スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近感じたこといくつか

忍耐と我慢の違い

やりたいことをやれと言うとそれは欺瞞だみたいな風潮がこの国にはあるような気がする。
まずは言われたことを全力でやれという指摘もそれなりに的を得ていると思うが、ロングタームグリードを発揮して、自身のありたい姿を追求するために忍耐を発揮するのが良いと俺は思う。
自身の在りたい姿が目の前で取り組んでいることの先に見えないのはただの我慢であり、報われる可能性が低い努力なのだと思う。

若くして華やかな世界に身を置く代償

AKBのランク付けだとか、後藤真希さんの引退だとかを見るに、外からみると物凄く華やかに見える世界だが、当事者たちはそれなりの犠牲を払っている。
嫉妬を受けることはもちろんのこと、親兄弟姉妹の不幸であったり、外面的な自分への評価はあっても内面的な評価をしてくれる人がいない孤独などなど。
神経を図太くでもしない限りとてもやっていられないと思う。
俺は今までこういった世界には軽蔑のような眼差しを向けていたが最近その態度を改めようと思った。
彼ら彼女らがやっていることって普通の人にはできないスゴイこと。
人々に夢や希望を与える人は評価されてもっと賞賛されたほうがいいと思うようになった。

万置きという造語

仕事上で接点があったお客さんが使っていた言葉をたまたま検索してみたら造語として成立しているようだ。
万引きは店頭から商品を盗む行為を指すが、万置きは逆で商品になりえるものをその店の棚に勝手に置いてくる行為を指す。

ゾーンという言葉

投資関連の言葉と思っていたのだがスポーツの世界でも使われるらしい。
勝負の世界で自分が自然体で良い結果を出せる心理状況、集中下のことを指します。
俺も意識的にはできないけれどたまにゾーンに入ることがあります。

新幹線

3年ぶりぐらいに新幹線に乗りました。
東京から名古屋まで100分で到着してびっくり。
時速200キロとかで走ると確かに理論的にはそれぐらいの速度で到達するんですよね。
東京を出ると品川、新横浜と停車して、その次が名古屋です。
静岡県では一駅も停車しません。
新横浜から名古屋までの間を渋滞もなく、車のように車間距離や乱高下の大きい傾斜、急カーブもなしに移動できるため非常に効率的な移動が可能になっているんだと思います。

羽田から飛行機で名古屋に行くという選択肢もあろうかと思いますが、搭乗前の準備などを考えると東京駅から新幹線で行ったほうが楽なように思います。
車内はハイブリッドカーのように移動中でも静かで揺れもほとんど感じません。

出発前に時間帯次第では弁当やら飲み物を駅の近くの専門店で用意しておくといいと思います。
駅構内の弁当はあまりおいしくないし、値段が割高です。

クロノクロス

毎度毎度懐古主義者で申し訳ないと思うのだがyoutubeで動画見てたらまたやりたくなってきた。
今のゲームもそうなのかもしれませんが、この年代のゲームに出てくるセリフはとても哲学的で考えさせられます。
リアルタイムでやっていたのは高校生とかの時で、姿形は大人に近くなっていてもやはり子供なわけでよくわからずにやっていました。

大学のサークルでこのゲームを後輩に紹介したときに反応がイマイチだったのですが、もしかしたら大人のゲームなのかもしれません。
PS1のゲームなでPS3でも遊べ、値段も安いのでいいと思います。
サントラも秀逸。民族音楽が好きな人はかなり気にいるのではないでしょうか。







今の自分はなぜ存在しうるか

自分の親族を尊敬できそうにないような環境の人がいる。
親が酒乱だったり、博打打ちだったり、麻薬中毒者だったりしてまともな環境を与えられずに育ってしまった人がいる。

そういう人は犠牲者だと思う。
傲慢な言い方だけど本当にそう。

生まれた環境、育った環境、それらを理由にして自分の境遇を嘆いてはいけないと言われる。
無論、行動が伴わない不平不満は律するべきであろう。
しかし不可抗力としての境遇に関しては俺はどうにもならないのかなぁと時々思う。

キャリア志向という価値観と無縁の世界で生きてきた人に、仕事を通じて成長しようよ!とか言ってもまず響かないと思う。
教育に懐疑的な人に適切な経験と教育を施せば人を変えることが出来ると論しても響かないであろう。

それでも今の自分がいるのはそういった負の側面も含めた犠牲の上の成立だと俺は考える。

他人の痛みを理解することの出来る人はきっと自分も痛みを経験したことがある人なのだと思う。
誰かを愛すことが出来る人は誰かに愛されたことが事があるはずだ。
今の日本が快適なのは偉大な先人が莫大な犠牲を払い続けてきたからだ。
俺が今の生活を続けられるのは両親やステークホルダーの人たちが犠牲を払って協力してくれたからだ。

俺は人生における負の側面は悪いことばかりじゃないって思ってる。
痛みや屈辱を知るからこそ、その現状を変えたいという思いが生まれ、それが行動に繋がるのだと信じている。
スポンサーサイト

日本の田舎と海外の田舎の違い

なんか最近つくづく俺は日本の田舎が好きになれそうにないと思うようになった。
引退して田舎でゆっくりと暮らすみたいなことを聞くが正気か?って思う。
冒頭からネガティブで恐縮だがその辺りのことを考えていたら記事にしたくなった。

そいで俺が行った米国の田舎町と、日本の田舎町の違いなんかをちょっと今日は考えてみたい。

日本の田舎町の定義は、関東圏でもベットタウンみたいなところで何もありませんって所も田舎って定義します。
変化や流動性に乏しく、よくも悪くものどかな場所って呼ばれるようなところ。

俺が見てきた日本の田舎
-いい人が多い。根っからの悪人みたいな人は少ない。
-コミュニティのイベントへの参加を促される。それに対して断るという選択肢が用意されていないケースが多い。
-隣人との距離がよくも悪くも近い。監視しているような人がいる。
-他人の事情に干渉してくる人がいる。それを正義だと思っているのでちょっとタチが良くない。
-話題に多様性が乏しいように自分は感じた。他人の噂話、誰が何でいくら儲けた、どんな車にのっている、子供がどこの大学に行った、誰がどの女と寝たとかお下品な話が多い気がする。
-時間の流れがゆっくりで静か。
-タバコ人口が多い気がする。
-娯楽が物理的に少ない。コモディ化してるような娯楽しかないのでマイノリティには結構キツイ。
-上昇志向が強い人は都会に出ていってしまうので、結果として上昇志向が強くない人が残りやすい。
-実は物価が高い。
-治安が良くない。
-水が美味しい。空気がきれい。

俺が見た海外の田舎町
-娯楽は日本以上にない。大学のキャンパスとかそうなんだが勉強以外にやること皆無。それが良かったりするわけだが、本当に娯楽ありません。自然が豊富なところだと、ロッククライミング、自転車、冬はスキーみたいのが出来ます。そういった娯楽を楽しむための道具類も売ってます。俺は自転車が好きなんで米国の自転車専用道路が標準で公園に用意されているのはかなり感動した覚えがある。
-物価は普通。大量消費大量生産社会が浸透。日本よりは高いように俺が行ったときは感じた。
-治安は格差が激しく、家賃で決まる。スラム街ってのが本当にある。日本にもスラムっぽい所が都会や田舎に関係なくあるがそういうのとはちょっと次元が違う。立ち入るのがシリアスに危険な感じ。
-田舎だから不利という側面が日本と比べると少ないように思う。田舎だから仕事がないとか、多少はそういう傾向があるけれど仕事の選択肢も多くて転職も当たり前。流動性が田舎でもちゃんとある。
-コミュニティへの参加をしたければすればいいし、嫌ならばしなくてもいい。選べる。
-隣人との距離をきちんと調整できる。親しくしたければ家に招いて食事を一緒にする。

海外の田舎町ってのはまあ米国なんで他の国よりも多様性があるのは当たり前かも。
あの国は移民の国で外国人であることを許さないという特殊な風土があります。
街を歩いていても今何時?とか現地人じゃない俺でも平気で聞かれます。
図書館はどこだ?と車を止めて聞かれたことあります。ごめんわからないって答えたけれどあれにはびびった。アジア人である俺を地元人として他のアメリカ人と完全に同等に捉えている。それは嬉しくもあり、戸惑いもある。

こういった印象を持った上で海外の都会ってどんな所かってのを論じられるといいんだが、海外の都会って行ったことないんだよなぁ。
あえていうならシンガポールとか香港か。
ただ子供の時の話で10年以上前だから今とだいぶ事情も違うだろう。
夜のネオンがやたら綺麗だったことぐらいしか記憶がないw

日本の都会に限っていうと、これは関東だけの話じゃないんだがアメリカの田舎町のいい所プラスαで多様性は日本は単一民族なんで負けるけれどそれ以外はかなりいい感じだと思う。

来る前に思っていた、物価が高くて治安が悪いってイメージは住んでみて180度転換した。
高い店もあるがどこの店がどういった商品に強いとか特徴が分かってくると田舎よりも安い物価水準で生活が出来る。

治安も田舎にいたときは自転車が盗まれたり自家用車にへんないたずらをされたりってことが何度もあったが、東京に越してきてからそういうの一度もない。
隣町の地元よりかは治安レベルがやや落ちるところに自転車を置き忘れたときに翌日に取りに行ったらパンクしてたってことがあったがそれぐらい。

人付き合いは田舎特有の密度の高い付き合いがどうしてもダメだった俺からすると都会の人付き合いはかなり安心感がある。
大学に行ったことのある人は気の合う仲間と付き合う時間が増えていくのを実感したと思いますが、大学以降のコミュニティみたいな感じです。
好きな人と付き合って苦手な人とは無理に付き合わなくてもいい。選べる自由があります。

話題も嫌いな人に無理に合わせてわかりやすい話題(他人の噂話やら、テレビの話とか)みたいのをしなくていいんでかなり気が楽。
政治の話したければ政治の話するし、歴史の話をしたければ歴史の話をする。
もちろん自分や話し相手が望めば他人の噂話ってもやるんだが、田舎のネチネチした噂話とはちょっと違う。
「この間会ったときは相変わらずトレーニングに打ち込んでいるみたいだったよ。」「へーあいつ相変わらず向上心高いんだなぁ俺も負けてられんなー。」みたいな前向きな噂話が多い気がする。

個々人の中には都会的なセンスみたいのがあるのかなぁと思っていて、それは田舎に住んでいてもそれを兼ね備えている人とそうでない人に分類されるのではないかと感じてます。
これは結構都合のいい解釈だけど、俺は都会的なセンスに惹かれるところがあって、もちろんそれはコンプレックスもあるんだろうけれどすごい好き。

もちろん都会にはいい人もいれば悪い人もたくさんいるわけで、都会の良くないところに疲れて田舎に戻って行く人もいるのも事実。
俺は都会的センスを持っている人といい感じに少数ながらも付き合えて、彼らとの付き合いがすごい心地良く思えたのでこれからも都会で生きていきたいと思ってる。

今の仕事にしても田舎にいたら多分やってないと思う。
周りから何をやっているかよくわからんあやしい人みたいな監視がついて田舎だとすごいやりにくかったと思うんだ。

田舎だと既存の価値観みたいのは絶対的で新しい価値観は認められにくいし、脅威的にさえ扱われるのではないか。
これは田舎をかなりネガティブに捉えているけれど大げさではないと思ってる。異質に対する寛容さ、遊びの要素がとにかく田舎は低すぎると思う。
(だからすぐに過疎るし、特定の産業や業種に依存をする流れみたいのができてしまうのだと俺は思うな。)

都会だと新しいことや珍しいことに対する抵抗は少なくて、そもそもよくも悪くも自分の打ち込んでいることに全力投球みたいな人が多いんで他人が何をやっているかにまで干渉するほど暇な人もいない。
なので各々がやりたいことに全力で取り組めるし、そのことに対してゴチャゴチャ言ってきてやりづらいってのがない。少なくとも俺はそう感じてる。

経済的な事情で地元がたまたま田舎でそこに留まらざるをえないって人もいると思う。
あらゆるつてを使って都会に一度出てみて生活してみたら救われた!って人もたくさんいると思う。
俺はそう。
都会で生きる喜び、自然体で付き合える人と出会うことができた。

田舎で生きながらにしてぬるま湯でじわじわと煮こまれて緩やかな下落曲線を描くよりも、都会の可能性と多様性に賭けてみるのはどうだろう。
なんか田舎をボロクソに書いてしまっているが、もちろんいい所もあると思っています。
俺自身が田舎出身、田舎育ちなんで両方見て経験した上で話しています。

俺が言いたいのはなんか仕事はないわ、娯楽はないわ、多様性はないわでしんどい思いしているんだったら都会に出てきたら?って提案なんです。
それで都会もだめったら地元に帰ればいいじゃないかと。
田舎だけしか知らないで死んでいく人生よりも都会も知った上でどちらかを自分の趣向にあわせて選んでやったほうが結局のところHAPPYになれるんじゃないかって思う。

心境、価値観の変化

ここ10年ほどずっと思っていたのは、他人との距離というものを常に置いていたいというものであった。
しかし最近になって他人との距離をもう少し器用に調整していたいと思うようになった。

一人でいることと、それを続けていくことは別問題なのではないかと思うようになってきた。
一人で仕事して、一人で成果出して、自分で自分を評価してってそれはそれでいいのだが、喜びを分かち合うみたいな関係も欲しいと思ってきた。

それ=組織を作るということではないと思ってる。
他人の人生を背負うには器不足だし、そんな大それたビジネスモデルを構築できる自信も今はない。

また仕事=唯一絶対のゴールではないと思っている。
対象がなんであれ自分が飾らずに自然体で振る舞える集合体のようなものがあればいいなぁと今は感じている。

家族というものの存在、肉親に対する安心感、信頼感というのをここ最近感じる。
周りの人には申し訳ないが、僕はやっぱり他人をあまり信頼できない人間なので。
周りの人にも良い影響を与えられる人でもいたいと思うけれど、最優先すべきは唯一絶対的なパートナーだと考えている。

ただの仲良しクラブではなくて良い意味での緊張感のある友人の存在が大切に思えてきた。
そしてそれを家族に対しても一定レベルで求めながらも絶対的な信頼で結ばれる関係、絶対的な安心感を得られるパートナーを今は求めつつある。

直近の目標
月一回程度でいいので利害関係者以外の友人と呼べる人との交流を持ち続けたい。

ロングタームの目標
人生のパートナーを見つける。
究極のリスクヘッジと呼べる相手を見つける。

自分への褒美を考えてみる

仕事の先輩に「俺欲しい物がないんです」って言ったら「欲しい物があったほうが頑張れるのではないか」といった趣旨のことを言われた事がある。

以前から書いているが俺はモノへの執着心があまり強くない。
そんな自分だが前に進むことを前提にしたモチベーションの維持ないし向上のために自分への褒美というのを考えてみようと思った。

これは実は今取り組んでいる事の成果が出たらその収益で購入しようと紙に書いていることでもあるんだけど、せっかくなので公表してしまって自分への良い意味でのプレッシャーを与えようと思う。





今一番欲しいモノ、それは電子書籍リーダー。
普段はMac使いなので一番自然にこいつに目が行ってしまう。

本を持ち歩いたり保管するのってかさばるけれど、電子書籍化してしまえば数百冊だって持ち歩けるわけでそれってすごいよなぁって思う。
電源さえ確保できれば長時間の読書も大丈夫だし、バックライトが搭載されているから暗い場所でも文字が読めるよね。
さらには拡大や縮小も自在なわけで、紙の本よりも文字を読みやすいのでは?と思ってます。

必ずしもiPadである必要はないが、現時点で電子書籍リーダーとして欲しい。





車のスピーカー。
今使っているものも標準搭載のものから変更していて、同じケンウッドのもので音はまあまあいいです。
俺が乗っている車はプリウスの2台目(中古車)なんだけど、ツイーターが搭載できるスペースが最初から確保されているんだよね。

今はそのツイーター部分には最初からついてるスピーカーが入っていると思うんだけど、これをもうちょっといいものにして高音部の強化を行いたい。
今のスピーカーでも全音域を概ねカバーできるが、2万円程度でハイエンドモデルを手にできるのでいいかなぁと思いました。

近所使いならそこまでいいスピーカーがなくてもいいんだけど、長距離移動をするといい音で音楽を聞いていたいなぁと思う。
なのでスピーカーを今よりもワングレード上のツイーターがついているこのモデルにしたい。

このスピーカーはプリウスをサポートしていて純正ツイーターがついている部分にそのまま移植できるらしい。
インテリアを崩すことなくグレードアップできる点も気に入りました。
(普通はダッシュボードの辺に無理やり取り付けることになる)

第三世代プリウス ZVW30

スクリーンショット(2011-06-18 1.27.26)

これは上の2つよりロングタームで手に入れたいモノ。
今の車は消耗品や保守部品が手に入る前提で考えるとあと10年とか乗れてしまうんで、下手すると2020年とかまでこの車種にシフトしないかもしれない。

第三世代は俺の運転レベルでもおそらく燃費リッターあたり20キロ超えが普通に出ると思うので憧れがある。
さらには第二世代でちょっと不便を感じるワイパーとパーキングボタンの物理的な距離の確保、収納能力の強化など使っていく上での改善も多い。

買う時は中古でまた探すことになるんだろうけれど、今から5年後に買い換えると仮定してもその頃には次のモデルが出ていて割安になっているという見通しです。
日本で一番売れている車ってことで流動性も申し分なく中古車も見つけやすい特徴がある。



LED照明。
点灯するまでの時間が速いのと電球の交換頻度が少ないのが良い。
一人暮らしの高齢者だと電球の交換ができなくて困ることも多いらしいが、そんな人にはLED照明はかなりおすすめできるのではないかと思う。

自宅兼オフィスみたいなことやっていると電球切れるのも速い。
実用性重視で使うから昼間でもガンガン使うしね。
そうすると3ヶ月とか4ヶ月おきぐらいには交換が必要になってきてこれが結構面倒。
サイズってどこで見るんだっけなとか、どこの店で買おうかなとか、3ヶ月って長いようで短いんでその度に買い物ついでに探していったりしているわけでこの頻度を下げたいと思っていた。

値段がまだ高いよねって話もあるんだろうけれど、値段よりも時間を削減したい思いが強いんでこれは短期的に手に入れたいと考えている。
電気代も必然的に安くなるよね。





テレビは見ないと決めれば何ヶ月でも平気といえば平気なんだが、ドキュメンタリー番組がおもしろくて夜の9時とか深夜にやっているのをよく見ています。
でも眠たくて最後まで起きてられないって時もあるんでそういう時に録画しておければ便利かなぁと思ったりもする。
なくてもいいんだが、あるとちょっとだけ便利ってやつだね。
これは優先度が低いし、BSデジタルが録画できればなんでもいい。






これはすでに充分安くなったね。
レンタルショップでブルーレイコーナーをちらほらみるようになって、ブルーレイをレンタルして再生してみたいなぁとたまに思ったりする。
ゲームの方はやりたいと思えるモノが今のところないので特段思い入れはない。


BlackBerry

スクリーンショット(2011-06-18 1.51.05)

これは今すぐ買ってもいいんだけど、機種変更でやるとおサイフケータイが使えなくなるんで躊躇している。
俺はスマートフォンに関しては、ハードウェアキーボード必須と考えていて、加えてマウスの代替になる物、タッチパネルではなくて小回りが効くマウスの存在が重要と考えています。

なので必然的に売れ筋のアンドロイドやiPhoneは対象外になってしまって困ってる。
ソフトウェアキーボードやタッチパネルが時代の流れなのは理解できるんだが、PCやMacでの操作を基本にしている自分としてはハードウェアキーボード+マウスの組み合わせが一番しっくり来る。

今使っているソフトバンクの携帯をナンバーポータビリティ制度を使って乗り換えるのが現実的かなと思う。
それでメインで使っているFOMA携帯と並列して使ってやることでガラケーのいい所と海外スマートフォンのいい所の両面を活かした携帯ライフが送れるかと思ってる。

ただこれをやると維持費が軽く1万円を超えるんで躊躇してる。
今のソフトバンクの端末はメールもネット機能もオフにしているんで維持費が千円も行かないことがほとんどなんで助かってる。
FOMA端末のほうをパケット通信専用にしているのでこっちが上限まで使って6千円ぐらい。
2つ併せてもまあまあ平均的な利用料金になっている。

本業の収益性を今よりも強化して、携帯電話の部分を経費にして節税対策ってことにしようかと目論んでいるがなかなか踏み出せない。。。

オーダーメイドスーツ

スクリーンショット(2011-06-18 1.59.37)

画像はアットメンズさんからお借りしました。
オーダーするときはここで作りたいと憧れている。。。

会社だと先輩よりいいスーツ着たらあかんとか面倒な側面もあるみたいだけど、経営者にはそんな縛りはなくて好きな服を着ることが出来る。
とかいいつつ普段来てる服はユニクロなんだけどね。。。

この年になると結婚をしだす人が周りにふえてきて、結婚式に来ていく服がないもんでオーダーを一度やっておくといいかなーと思ったりする。
今正装として使えそうなのは新卒の面接のために買ったスーツだけどさすがに3年とか経つとデザイン的には古さを感じてしまうだろうね。
2万円ぐらいの学生にしてはまあまあいいスーツを当時は買ったわけだけど結局ほとんど着なかったなぁ。

オーダーは10万円ぐらいから行けて、生地もゼニアっていう普通に買ったらとてもお高いブランドを自分で選んで作ってもらうことが出来る。

新卒の時もオーダーで面接勝負してやろうと思ったんだが、生意気って思われそうだったんで一般的なメーカー品で妥協した思いがある。
形から入るミーハーなんでスーツもオーダーじゃなきゃだめだとか本気で思ってたんだよなー。
オーダー着て新卒で出社したらシリアスにいじめとか受けそうだw





これもなくてもいいんだけど、あると便利かなーと思うもの。
このコンセプトで電波時計にしてくれると時間調整しなくて済むので助かるのだが、そういった製品はないのだろうか。

追記



出張の時はMacBookを持っていくのだけれどちょっと重たいのとかさばる。
これは軽くてサイズもコンパクトなのでいいと思ってる。
ネットブックPCでもいいんだけど画面はある程度あったほうが目が疲れないのでいいと思ってる。




今使っているものは処理速度に問題はないのだがハードディスクが遅い。
SSDに交換してしばらく使おうと思うがマザーの仕様で最新のハードディスクを搭載しても性能が発揮できないようになってしまっている。
いずれ買い換えなければいけないし、その時はやはりMacProなのかなと考えている。

これぐらいかな。
欲しい物なんてねーよって強がってみても考え出すと結構出てくるな。。
結婚やら子供が出来ればまた欲しい物も変わっていくのかもしれないけれど、今はこんな感じかな。

こういうの書くと普通に実現しちゃうからおっかない。
欲しい物がすぐに手に入ってしまうのもそれはそれで悩みだよなぁ。

現状に満足せず高みを目指して挑戦を続けて、それでいて謙虚さも兼ね備えるという。。
難しいね。

おすすめのPCキーボード




最近このキーボードを新調したPC向けに購入したんだが、ただの安物かと思ったら結構よく出来ている。
しっかりとした打ち心地あるし、サイズも無駄がなくコンパクトにまとまっている。
今流行のワイヤレスではないけれど、頻繁に置き場所を移動させる必要がない使い方をしている人なら有線でも問題ない。

これは今使っているキーボードが壊れてしまった人や、新規でPCを用意するときに選択肢に加えることをおすすめできる製品。

年令を重ねる恐怖

今日はちょっとネガティブかもしれん。
どうしても読みたい人だけ読んでくれればいいや。

内容は、85歳の妻を今後介護を続けていく自信がないいう理由で殺害した95歳の夫が逮捕されたというニュースを見て思ったことをつらつらと書いてます。

more»

最近読んだ本




羽生さんの決断力とセットで読むといいと思う本。
羽生さんとの対局時の心境を両者の立場から垣間見ることが出来る。
運に愛されるためには心がけていたいこと。勝負を左右する要因など参考になる。




タイトル通りの本。
最初に紹介した本と内容が被ってる所もある。
負けてからどうするのかって大事だよね。負けて腐る人もいるし、そこから再度チャレンジして勝負に勝つ人もいる。





読むのを開始して5分で挫折した。
翻訳本とは相性が良くないみたい。
生物学とも相性が良くないみたい。





本当にこんな高度なことを高校でやっているのかと思わされる。
かなり本格的な内容で新聞の経済面を読む上で知っていればほぼ内容を理解できるよう網羅されている。
教科書ってこともあってコンパクトにまとまりすぎていてバックグラウンドがないと読み進めるのはきつい感じ。
こういった教育をやっていてもサブプライム問題はこの国が発端だったわけで、単純にフィナンシャルリテラシー高めればいいってもんでもないと思った。






黒木さんの作品。人物描写に作風がシフトしていっておもしろくなってきている。
実在の人物をベースにフィクション風にうまくデフォルメしています。
ダイナミズムな世界に学生の頃憧れてこういった世界に自分も身を置きたいと思っていた。
その夢はかなわなかったけれどこうして小説だとか映画で自分が主人公に仮想的になって部分的にでもそれを感じるのも悪くない。

僕にはここまで激しい競争はできないと思う。
他人を蹴り落として、自分の利益にならない人間は排除して、コンプレックスを払拭してその先に何があるのだろうか。
僕もコンプレックスがたくさんあってそれを払拭したいって思いはあるけれど、時々この投げかけに解答できなくて焦る自分がいる。

今日の一曲



仲間は場に応じて新しい人が現れたり去って行ったりするからほどほどでいい。誰かが俺のことを友達と定義して大事に扱ってくれているのか?あるいは俺に扱ってきた過去があったのか?俺に必要なのはhonestlyに値する存在なんだ。

表面的な優しさの裏に動機が見え隠れして吐き気がする時がある。信頼に価する存在が見いだせなくて孤独を強く感じる。そして何もかもが自分が求める対象から外れた時に発狂してしまうのではないか?という恐怖がある。

たくさんは望んでいない。二人か三人かそういう存在がいれば充分なんだ。
現実世界で振舞う事で悲しみを産んでしまうのであればこの状況にも甘んじよう。

今の成果の代償は自分でも自覚しているそれなのだから。
良い側面だけ独占してバランスをさせる事はできないんだよな。

それでも俺も誰かに貢献できていると信じていたい。
誰かに取っての信頼に価する存在でありたいと思う。

If you search for tenderness
it isn't hard to find.
You can have the love you need to live.
But if you look for truthfulness
You might just as well be blind.
It always seems to be so hard to give.

Honesty is such a lonely word.
Everyone is so untrue.
Honesty is hardly ever heard.
And mostly what I need from you.

I can always find someone
to say they sympathize.
If I wear my heart out on my sleeve.
But I don't want some pretty face
to tell me pretty lies.
All I want is someone to believe.

Honesty is such a lonely word.
Everyone is so untrue.
Honesty is hardly ever heard.
And mostly what I need from you.

I can find a lover.
I can find a friend.
I can have security until the bitter end.
Anyone can comfort me
with promises again.
I know, I know.

When I'm deep inside of me
don't be too concerned.
I won't as for nothin' while I'm gone.
But when I want sincerity
tell me where else can I turn.
Because you're the one I depend upon.

Honesty is such a lonely word.
Everyone is so untrue.
Honesty is hardly ever heard.
And mostly what I need from you.

仕事で使っているデスクトップPCを買い換えます

仕事で使っているデスクトップPCのハードディスク容量が不足してきたので、これを機に買い換えます。
処理速度はXP動かすには申し分ないんだが、Windows7を動かすとなるとやや頼りない面もあるのと、排熱処理に限界を感じていたので買い替え。

前回、サブマシンとして購入したPCは結局サイコムさんで調達することになったのだが、今回もサイコムさんで購入することに。
この店は多少割高なんだが、自由度が高いのとパーツが厳選されているので使いやすいと思う。

以下構成。
今使ってるサブマシンとほとんどスペックは同じ。

ハードディスクだけ容量重視でSSDではなく普通のハードディスクにした。

電源をもうちょっといいのにしようと思ったが、オーバースペックなのと値段が結構跳ね上がるんで初期のままにした。

空調的にはミドルタワーってことで余裕があるのと、12cmファン搭載で風力も確保。

演算処理もやらせることがあるんでCPUは6コアに。
常時稼動させることになると思うのでここでも余裕を持たせてクーラーはそれなりものを選んだ。

メモリは4GBでも問題ないのだが、価格も安いので8GBに。

マザーはUSB3.0対応のものにしてみた。
現時点では対応している周辺機器を持っていないが、これから2年から3年以上は使っていくことになるマシンになるので将来的な拡張性も余裕を持たせた。

全体的にしっかりと使える余裕を含ませた構成だがこれでも10万円以下です。
本当にPCは安いね。

OSとマウスは別調達。
下記の価格には含まれていないので参考にする人は注意してください。

================================================
RadiantGZ1180A series
================================================
CPU : AMD PhenomII X6 1065T[AM3/6Core/2.9GHz/L2 512KB×6/L3×6MB]95W (標準構成価格64,800円)
CPU-FAN : GIGABYTE G-POWER2(+3,860円)
MOTHER : ASRock 890GX Extreme4 [AMD 890GX + SB850]【USB3.0対応】(+4,860円)
MEMORY : 8GB DDR3 SDRAM PC-10600[4GB*2枚]【メジャーチップ・6層基盤】(+6,400円)
FDD : 【黒】カードリーダー[SFD-321F/T61UJR-3BEZEL](+1,480円)
HDD : Western Digital WD20EARS[2TB 64MB ★省電力](+7,070円)
ExDrive : なし(標準)
OptDrive : 【黒】DVD; LG GH24NS70 BL+ソフト(標準)
OptDrive2: なし(標準)
VGA : オンボード Radeon HD4290(標準) [DVI/D-Sub/HDMI]
ExCard : サウンド オンボード(標準)
LAN : GigabitLAN [1000BASE T]オンボード(標準)
CASE : 【黒】LIAN-LI PC-9FJ(アルミ製ケース)[電源なし](+7,740円)
POWER : ENERMAX EES-500AWT-SY[500W](標準)
OS : なし(標準)
Office : なし(標準)
N-PAD : なし(標準)
SOFT : なし(標準)
延長保証 : なし(標準)

◎周辺機器(キーボード・マウス・ディスプレイ等)
KEY : 【黒】Logicool Media Keyboard K200[USB/日本語112](+1,220円)
MOUSE : なし(標準)
USBメモリ: なし(標準)
SPEAKER : なし(標準)
MONITOR : なし(標準)
MONITOR2 : なし(標準)

◎お支払い方法
支払い : 銀行振込/郵便口座振込
------------------------------------------------
○商品単価 : 97,430円
○PC本体延長保証単価 : ─円
○ご注文台数 : 1台
================================================
●商品金額(台数分): 97,430円
●PC本体延長保証金額 : ─円
●梱包発送料 : 1,500円
●決済手数料 : ─円
------------------------------------------------
●合計金額 : 98,930円

自分の海(波)を手に入れる代償に何を差し出す覚悟があったのか

自分らしく生きている人というのは自分の海を持っている人ではないかと思う。

それができる人というのは自分の海で自分の乗るべき波が来るまで忍耐強く待つ素質を兼ね備えている。
待つことが出来る人なのである。

彼は周りの人達がすぐに乗れるような波に乗って一足先に旅立っていくのをじっと見守っていた。
彼の目の前にも波が押し寄せていたが、それは自分の波ではなかったのでそれにすぐに飛び乗るということはしなかったのだ。
あるいは一度波に乗っても、それが自分の波でないことに気がついて沖に引き返すという勇気を持っていたのだ。

彼は待った。
そしてついに自分の乗るべき波が来た時、その波に立ち向かっていった。

彼は幾分の信念と覚悟を持っていたが、未来を確信していたわけではない。

彼は意識していたわけではないが自ら差し出すことができる代償を払っていた。
他の人には払えない代償でも彼にとってはそれは躊躇することではなかったのだ。

自分で自分の人生を切り拓いていくと決めた時に代償を払った。
それは何か?

例えば普通に組織人になりたいと俺が今から渇望してもそれは叶わない。
例えば同僚や上司の人とお酒を飲みに行ったり、結婚式に出席をしてもらいたいと思っても、それは俺には叶わない夢だ。

経営者としてやっていくと決めたときに俺は孤独という代償を払った。
仮に人を雇った所でそれは変りない。

従業員と経営者は本質的に利害が対立しているのだから完全に理解し合うことはできない。
歩み寄ることはもちろんできるが、本質的に友達であるとか仲間意識ということは有り得ないと思ってる。

逆説的に見れば、他人に雇われる人というのはこういった代償を払わないという代償を払っていると言える。
それと引換に組織への貢献を期待されるし、貢献ができなくなれば組織から重荷扱いされることになる。

組織とは究極的に誰がやっても同じ結果がでる仕組みである。
それを持続させていくことがGOALであり、組織が人を雇う理由である。

今の時代はアーティスト型の人が増えているという。
自分だけが出来ること、自分らしさにこだわってやっていきたいという人が増えているのだ。

俺もそういった類の思いを持って起業したように思う。
普通の道を歩めなかった挫折感や屈辱感を感じながら、見返してやりたいって気持ちで走ってきた。

だけど今思うのは完全にオリジナルであることに固執するつもりはないということだ。
部分的に他人と同じ箇所が俺にもあるし、他人の真似だっていっぱいやってきた。

高校に行くのだって大学に行くのだってインターンをするのも誰かのマネだった。
そこからどうやって自分の中に落としこんでいくのかが大事なわけであり、最初は模倣でもいいと思う。

模倣のままずっと生活が続くのは良くないが、模倣の先を見据えたマネはありだと思っている。

肩書きが経営者だと知ると、すごいですねと言われることがある。
すごくなんかない。
誰でも経営者になんてなれる。
なることを決めた瞬間から誰でも経営者になれる。

そもそも人は本質的に人生における主人公であり、そういった意味では誰もが経営者なのではないか。

問いたいのは自分の海を見つけたいと思っているとして、それに捧げる覚悟や代償を払えるのかということだ。
もしそれに躊躇するならば、本当はあなたはそれを望んでいないのである。
そしてそれは悪いことでもなんでもない。
そういった趣向を持っている、ただそれだけだ。

いつも言うことだが、何事には2つの側面がある。
物事の良い面だけに目を向けて評価するのは少し思慮に欠けるというものだろう。
ないものねだりで他人の良い側面だけを見て嘆いていないだろうか。
そういったことをやっても不幸になるだけなのでやめたほうがいい。

自分が何を望み、どこに向かおうとしているのか、それを定義することから始めるのはどうか。
それが見えたなら、あとはやるだけだ。
月別アーカイブ
カテゴリー別
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。