら勝てました。

ストーリーは途切れてプレイしていたので忘れているところもあるんだが、1と2が最後でしっかりと繋がった感じ。
このゲームはマイナーだがFFXと並ぶぐらいよく出来ているゲームだと思う。
難易度も殺人的ではなくてちゃんと抜け穴がある。

レベル上げもやらなくても最後までさっくり進めてクリアできるんで社会人でも楽しめると思う。
働くようになってからレベル上げを要求されるRPGは敬遠するようになった。レベル上げするぐらいなら改造ツール使うという安易な考えにシフトしてしまった。(レベル上げ回避が目的ならば、経験値2倍とか3倍ぐらいでやるとゲームバランスを維持できる。)
これは昔とは変わったところかな。

昔はレベル上げが要求されるゲームでもおもしろければ最後まで何度も挑戦したが、今はゲームにそこまで時間と労力を注げなくなってしまった。
クリア時間も50時間を超えるようなゲームはちょっとしんどくなってきていて、シャドウハーツのように30時間前後でクリアできるものがバランスが良く感じるようになった。

ずっとこのシャドウハーツ2は最後までやろうと思っていたのでクリアできて達成感を今感じている。
次はドラクエ8かペルソナ4,それかPSPのペルソナ2をやろうと思ってる。




最近読んだ本

まとめて紹介。
定期的に感想を書いていかないと読んだことも忘れてしまいますね。




今更感があるが読んでみた。
無料という入り口からどうやって収益化していくか、豊富な事例と併せて紹介される。
翻訳は上手だけれどやっぱり回りくどい。
最後の要約から読んで深く理解した部分を個別に読むというスタイルがこの本を読むコツだと思った。

内容には満足で仕事にも活かせそう。
以前読んだユーマネーという日本人が書いた本があるがそちらと併読するのがおすすめ。
読みやすさはユーマネーのほうが勝が、理解を深める上で併読するといいと思う。





黒木さんの作品。
製鉄会社の一部門として設立された排出権取引に従事する人たちのドラマ。
新興国特有のバブリーなビジネスやそれに付随する成金達、委員会の覇権争いなどマニアックな所も描かれていておもしろい。
空売りファンドなんかも出てくる。

上下巻構成ではなく1冊で完結するのですぐに読み終わる。
文章も読みやすく3,4時間ほどで読み終えた。





この本は読む前は軽い感じの内容かと思っていたのだが、地に足がついた良書だった。
なぜ身だしなみを整えなければいけないのか? なぜ掃除をしなければいけないのか? というのを理解することが出来る。

仕事をしていても、街を歩いていても身なりが汚い人、それから友人の部屋でも汚い部屋、片付いている部屋と色々ある。
それと運気がどのような関連を持つのかをしっかりと示して、どのように身の回りを整えていくステップに入るかまでを指南している。

俺は普段は掃除はあまりやらないで汚れてきたら一気に片付けるタイプだったのだけれど、その頻度をもう少し高めようと思う。
あとは身だしなみにもっと気を使おうと思う。

仕事が限定的で他人に会う必要がない時は、ヒゲを伸ばしっぱなしだったり、風呂にも入ってないことがあるので、それを改める。

子供の頃は親や学校の先生からやれ!と言われてこれらのことはやってきていたが、なぜやらなければいけないのか符に落とせないと行動できない自分には苦痛だった。

掃除をするのが嫌なのではない。風呂にはいるのが嫌なのではない。
なぜそれをやらなければいけないのかを5分でいいのでしっかりと一度でも説明して欲しかった。

この本に書かれていることは即効性があるし、押し付けがましくないので安心して読めるのがいい。
こういったことを学校や家庭でも教えればいいのになぁと思った。

永遠の旅行者

生活の拠点を偏らせすぎると思考に歪みが生まれるみたいな記事をネットで見てて、そうだよなぁと思った。

ひとつの場所しか知らないということはその場所についてのエキスパートにはなれるかもしれないけれど、良くも悪くも偏りすぎる。

ひとつの国しか知らないってことは、自分たちの世界や価値観、常識に偏りや歪みが生まれてしまうと思う。

それをヘッジするには留学もそうだし、日本以外の拠点を持つこと、世界各国を移動し続けて特定の国に属している状況そのものから離れてしまうことが対応策として有効かと思う。

もっとライトな対抗策としては旅行や仕事なら出張、カフェで仕事してみる、貸し会議室使ってみる、異業種交流会に参加してみる、見本市に行ってみる(出店してみる)、セミナーに参加する などなど。

旅行はかなり多くの人が経験したことがあると思うので、一つの地域しか全く知らないという人はまずいないと思う。
旅行するたびに俺は自分の住んでいるところがやっぱりいいなぁと思うんだけど、何かしらの新しい発見や楽しさ、喜びがあった。

それを日本に戻ってきてどう繋げていくか?に落としこんでいくことだと思う。

以前も永遠の旅行者については考えたことがあって、やりたいこととして列挙していたようにも思うが、自分は日本の良さや都会の効率性の高さを基調にしながらも、活動拠点を複数持つ、流動的かつ柔軟的なライフスタイルを手に入れたいと考えるようになった。

より具体的に永遠の旅行者としてどうやって生きていくかを考え続けてちょっとだけ具体性が前に進んだ感じ。

これから考えていくのはどの国や地域に拠点を置いて、何をしていくか、あるいは誰とそれをやるのか?

今はひとりで出来ることに重きを置いているけれど、ゴールだとは思っていない。

自分の能力と可能性を最大化し続けるためにも柔軟に考え続けていきたい。

生活スタイルをちょっと変えてみようと思う

この半年から1年ぐらいはとにかくゆっくりやること、あくせくやらないことでリラックスしながら結果を出すことにこだわってやっていた。

そのやり方も楽しいし、今後もそれでもいいのだが多少自分を追い込むというか、もう少し集中して一気に物事に取り組むというスタイルもやってみてもいいかなと考えるようになった。

具体的に次のような感じでちょっとやってみようと思う。

-今までの仕事量+1
-アウトソース利用頻度をピーク時に近づける
-1シーズンに1回は出張

実質的に自宅周辺から遠出して仕事モードになるのは週に今までは2回程度だった。
この頻度を少し上げて週3外での仕事をやってみようと思う。

この所、量から質へのシフトに比重を置いていてそれはそれで満足感はあるんだが、自分一人でやることの限界、効率性に疑問を感じるようになってきた。
アウトソース出来ることはアウトソースして資金回転率と自分の中の時間効率を高めたい。
自分がやらなくてもいいことはやらない。

正直便利な場所で、仕事があって娯楽もあってってやってると現状に満足してしまいがち。
良い意味でのプレッシャーがないと前に進む力が出ない。
自宅から300キロ、500キロと離れた場所で本気モードで仕事に取り組んでいるときに感じる楽しさと緊張感。
それが自分を成長させるような気がしている。
ただこの方法もいずれやり尽くしてしまうわけで、どこまでいっても現状の拡張でしかないんだよなぁ。

-今取り組んでいることの先を考え始める

ここ1週間ぐらいで漠然と感じ始めたこと。
そろそろまた新しい別のことをやってみたいと思うようになった。
今の仕事に関しては時代の節目というか、自分の中の役割みたいのは果たせた感がある。
別の分野で歪みの解消に尽力してみたい。

7月から9月の間のお知らせ

今月頭から再び一人暮らしになり、9月頭ぐらいまで続きます。
前回の4月から6月の間に募集した感じで遊びに来られる方いらっしゃれば募集します。

直近だと8月14日の東京湾花火大会ですね。
場所取りだの、人が動けないような会場(危ない!)での鑑賞とは無縁で楽しめます。
食べ物、飲み物など来る人いれば用意しておきますのでよろしくどうぞ。

当日は電車の規制などあるので、ピークが過ぎるまで混雑をヘッジしたほうがいいと思っています。
夜遅くてもいいなら車出しますよ。

また14日来れないという方、もう一発チャンスがありまして隅田川花火大会というのがあります。
こちらの開催日時は8月27日(土)です。
これは我が家からは見えないので出掛けることになるんですが、比較的穴場と思える地元の人が鑑賞に使う場所がありますのでそこで楽しみたいと考えております。
花火が上げられる場所近郊よりは混雑はしないはずです。

こちらも上記同様、要望あれば準備しておきます。
月別アーカイブ
カテゴリー別
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。